【連載】秋に本格始動からの上智大学現役合格への道(1月)

熊谷校・

こんにちは! 逆転合格専門の個別指導塾・予備校の武田塾熊谷校です。

 

皆さま、明けましておめでとうございます!

さて、
部活引退後の高3秋に本格始動し、
入塾4ヶ月で上智大学に現役合格した、
「元塾生Sさんの軌跡」
今回で最終回になります。
(Sさんに関するプロフィール☞こちら)

いよいよ本番が迫る、
1月の過ごし方をご紹介します。

IMG_20181002_142845

 

1月は実戦演習を経ての完成期

これまでの3ヵ月間は
参考書を用いての勉強が中心で、
言うなればインプットがメインでした。
確かに過去問演習はやっていましたが、
12月以前の過去問演習は、
どちらかと言えば初歩的なアウトプット。

ところが1月の過去問演習は
これまでとは一味違います。
さて、これまでの連載では科目ごとに
やってきた内容を話してきましたが、
今回は週ごとに何をやったかをご紹介。

 

1月1週目

センター試験まで約2週間。
これまで私大対策がメインでしたが、
センター利用でMARCHを受験するため、
ここからセンター対策に舵を切ります。
センターと私大対策の比率は、
おおよそ「2:1」と言ったところです。

使用するのは、センター試験の過去問。
英語と国語は時間との戦いになるため、
70分で解くための方法を模索。
世界史は時間が余ることが必至のため、
解いた後の見直しを徹底させました。
例えば、正誤問題を解いた際には、
間違えている箇所に線を引かせ、
さらに誤文の訂正までしてもらいました。

その傍らで行なった私大対策は、
2月上旬に行なわれる、
MARCHの全学部統一の過去問を使用。

IMG_0014

 

1月2週目

週末にはセンター試験が控えているため、
この週はセンター対策のみです。
使用するものは各予備校が出版している
『センター試験予想問題パック』です。
ここでは本番よりも時間を短く設定し、
英語は70分、国語は75分(現古漢全て)
世界史は50分で解いてもらいました。
今回の演習は完成度の確認が目的なので、
解き終わった後の振り返りに関しては、
微調整程度に済ませました。

またこの時期になると、
センター利用入試の出願締切りになります。
ちなみに出願先に関しては、
行きたい大学だけを選んでもらいました。
もはや私立文系のセンター利用は、
9割でも不合格が出てしまうように
蓋を開けてみないとわからないため、
そのような選び方になりました。

気になるセンター試験の結果は…

予告編にも掲載しましたが、
入塾4ヶ月後に迎えたセンター試験では、

英   語:180点
リスニング:  40点
国   語:150点(古漢含む)
世 界 史 B:  92点

国語が思ったほど振るわず、
目標の9割には到達できませんでしたが、
それでも法政大学立教大学には
合格することが出来ました!

 

1月3週目

センター試験も終わり、
いよいよ私大対策一本になります。
2月上旬に上智大学の入試が控えているため、
まずは上智大学に向けた調整となります。

この大学の入試の特徴は問題数の多さです。
時間を気にしながら解くことは当然ですが、
それ以上に問題数の多さがゆえに
本番では全て解け切れるかどうかが微妙。
そのため問題演習を通じて、

・どのタイミングで見直しをするのか?
・悩んだ問題はどこで見切りをつけるのか?
・問題を解く順番をどうするのか?

といったことを考えてもらい、
時間切れによる基礎問題の取りこぼし
無くすことを画策しました。

IMG_0107

 

1月4週目

アウトプットに時間を割けられるのは
もはやこの一週間だけです。
翌週より私大入試が本格的に始まるため、
4週目に用いる演習用の過去問は
これまで温存していた手つかずのものを使用。

ただ古すぎる過去問だと
現在と傾向が異なることがあるため、
なるべく新しいものを使いたいところです。
そのため、昨年または一昨年のどちらかを
直前まで残しておくと良いでしょう。
Sさんの場合は、既に解いてしまっていたため、
他の学部のもので代用しました。

また、過去問を解く時間帯を本番に合わせ
より本番に近い形にして演習を行いました。
このように試験時間に合わせたのは
起床時間や食事を摂るタイミングといった
コンディションの調整が目的だからです。

以上の事柄を経て、
Sさんは2月の本番を迎えたのでした。

IMG_0149

 

最後にSさんの2月を紹介

さて、本連載の最後はSさんの2月です。
上智大学の入試が2月上旬に行なわれ、
最後の早稲田大学の入試が20日頃のため、
約3週間の長丁場の戦いとなりました。
その結果は、
上智大学合格早稲田大学補欠合格

結果だけ見ると上々のように思えますが、
実はSさんは上智大学入試後に体調を崩し
それが完治しない状態のままで
本命・早稲田大学の入試を迎えてしまいました。
受験に「タラれば」は禁句ですが、
体調さえ万全ならばどうなったことやら…

大学入試は、
1年で最も過酷な時期に行なわれます。

Sさんは早稲田大学入試への焦りにより、
受験期真っただ中にも関わらず
オーバーワークを行なってしまったために
体調不良という最悪の事態を招いてしまいました。

限界を越えんと無理をすると、
必ずその反動がやって来ます。
最後にやるべきことは、
普段通りの力を発揮するための
体調管理に尽きると言えましょう。

     *   *

今連載はこれにて終了となります。
皆さまのご健闘をお祈り申し上げます。

IMG_20190406_142245

 

────────────────────

塾生は、熊谷市、行田市、深谷市、本庄市、鴻巣市、桶川市、羽生市、秩父市、秩父郡、東松山市からも通塾しています。熊谷校で一緒に勉強して第一志望合格を勝ち取りましょう。

 

☆無料受験相談にお申込みいただくと、必ず受験勉強の役に立つ武田塾オリジナル『大学レベル別ルート表』を進呈!

受験相談のお申し込みはこちら(QRをスキャンまたはクリック!)

 

 

『武田塾熊谷校の徹底管理法』(下の画像をクリック!)

無題

 

 

 

『武田塾に通うとこんな感じ』


 

勉強法がわからない、塾選びがわからない、など悩みあれば武田塾熊谷校にお問い合わせください。相談に乗ります。

大学受験の逆転合格専門塾【武田塾熊谷校】
〒360-0037
埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド3F.4F(受付3F)
(JR高崎線熊谷駅徒歩1分)
TEL:048-525-5151
地図

 

────────────────────

<大好評>
「二次で〇割取るなら
センター試験は何割取れば良いの?」
シリーズはこちら

第1弾 横浜国立大学編

第2弾 筑波大学編

第3弾 首都大学東京編

第4弾 千葉大学編

第5弾 埼玉大学編

第6弾 群馬大学編

第7弾 新潟大学編

第8弾 静岡大学編

第9弾 鳥取大学編

第10弾 神戸大学編

第11弾 電農名繊編(電気通信大学、東京農工大学、名古屋工業大学、京都工芸繊維大学)

第12弾 北海道大学編

第13弾 富山大学編

第14弾 公立中期編(都留文科大学、大阪府立大学、高崎経済大学、釧路公立大学、下関市立大学、名古屋市立大学)

第15弾 九州大学編

 

連載コラムは
こちらをチェック!

【連載】秋に本格始動からの上智大学現役合格への道(10月)

【連載】秋に本格始動からの上智大学現役合格への道(11月)

【連載】秋に本格始動からの上智大学現役合格への道(12月)

 

共通テスト関連の記事は、
こちらをチェック!

【戦慄】共通テストを徹底分析<Vol.2> 数学1A ②

【脅威】共通テストを徹底分析<Vol.1> 数学1A ①

 

大学選びにお悩みの方は、
こちらもどうぞ!

【東本】東京女子大と日本女子大。両校にはどんな違いがあるの?

【都電】東京都市大と東京電機大。両校にはどんな違いがあるの?

【成成】成蹊大学と成城大学。両校にはどんな違いがあるの?

【切札】理系でもセンター出願の際には国語もマークせよ!

【狙目】今ヤバイ理系国立志望者よ。埼玉大学工学部を狙え!

【覇道】英語がどうしても苦手な人よ、合格への活路を見出せ!

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 熊谷校へ