武田塾久喜校 講師紹介第十弾 自己紹介と受験生の皆さんへ

久喜校・

 

初めに

 皆さんこんにちは!

 新しく武田塾久喜校の講師となりました、佐竹見斗と申します。

 大学は芝浦工業大学の工学部電子工学科に通っています。

 担当科目は、数学、物理、化学、地理、現代文です。

 生徒の皆さんを全力でサポートしていくので、一緒に志望校への合格を目指して頑張っていきましょう!

 

自己紹介

image01

 初めまして、佐竹見斗です。

 名前はよく「けんと」と間違わられるのですが、正確には「みると」です。

 栃木県出身で田んぼの風景が広がる田舎育ちです。

 現在は埼玉で一人暮らしをしていますがこっちに来て驚いたことは

 虫がとても少ないことと夏に蛙の鳴き声がまったくしないことです。(笑)

 高校ではバレーボール部に所属しておりスポーツ全般が好きなので、

 部活についての話などを一緒に出来れば嬉しいです。

 理系の教科をメインに教えることになるのですが、理系の生徒だけではなく、

 文系の生徒も気軽に話しかけてください。

 また好きな教科は理系ですが地理です!

image1

 

 また自分は運動することや、ピアノやギターの演奏食べること旅行することなど

 多趣味なのでお勧めの音楽や料理、観光場所などを教えてもらえるとありがたいです。

 昨日見たテレビや皆さんの趣味など、

 どんなことでもよいので、話しかけてください!

 

受験期を振り返り

 自分は高校で部活動に精を出し、また学校まで距離が遠く通学に時間がかかっていたため、

 学校での授業の復習をするどころか、宿題が終わらないことなども多々ありました。

 周囲では部活が早く終わり、遅くまで塾に通っていた友達も多く、

 学校や模試の成績も下から数えたほうが早かったです。

 3年生の夏から本格的に受験勉強を始め志望校の判定も最初はEばっかりでした。

 自分は塾に通っていなかったため、夏休みからは毎日遅くまで学校や学校の近所にあった、

 勉強ができる施設に行くなど、とにかく勉強する時間を作りました

 受験期の勉強

 上記でとにかく勉強する時間を確保したと書きましたが、僕の場合はただやみくもに問題を

 解いたわけではありません。

 半年しか受験本番までの時間がなかったため、新しい参考書を買ったりなどせず、

 学校で貰った参考書と問題集をとにかく完璧に仕上げることを意識しました。

 今では武田塾と同じやり方だと思い返せますが、当時はまだ武田塾を知らなかったので、

 自分と同じ勉強方法を実践している武田塾で働いてみたいと思い講師になりました。

 実際にこの方法で成績はぐんと伸び、最後の3ヶ月では共通テストの点数を2割ほど上げることが

 できました。

 「問題を解き、分からないところを理解できるまで復習する」これの繰り返しで簡単に成績が

 上がったのです。

 学校での授業の大切さ

 今までのお話を聞く限り、参考書や問題集を完璧に仕上げればよいと考えた人も多いと思います。

 しかし、この方法で成績を簡単に上げるにはこと基礎がしっかりとできていることが前提です。

 基礎を固めるための最善の方法は学校の授業をとにかく真剣に受けることだと僕は思います。

 僕の場合、自主学習の時間を確保することが難しかったので、学校の授業だけで理解しよう

 という意気込みで毎回の授業を受けていました

 その結果、基礎問はほとんど間違うことがありませんでした。

 自分は塾に通っていて多くの時間勉強していると思い込んでいませんか?

 実際に自分の周りで塾に通っていたけれど、授業中に寝ていたり友達と話していたりしていた人は

 すぐに成績を追い越すことができました。

 基礎がない状態で問題を解いてしまっても自分がどう間違ったのか、なぜその解答になるのかが

 理解できず、ただ問題をこなしているだけになります。

 皆さんには後悔をしてほしくはないので今の成績に甘んじず、やれることをやって欲しいです。

 

受験の体験談

 僕が受験を受けた代は、ちょうどセンター試験から初めての共通テストに移り変わる年でした。

 実際に本番の時は、今まで行ってきた演習と大きく異なっている問題も多く、かなり衝撃を受けました。

 また国語や物理、化学のマーク方式が少し変わっており、最初に受けた国語で大門2の小説問題からマークを

 ずらしてしまうという痛恨のミスを犯してしまいました。

 答案を回収する際に1つだけマークが塗られていなかったことに気づいたときの焦りは尋常ではなく、

 そのあとに受けた英語の試験にまで引きずることとなりました。

 1日目終了時にすでに気持ちが落ちてしまいましたが、そこで自分はあきらめなかったことを今でも英断だと思います。

 2日目はとにかくマークのミスをしないよう塗り終えたあとに2回確認することと、見直しの際にも確認するといった

 合計3回の見直しをしました。

 2日目の集中度合いは今までの人生で1番だったと思います。

 しかし、試験に集中するとやはり頭は疲れてしまうので僕の場合、試験間の休み時間は甘いもの(チョコ)を食べて、

 机に頭を伏せることで、目から入る情報をシャットアウトすることでとにかく脳を休ませることに専念しました。

 その結果かわかりませんが、2日目の数学と化学の試験は自己最高得点を取ることができ、なんとか1日目の失敗を

 カバーすることができました。

 このことで皆さんに伝えたいのはとにかく試験中に焦らないことです。

 僕は本番で初めてマークミスを経験したので、マークミスをしないための方法や対策などしていませんでした。

 しかし本番の異様な緊張感から、いつもしないようなミスを簡単にしてしまうのです。

 マークミスをしないことには越さないですが、普段の模試でマークミスをした場合、その失敗を忘れる事なく

 本番に臨んで欲しいと思います。

 まとめると、試験本番は甘いものを持って、見直しに細心の注意を払う! ということです。

 

スマホの取り扱い

 日々発展する世界でスマートフォンの登場は特に大きな出来事だと思います。

 LINEやinstagramなどのSNS、ゲームもできるなど毎日の生活にスマホは欠かせません。

 しかし、「合格」を実現するためには、スマホを使う時間も折り合いを付けなければいけません。

 「あの時スマホをせずもっと勉強していれば...」という後悔は多くの受験生が思うことでしょう。

 僕の場合、駅から自宅まで車で送迎してもらっていたので親に帰りの時間を連絡するためだけに

 受験期は学校にスマホを持っていきました。

 朝にはスマホの電源を切り、帰りの電車に乗る時刻を連絡する際に電源を付けるなど外出先では

 使うことがなかったです。

 一度見始めるやめられなくなってしまうので家でしかスマホは使わないようにしました。

 毎日家に帰るのが22時を過ぎるので家に帰るまではとにかく勉強をして、帰宅してから自分の

 自由な時間を作るようにしました。

 受験期はストレスが溜まりますので、1日の最後にリラックスできる時間を設けたのです。

 この方法はとてもお勧めです!

 また、スマホを使っても決して夜遅くまで起きていることはなかったです。

 毎日疲れから眠気が襲い、しっかりとした睡眠時間を確保できていました。

 友達もしっかりとスマホと勉強を切り離していた人はみな志望校に合格していたと思います。

 悔いのない生活を送れるよう参考までに自分の受験期の生活リズムを載せてみました。

 

受験生へのメッセージ

 武田塾では1人1人にフォーカスをあて、それぞれの志望校やレベルにあった宿題を決めています。

 それによりなにを勉強すればいいのか迷うことがなく、1週間ごとに集中して学習できます!

 特訓を通して、自分で計画を立てるのが苦手な人や、今なにを勉強すればいいのか分からない人を

 サポートしていきます。

 講師の多くは受験を経験してすぐの人が多いので、勉強のことだけではなく学校のこと、志望校、

 受験当日のことついてなど気軽に相談してください!

 武田塾で学んだ勉強法は大学など今後役立つ場面が多くあります

 志望校への合格を実現するために、ぜひ一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

武田塾の強み!逆転合格するためには

 

・武田塾の強みパート① 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート② 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート③ 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート④ 逆転合格するために

 

 

 

塾・予備校に通い始める時期は?

 

・塾・予備校に通い始める時期、通塾・予備校率は?

 

 

無料受験相談

タグ:, , ,

関連記事

thumbnail

    11月になりました。2020年も残すところあと少しになってきましたね。 受験生のみなさん、志望校対策は進んでいますでしょうか?焦りは禁物ですが、今回は私がお勧めする一つの勉…

thumbnail

 夏休み直前!! 宿題に対してどう向き合う?  夏休み直前になり、そろそろ今年の前半戦が終わる時期に差し掛かってきました! 感染症も少しづつではありますが、収まりつつある今夏休みは思いっきり楽しみたい…

thumbnail

このブログは東京大学の理系数学に関して講師が解いた際に感じたことなどをまとめたものになっています。 2019年度大問1 会場で受験した生徒は面喰ってしまったかもしれません。 あの天下の東京大学とあろう…

thumbnail

今回は「武田塾チャンネル|参考書のやり方・大学受験情報」というYoutubeチャンネルにてアップロードされている動画についての記事になります。 「受験生になったばっかりで、志望校が決まったけどどのよう…