ブログ

【私立文系】選択科目の選ぶポイント!【日・世・政経・数】

みなさん、こんにちは!
武田塾郡山校です。

今回は、私立文系の選択科目の選ぶポイント』についてご紹介します!
新しく春を迎えるこの季節、今までやっていた科目を変更しようかどうか相談にくる生徒が毎年多いです。

特に私立文系のみなさん!
日本史・世界史・政治経済・文系数学で悩んでいませんか??

なにを選べばいいのか迷っている受験生はたくさんいると思います。
そこで今回は、それぞれのメリット・デメリットについてお話しします!!

 

また、武田塾では、春の入会・体験キャンペーンを実施しております!
詳細は、以下の記事をご覧ください!
↓↓↓

 

 

私立文系】選択科目の選ぶポイント!

日本史・世界史・政治経済・文系数学の4つをどれがいいのか?
結論を言ってしまえば、

“ 好み ” です。
身も蓋もありませんが「自分はこの科目が大好き!!」「向いている!!」というのであればその科目を選ぶべきです。

どの科目も特に好き嫌いはなく、得意苦手もなく科目に対する気持ちが平等という方は、参考にしてください。

 

日本史・世界史

まずは日本史と世界史を見比べてみましょう!

日本史・世界史の共通のメリット

勉強すればするほど、覚えれば覚えた分だけ直結して成績が反映される、コスパのいい科目です。
しっかり暗記をすれば、裏切られることはありません!

 

日本史・世界の違いはナニ?

日本史は狭く深く学ぶ教科です。
それに対して、世界史は広く浅く学ぶ教科です。

 

受験する大学によって得点のしやすさが変わってくる

『日東駒専、GMARCH』の受験を考えている場合、日本史のほうが点数を取りやすい!!
なぜなら日本史は範囲が決まっているので勉強がしやすい、点数が取りやすいです!

『早慶レベルの大学』の受験を考えている場合、世界史のほうが点数をとりやすい!!
というのも、日本史は教科書に載っていないようなマニアックな問題が出たりするからです。
広く浅くの世界史のほうが早慶では点数を取りやすいといわれています。

 

勉強のしやすさ

日本史と世界史で、最初に勉強がしやすのは “日本史” です。
なぜなら日本史のほうが早く通史を終わらせることができるからです。

日本史選択の生徒は、4~5月に通史を終えていれば、6~7月から成績の伸び始めを実感することができます。
それに対して世界史は、範囲が広く通史を終わらせるのに時間がかかってしまいます...
そのため、点数が伸びるまでに時間がかかってしまいます。秋ごろに急激に伸びる生徒が多いですね。

 

受験できる大学の選択肢が一番幅広く、一番無難

受験する大学によっては、日本史・世界史しか社会科目が使えない可能性があります。
例えば、慶應義塾大学は政治経済を使うことができません。

そう考えると、大体の大学で使うことができる日本史・世界史は「一番無難な教科」と言えます。

 

▲目次にもどる

政治経済

次は、政治経済を見ていきましょう!!

政治経済のメリット

最大のメリットは暗記の量が圧倒的に少ないということです!!
なんとに覚える量は日本史・世界史にくらべ約3分の1ほどです。
コスパ最強ともいえる教科です!!

暗記量が少ないため、点数に直結する、勉強してすぐ模試の点数につながる科目です。政治経済に興味があるのであればぜひ選択すべき科目です。

 

政治経済を選ぶときに気を付けること

まったく初学者というわけにはいきません。日ごろからニュースを見たり基礎的な素養は必要になってきます。国会や裁判所の役割など、そういった知識は当然のように知っている必要があります。

また、教科書に載っていない時事問題が出題されるので狙って満点を取ることは難しい科目です。

 

政治経済の最大のデメリット

政治経済を選択することの最大のデメリットは選べる大学が少なくなるということです!!
政治経済を使うことができる大学は、日本史・世界史に比べ少ないです。

たとえば、早稲田大学でも政治経済を使える学部が毎年1学部づつ減っています。このように年々政治経済を取り扱わない大学が増えているので、注意しましょう。
しかし、自分が受験する年度の受験科目を発表している大学であれば、急に政治経済が使えなくなることはないので、政治経済を選んでも大丈夫です。

 

▲目次にもどる

文系数学

ほとんどの高校では数学を習いますよね?
そのため、勉強していたからそのまま選択するのか、切り替えるのか、相当悩む科目です。
授業で勉強をしていて苦手だったらすっぱりあきらめよう!!という科目です。

文系数学のデメリット

数学で一番つらいところは、その範囲を勉強したからといってなかなかすぐに解けるようにはならないところです。
勉強がなかなか得点に直結しない、すぐに成果が見えにくい科目と言えます。
数学は計算ミスや問題との相性があるため、点数につながりにくい科目と言えます。

それに対して日本史・世界史・政治経済は覚えたら得点につながります。

 

文系数学のメリット

数学を選択することのメリットは問題次第で、ハマれば満点を取ることができます
日本史・世界史は重箱の隅をつつくような問題が出題されたり、政治経済は時事問題が出題されたりするので、満点を取ることは厳しいです。
しかし、文系数学に関しては実力を高め、問題次第では満点を取ることができる科目なのです。

1科目でも満点を取ることができれば逆転を狙えることができます!!
さらに数学は平均点が低くなりやすい科目なので、得点調整になった場合に有利になります!

 

どのレベルの大学が最適?

日東駒専・GMARCHを受験する場合は数学選択もありです。というのも、勉強する量が少ないからです。
しかし、早稲田大学の商学部や社会学部は相当難しい範囲が出題されます。

自分の数学の実力を考慮して、選ぶようにしてください。

 

▲目次にもどる

志望校・スタート地点・相性で選択しよう

日東駒専・GMARCHレベルを受験する場合は、日本史・世界史・政治経済・文系数学のどれを選択しても大きな差はありません。

しかし、早慶は慎重に選択する必要があります。なぜなら、数学の問題が鬼の様に難しいからです!
そのため、実際のところは日本史か世界史を選ぶのが無難でしょう。

 

それでも迷った場合は何を選択したほうがいい?

迷ったら、政治経済を選択してみましょう。
「蔭山の共通テストの政治・経済」を読んでみて自分に合ったら政治経済、合わないようであれば日本史を選択するのがオススメです!

 

▲目次にもどる

今回のまとめ

・日本史・世界史は無難
・政治経済は限られるが“コスパ最強
・文系数学は苦手でなければ問題次第で満点も狙える!
・自分と志望校に合わせた選択科目を選ぶ

 

 

それでも自分では選択することができない!!
そういう方は、ぜひ武田塾へ相談に来てくださいね!

無料受験相談

 

無料受験相談実施中!

川原武田塾では、無料受験相談を随時実施しております。

志望校に逆転合格する勉強法
あなたにぴったりの参考書紹介
武田塾の詳細や料金説明 などなど…

受験や勉強に関するお悩みがある方は、ぜひお気軽に近くの武田塾までお問い合わせください。

無料受験相談

//////////////////////////////////////////////////

武田塾 郡山校
福島県郡山市清水台2丁目13-24 今川ビル3階
電話 024-933-4747
E-mail koriyama@takeda.tv
URL https://www.takeda.tv/koriyama/

//////////////////////////////////////////////////

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる