武田塾久喜校 講師紹介第一弾 自己紹介と受験生皆さんへ

久喜校・

「講師紹介」

名前:川口 駿

所属:慶應義塾大学商学部商学科(三田キャンパス)

指導科目:英語、国語(現代文・古文・漢文)、文系数学、日本史、世界史、政治経済

川口先生 編集済み

 

「自己紹介」

現在、慶應義塾大学商学部商学科の3年生です。大学1~2年生は神奈川県の日吉キャンパスまで通っていました。今は、東京都港区の三田キャンパスまで通っています。大学では商業について学んでおり、第二外国語としてスペイン語も勉強していました。ほかにも、交通経済、国際経済、産業史など幅広く学んでいます。また、数学も少し学んでいました。

趣味は京都観光でもう何度も京都に足を運びました!
それでも京都にはまだまだ行ったことがないお寺や神社がたくさんありますので、何度行っても飽きません(笑)

ちなみに私のおすすめの京都スポットは2つあります。

まず一つは、東福寺です!秋の紅葉の時期に行くのがとにかくおススメです!
もう一つ目は、大原三千院です!少し京都の中心街からは離れていますが、の美しさが何とも言えないぐらい素晴らしいです!のんびり庭を眺めていると心が癒されますよ!!どちらも是非皆さんも一度訪れてみてくださいね!

 

「受験体験談&受験生へのメッセージ」

 

ここで、自分の受験生時代を振り返りたいと思います。自分は国公立を第一志望にしていたこともあり、数くの受験科目を抱えていました。受験強化は、国語(現代文、古文、漢文)、文系数学(IA+ⅡB)、英語(リスニングを含む)、日本史B、政治経済、倫理、地学基礎、物理基礎でした。
この教科の中で、得意だったのは英語と日本史でした。特に英語に関して言うと、英単語の勉強を特に重視していました。とくに、「システム英単語」は何度も見返した思い出があります。まずは、一語一訳を基本に、赤字を何度も見返して勉強しました。そのあとは、その下の他の意味や、同じような似ているスペルを書き足し、間違えやすい部分を整理しました。こうすることで、毎回の単語勉強でもいろいろな勉強方法をとることで、一つ一つの単語の質を高めることができました。また、英語の熟語もその下に書き込み、間違えた単語には付箋をつけて何度も電車の中で勉強してきました。
システム英単語がひととおり終わったら、「鉄壁」に手を付け始めました。そこで、今までやってきた「システム英単語」の単語も、さらに上級レベルの単語も挑戦してきました。量はとても多く、時間が結構かかりましたが、毎日こちらも電車でしっかり勉強することで、多い量も計画的に進めることで、11月中には全範囲を網羅することができました。また、「鉄壁」のよいポイントは、他の多義語や熟語が豊富に網羅されており、単語や熟語を関連付けた勉強が簡単にできることです。こちらでもしっかり、付箋をはりつづけて自分の苦手ポイントを克服することができました。
このふたつの英単語を通して、自分は文型の重要科目である「英語」を得意科目にすることができたと思います。重要なのは、参考書を別々に学ぶのではなく、まとめて勉強することです。できるだけ関連付けていくことで、時間的にも効率が良くなり、勉強の質の高いまま、他の勉強に回せる時間を増やすことができたと思います。
肝心の英語の長文に関しては、まずは時間内に解くことを心がけ、時間が足りなかったらそこにメモをつけてどこまで時間内に解けたかを記録しました。本番では当たり前ですが、時間内に解くことを要求されます。しっかり、そのことを早くから意識し、練習から実践してきました。そうすることで、時間内に解けるようになり、一回一回の長文が早く解けるようになりました。回答後は、自分のできない・できたに関わらず、すべての問題を一通りチェックしてきました。しっかり、このことを実践することで、単語も、熟語も、文法も、構文も一気に勉強を進めることができました。とにかく丁寧な復習を心がけた結果、英語の成績を上昇させることができたので、このブログを読んでくださっている皆さんも、良ければ試してみてください!

苦手な数学に関しては、とにかく公式を理解し、それを使う勉強を繰り返し行うことで数学の本当の力を付けることができました。つい公式や例題を暗記するだけの勉強になりがちな数学ですが、他の問題でも学んだものを活かして解けるかを何度も試した結果、苦手を克服することができました!とにかく、あきらめず、何度も同じ問題にトライして、理解を深めることが重要です!苦手な科目がある人は、粘り強くその問題に取り組んでみてください!きっと何か解決策が見えてくるはずです!

受験勉強において大切なこと

何事も諦めないことが肝心です。私は受験生の11月後半に受けた模試で非常に悪い成績を残してしまい、精神的にもしばらく勉強するのが嫌になった時期がありました。その結果、1週間近くほとんど勉強できなかったことがあります。模試の後、一番大切な時期なのに何もできない自分を責めました。「どうしてこんなことになってしまったんだ」と嘆き続けました。しかし、「そんなことをしてもどうにもならない!」と思い直し、再び机に座り続けました。逆に今までの自分を見直す機会にもなり、残りの受験期間をどうすごしていくのかを考え続けました。そしてその後、私は諦めることなく勉強し続け、今の大学に合格することが出来ました。

「模試の結果がいつもD判定・・・」、「やってるのにまったく覚えられない・・・」というふうに諦めてしまいそうになることが何度もあるかもしれません。ですが、その困難にどう立ち向かっていくかが今後の長い人生で問われていきます。困難の先に希望が見えるはずです。是非皆さんも諦めないで頑張ってみましょう!

また、受験生の時の友達は非常に大切です。自分が勉強に悩んでいるとき、助けてくれるのはいつも一緒にいてくれた親友です。「君がいるから僕も頑張れる」、そう思えるような友人を探し、一緒に頑張ってみてください。きっと何か困ったとき、手を差し伸べてくれますよ。

 

武田塾では生徒に一番合う勉強法で指導していきます。是非皆さんも一度武田塾久喜校にお越しください!

 

武田塾の強み!逆転合格するためには

 

・武田塾の強みパート① 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート② 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート③ 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート④ 逆転合格するために

 

 

 

塾・予備校に通い始める時期は?

 

・塾・予備校に通い始める時期、通塾・予備校率は?

 

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

受験校を決めよう!  はじめに  高校3年生は正式に第1志望校が定まり、本格的に受験勉強をしている最中だと思います。それと共に、学校や塾へ正式な受験スケジュール表の提出をする時期かと思います。  国公…

thumbnail

    11月になりました。2020年も残すところあと少しになってきましたね。 受験生のみなさん、志望校対策は進んでいますでしょうか?焦りは禁物ですが、今回は私がお勧めする一つの勉…

thumbnail

こんにちは! 今日は受験期の気持ちの管理についてお話ししていきたいと思います。   はじめに   今この記事を見てくださっている方の多くは受験生の方だと思います。   受…

thumbnail

模試の活用方法 皆さんは今までにたくさんの模試を受けてきたと思いますが、せっかく受けた模試、無駄になっていませんか? 模試は自分の実力を図るために受けている人が多いと思いますが、判定だけ見ている人、受…