武田塾久喜校 講師紹介第七弾 自己紹介と受験生のみなさんへ

久喜校・

初めに

皆さんこんにちは!

この度武田塾久喜校の講師になりました、瓜生勇飛です。

大学は青山学院大学の経営学部経営学科に通っています。

大学では主に企業の経営についてや会計学について学んでいます。

また英語も積極的に勉強していて、毎日ネイティブの先生と同じ経営学部の生徒と一緒に英会話で実用的な英語を学んでいます。

さらに4年間のうちに留学もしたいと考えています!

特訓では受験生のみなさんの志望校合格を精一杯サポートしていきたいと思います!

自己紹介

瓜生先生 編集済み

こんにちは!瓜生勇飛です。

自分は小学1年生からサッカーをずっとやっていて、今でもよく地元の友達と楽しくやっています。

高校でもサッカー部に所属しており、3年生の10月後半まで続けていました。

現役生で部活をここまで長くやる学生はあまりいないと思うのでその時の経験などもみなさんに教えていく上で役に立つものになると思います。

また今では温泉サウナにはまっていて毎週友達と近くの温泉に行ったり卒業旅行として箱根に行って温泉とサウナを満喫しました。

onsen_capybara

サウナは最近では年齢男女問わず多くの人の間で流行っていますね。

みなさんも「整う」という言葉をどこかで聞いたことがあるかと思います。

「整う」とは簡単に言うとサウナに入った後、水風呂に入り、そして外気浴をしたときに感じるスッキリした気分のことです。

こればっかりは自分でやってみないとわからないことなのでぜひ息抜きとして行ってみてほしいです。

そして是非みなさんにも「整う」という感覚を味わってみてほしいです。

また温泉のいいところはスマホから離れられるということです。

今の世の中ではほとんどの人が常にスマホをもって生活している思います。

そのため一人でいてもSNSを通して誰かとつながっていたり、友達といてもお互いにスマホをいじってばかりいる時間が多くなってしまいます。

そんな時に温泉に行くことで一人であればSNSなどから一度離れて自分の時間をつくってゆっくりすることができ、また友達などと行けば自然と会話が盛り上がり友達同士で水入らずの時間を過ごすことが出来ます。

ここで少し話が逸れてしまったので今度は勉強の話をしたいと思います。

勉強面

自分はもともと理系を学んでいて3年生になるタイミングで文転しました。

ですがこの文転もいきなり決めたのではなく、実は1年生の秋ごろには決めていました。

自分の高校では理系か文系かは1年の1学期に決めるためそこでどっちかに決めてしまうと2年では変えられず、3年になってからじゃないと変えられなかったのです。

ではどうして1年の1学期から秋までのタイミングで理系から文系に変えようかと思ったかというと、それは夏のオープンキャンパスです!

自分は友達に誘われそれまであまり興味のなかった文系の明治大学にオープンキャンパスに行きました。

そこで経営学や商学についての説明を聞き、ビビッ!ときました。

それまでは自分の得意教科が理系よりだからとりあえず理系に進もうという考えだったのが、初めて自分の学びたいものが明確に決まった瞬間でした。

それからは明確にゴールが決まりあとは勉強するだけという状態だったので志望校については迷わずに突き進めました。

もしみなさんの中で志望校が決まっていなかったり、なんとなくで決めてしまっている人がいたらぜひオープンキャンパスに行くことをお勧めします!

今の時期では直接大学に行くことは難しいかもしれませんが、各大学でオンラインオープンキャンパスやホームページで大学についての紹介などもやっていると思うので受験生もまだ1,2年生の人も調べてみてください!

また先ほども言った通り自分は部活を最後まで続けていたので、本格的な受験勉強というのは11月ごろから始まりました。

しかしそれまで何もしていなかったわけではありません!

もともと部活の引退が遅いことはわかっていたので学校の勉強はもちろん2年生の冬ごろからは学校の勉強とは別に受験に備えた勉強をしていました。

受験勉強はスタートが早ければ早いだけ有利になります。

受験勉強は3年生になってからと考えていると気づかないうちに周りに差をつけられてしまうかもしれません。

勉強というのはコツコツと積みあげていくことが大切です。

特に受験に関しては範囲が約3年間もしくはそれ以上になってくるので一回に大量の範囲を一気に覚えるということは不可能になってきます。

ですから1,2年生のころからコツコツと積み上げていくことをお勧めします。

勉強法について

私自身が武田塾の勉強方法の中でも特に重要だと考えているのは復習です。

h13

人間は覚えたことのほとんどはすぐに忘れてしまいます。

だからこそ何度も復習して記憶を定着させなければいけません!

また復習することで一回目に見たときには気づかなかったようなことにも気づくことが出来ます。

例えば、英語の長文問題でも同じ文を何度も復習して読み直すことによって英語のリズムや文の作り方にも慣れ、論理展開など一度読んだだけではわからなかったものが見えてきます!

また数学でも何度も復習することによって問題を見たときの最初の1手がすぐに思いつくようになり、応用問題などがでてきたときでも対処できるようになります。

受験勉強は長期戦です。

どんどん新しい範囲や初見の問題を解くことも大事ですが、一度立ち止まり復習することも長い目で見たときには重要なことになってきます。

それが武田塾で進めている4日2日ペースにもなっています。

この復習方法を意識して学習することで勉強の質が一気に向上していきます!

受験生へのメッセージ

武田塾では一人一人の志望校やレベルにあった宿題を決めることによって受験生は1週間迷うことなく勉強に集中することが出来ます!

何を勉強したらいいのかわからない人や計画を自分で立てるのが苦手な人などどんな人でも特訓を通して精一杯サポートしていきます!

また勉強のことに限らず学校生活についてや、志望校のこと、受験当日のアドバイスなど何でも気軽に相談できる環境がそろっています。

努力を惜しまず言われたことを素直に頑張れるそんな人が受験でも成功できると信じています!

ぜひ一緒に志望校合格を目指してかんばりましょう!

武田塾の強み!逆転合格するためには

 

・武田塾の強みパート① 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート② 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート③ 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート④ 逆転合格するために

 

 

 

塾・予備校に通い始める時期は?

 

・塾・予備校に通い始める時期、通塾・予備校率は?

 

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

  ご挨拶 みなさんこんにちは! 武田塾久喜校講師の東田若菜です。現在、青山学院大学教育人間科学部教育学科の1年生です。 大学では教育制度学や教育心理学、臨床教育学など教育にまつわるさまざま…

thumbnail

「講師紹介」 名前:川口 駿 所属:慶應義塾大学商学部商学科(三田キャンパス) 指導科目:英語、国語(現代文・古文・漢文)、文系数学、日本史、世界史、政治経済   「自己紹介」 現在、慶應義…

thumbnail

講師プロフィール 講師名:徐 悦棋(じょ えつき) 所属:芝浦工業大学 工学部 電子工学科 指導科目:英語、数学(ⅠA・ⅡB・Ⅲ)、物理、化学、現代文、現代社会(政経含む) 趣味:バスケ、ギター、読書…

thumbnail

初めに 皆さん初めまして! この度武田塾久喜校の講師になりました、関根優斗と申します。 現在は東京工業大学応用化学系の3年生で、化学を主に勉強しています。 指導科目は、物理、化学、数学の理系科目です。…