【報告】今月の武田塾熊谷校 ◆2018年6月~校舎の紹介~◆

熊谷校・

こんにちは! 逆転合格専門の個別指導塾・予備校の武田塾熊谷校です。

塾生は、熊谷市、行田市、深谷市、本庄市、鴻巣市、北本市、桶川市、上尾市、羽生市、秩父市、秩父郡、比企郡をはじめ、太田市、館林市、邑楽郡など近隣の県からも通塾しています。

また、東京大学・京都大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学・東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった最難関私立大学や、GMARCH(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)・芝浦工業大学・東京薬科大学などに逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

 

高校3年生のみなさんは部活を引退し始めましたね。高校生のみなさんは期末テスト直前だと思います。武田塾に通っている高校生はどのように「定期テストや部活」と「受験勉強」を両立させているのか見ていきましょう。

 

月の武田塾熊谷校 ◆2018年6月~校舎の紹介~◆

「定期テストや部活」と「受験勉強」を両立

学校の授業が終わり、食事や身支度などを除いた時間がどれくらいあるか。おおよそ7時間です。この7時間をどのようにうまく使うかが大学受験の合否を分けます。

Case1)推薦入試を狙っている人や高校1年生の場合

高校3年生の7月の定期テストまでが推薦入試に関わってきます。推薦を狙っている人や高校1年生はしっかりと授業を聞き、毎日の予習復習を欠かさないようにしましょう。武田塾生にもこの選択をしている人がいますが、一般入試を受ける可能性が0%ではないし、1年生の場合、早すぎるということもないので、おおよそ「定期テスト9:受験勉強1」でこの時期を乗り越えます。受験勉強を0にしてしまうと今までやってきたことをすべて忘れてしまう可能性があるからです。決して受験勉強の手を止めてはなりません。

 

Case2)一般入試を考えている人の場合

基本的には定期テストの成績は一般受験とは無関係です。しかし、卒業できないとか追試を受けるなど時間のロスになっては元も子もありません。最低限の勉強は必要になります。このタイプの人が武田塾には一番多いですが、おおよそ「定期テスト1:受験勉強9」の割合でこの時期を乗り越えます。赤点は必ず回避しましょう。

 

Case3)一般入試をメインで考えているが定期テストで手が抜けない人の場合

とても不器用なのか真面目過ぎる人が該当します。定期テスト前になると、受験勉強が急に疎かになってきます。進度は遅くなり合格の可能性が下がりますが、仕方ありません。かなり少ないですが武田塾にも一定数このタイプの人がいます。おおよそ「定期テスト5:受験勉強5」or「この時期のみ、定期テスト9:受験勉強1」で進めています。ただし、受験勉強の進みが周りよりも遅くなることは覚悟しておいてください。

 

人間は欲を出す生き物なのですべてを捨てきれない人もいます。欲張りですね(笑)。人生においては取捨選択が不可欠なタイミングというのがあります。受験はまさにその最たるものです。今の自分に一番必要なことは何なのかをよく考え、残りの期間を有意義に使えるようにしてください。

 

 

☆無料受験相談にお申込みいただくと、必ず受験勉強の役に立つ武田塾オリジナル『大学レベル別ルート表』を進呈!

受験相談のお申し込みはこちら(QRをスキャンまたはクリック!)

 

 

『武田塾熊谷校の徹底管理法』(下の画像をクリック!)

https://www.takeda.tv/kumagaya/blog/post-89401/

 

 

『武田塾に通うとこんな感じ』


 

勉強法がわからない、塾選びがわからない、など悩みあれば武田塾熊谷校にお問い合わせください。相談に乗ります。

大学受験の逆転合格専門塾【武田塾熊谷校】
〒360-0037
埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド3F.4F(受付3F)
(JR高崎線熊谷駅徒歩1分)
TEL:048-525-5151
地図

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談