ブログ

【油断大敵!】浪人生が陥りがちな英文法の落とし穴2選

みなさん、こんにちは!
武田塾郡山校です。

新年度も始まり、浪人生の人は新しく勉強を始めている人も多いかと思います。

「文法は学校の授業でも習ったから、今年は勉強しなくてもいいやっ!」
そんなことを考えている人はいませんか...??

そこで今回は、『浪人生が陥りがちな英文法の落とし穴2選』についてご紹介します。

 

 

また、武田塾では、春の入会・体験キャンペーンを実施しております!
詳細は、以下の記事をご覧ください!
↓↓↓

 

文型

文型は、本来なら高校1年生の最初に習うはずの基礎中の基礎ですが、学校で習っていないこともあるようです。

文章がSVで始まることを分かっている人は多いですが、「SVOO(第4文型)」や「SVOC(第5文型)」だときちんと理解できていない人が見受けられます。

また、そもそも「形容詞と副詞の違い」といった一見どうでもいい内容が抜けていたりする場合もあります。

 

例えば...
sad(悲しいという意味の形容詞)とsadly(悲しんでという意味の副詞)は、日本語で考えるとあまり意味には差がなく区別する必要性も低いようにも思えます。

では「He made her (       ).」という文章にはどちらを入れるどうでしょうか?

"make"は第5文型を取るので、この場合(     )に入れるのは"sad"です。補語になれるのは「名詞」か「形容詞」なので副詞は選択できない、という問題でした!

日本語と英語は、文構造も違うので日本語の感覚で英文法は解けません。
まずは文型のパターンをしっかり復習するところから始めてみましょう!

 

▲目次にもどる

準動詞

準動詞は動名詞、不定詞、分詞を指します。
こちらは、塊で「名詞」や「形容詞」になるということがイマイチ掴めていない人が多いです。

さて、当たり前ですが文章が長くなると、それに伴い難易度は上がります。
ここで実際に例文を使い、難易度が上がっていく様子をみてみましょう!

Protecting the right to freedom of expression was not easy.
表現の自由を守ることは容易くはなかった。

Protecting the right to freedom of expression in these countries was not easy.
これらの国で表現の自由を守ることは容易くはなかった。

Protecting the right to freedom of expression in these countries belonging to the former Eastern Bloc was not easy.
これら旧東側国家で表現の自由を守ることは容易くはなかった。 

 

同じing形でも、"protecting"は動名詞ですが、"belonging"は現在分詞です。toは名詞の前にあるので前置詞です。

下の文章になるにつれて修飾語が増えて主語が長くなり、読みにくくなったはずです....。
単なる英単語から日本語への当てはめだけでは、文章を正確に読解することはできません。

この機会に、準動詞の形をしっかり見直しておくことをオススメします!

 

 

▲目次にもどる

文法の学び直しにオススメの参考書

いくつか例題を出してみましたが、すらすら解けたでしょうか?

文法を正しく理解していないと構文解釈や長文読解に支障をきたします。
文法初学者や文法をやり直しする人には『大岩の一番はじめの英文法(超基礎英文法編)』がオススメです。

こちらは、25題のテーマに分かれた講義と演習問題で構成されています。他の一般的な文法解説書と比較すると収録問題数は厳選されているので、集中して取り組めば1週間や2週間でこなせます。

「関係詞」や「比較」といった受験生が躓きやすい分野もとても詳しく説明されているので、授業を聞いても理解できなかったり他の参考書に手を出すも挫折してしまった人にこそ使って欲しい参考書です。

しかし、連鎖関係代名詞などの少し細かい論点は扱っていないので、これ1冊で難関大合格に必要な文法の全てのインプットを完璧にすることはできません...

その際は『Evergreen』『FACTBOOK』などの講義形参考書で補っていきましょう。

 

また、『Next Stage』『Vintage』『UPGRADE』などはアウトプット用の文法の問題集になっています。
文法を正しく理解していないまま問題集で演習を積んでも、その問題が解けるだけで、模試や過去問などの初見問題が解けるようになるわけではありません。

アウトプット用の参考書は、文法のやり直しをした後に取り組みましょう!

 

▲目次にもどる

今回のまとめ

“できる”と思っていても、勘違いしているところはたくさんあるはずです。
英文法の理解に少しでも不安なことがあるならば、まずは最初の基礎からしっかり見直すのがオススメです!

 

不安なことやお困りのことがあれば、ぜひ一度無料の受験相談にお申込みください!

無料受験相談

 

武田塾は参考書学習をサポートします!

今回は、英語の文法に内容を絞りご紹介しました。

各科目の基本のテキストについては、こちらの記事をご確認ください!
↓↓↓

 

 

無料受験相談実施中!

川原武田塾では、無料受験相談を随時実施しております。

志望校に逆転合格する勉強法
あなたにぴったりの参考書紹介
武田塾の詳細や料金説明 などなど…

受験や勉強に関するお悩みがある方は、ぜひお気軽に近くの武田塾までお問い合わせください。

無料受験相談

//////////////////////////////////////////////////

武田塾 郡山校
福島県郡山市清水台2丁目13-24 今川ビル3階
電話 024-933-4747
E-mail koriyama@takeda.tv
URL https://www.takeda.tv/koriyama/

//////////////////////////////////////////////////

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる