【最新】受験校はどう決める?!受験校決定法、おすすめ3選!!

熊谷校・

こんにちは! 逆転合格専門の個別指導塾・予備校の武田塾熊谷校です。

塾生は、熊谷市、行田市、深谷市、本庄市、鴻巣市、北本市、桶川市、上尾市、羽生市、秩父市、秩父郡、比企郡をはじめ、太田市、館林市、邑楽郡など近隣の県からも通塾しています。

また、東京大学・京都大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学・東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった最難関私立大学や、GMARCH(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)・芝浦工業大学・東京薬科大学などに逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

 

みなさん、受験校は決めましたか?今日はおすすめの受験校決定法について話していきたいと思います。

 

験校決定法、おすすめ3選

みなさんはどのように受験校を絞り込もうと考えていますか?まず思いつくのが、

「GMARCHレベルには行きたいから、片っ端から受験しよう!」

です。たくさん受験すれば、合格すると思っている人がやりがちですね。この方法には間違った点があります。それは・・・・・・

 

「受験校が増えれば増えるほど対策する時間が必要なので、一つひとつの大学への対策時間が減る」

→「各大学の合格率が下がる」

→「結果、お金がたくさんかかったわりには合格できない」

 

という最悪の結果を生みます。そこで、おすすめのパターンを紹介していきましょう。

 

ターン① 

この形が基本パターンとなります。これを自分好みにしていくのがいいでしょう。(「セ」のマークはセンター利用入試です。)

 

ターン② 

パターン①に挑戦校と実力相応校を追加しました。メリットは受験校が増え精神的な余裕ができること。デメリットは受験料が増えることと対策が増えること。精神的に弱い人はこのプランを検討しましょう。(「セ」のマークはセンター利用入試です。)

 

ターン③ 

パターン①から挑戦校と実力相応校を減らしました。メリットは受験量が減ることと一つひとつの対策に時間をかけられること。デメリットは受験校が少ないことでの精神的不安定さです。絶対に合格したい大学が絞られている場合、このプランを検討しましょう。(「セ」のマークはセンター利用入試です。)

 

そろそろ第一志望校だけじゃなく、併願校も考えなければなりません。少しでも興味のある大学は、オープンキャンパスなどに参加して、よく調べてください!!

 

 

☆無料受験相談にお申込みいただくと、必ず受験勉強の役に立つ武田塾オリジナル『大学レベル別ルート表』を進呈!

受験相談のお申し込みはこちら(QRをスキャンまたはクリック!)

 

 

『武田塾熊谷校の徹底管理法』(下の画像をクリック!)

自分に甘い人、必見! どこよりも完璧に。武田塾熊谷校の徹底管理法!!

 

 

『武田塾に通うとこんな感じ』


 

勉強法がわからない、塾選びがわからない、など悩みあれば武田塾熊谷校にお問い合わせください。相談に乗ります。

大学受験の逆転合格専門塾【武田塾熊谷校】
〒360-0037
埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド3F.4F(受付3F)
(JR高崎線熊谷駅徒歩1分)
TEL:048-525-5151
地図

 

  • 武田塾の無料受験相談