【モチベーション】スイッチが入らない人のモチベーションの上げ方

小松校・

こんにちは。

武田塾小松校です。

 

高校3年生の方は、そろそろ部活を引退して

いよいよ本格的に受験勉強という人も増えてきましたね。

 

いざ、受験勉強に取りかかろうにも、 何から始めたらわからない。

そもそも目標が定まっていないという人もいるかもしれません。

 

今日は受験相談でよく聴く悩み 「将来の目標がわからない

 

この悩みで悩んでいる人向けのお話です。

 

目標の決め方

志望校を決めるって中々難しいよね。

君は何の為に大学にいくのかな?

 

中には高校生のころから確固たる目標があって、

その為の通過点として大学を捉えることが出来る人もごく少数いるよ。

 

でもほとんどの人は「何となく」大学に行く人が多いよね。

 

受験勉強に追われて中々想像しにくいかもしれないけど、

大学を出た後はどうしたい?

 

社会に出てどんな職業に就き、

どんな人と出会い、

どんな人生を送りたいか?

 

君は勉強の忙しさを言い訳に、

自分の人生設計から目を背けていないかな。

 

そんな考えの君は要注意だよ。

 

大人になればいずれわかるなんてことは、

まず無いと思った方がいい。

 

「何となく」大学に行く人は、

大学に入ってからも「何となく」卒業して、

「何となく」就職して、

「何となく」生きていく人生がずっと続く。

 

気付いたら、選択肢が少なくなって、

何も選べなくなってしまう。

 

そんな人生はどうだろう?

あまり面白く無いよね。

 

今、君が周りの大人よりも持っているもの、

それは「可能性の幅の広さ」と「時間

 

この二つを持っていることが非常に強力な強みだと理解して欲しい。

 

大人がどんなに欲しがっても手に入れられないものを持っていること

有効に生かしたいよね。

 

目標を決めるのは大変かもしれないけど、

じっくりと考えていこう。

 

次は、どうやったら将来の目標を決められるかのヒントについてお話するよ。

 

人生を逆算しているか?

どんな人間でも必ず決まっているものがあるよね。

何だと思う?

 

それは

人生の終わり」があること。

 

君は自分の人生の終わりを想像したことがあるかな?

もっと突き詰めると、

君は自分の人生をどうやって終わらせたいかな?

 

人生の目標の決め方はこれに尽きると思う。

 

自分の理想の死に方は何か?

その状況を迎える為にはどんな人生を歩む必要があり、

どんな家族を創り、

どこに住んでどんな仕事をして、

 

などなど、

人生設計とは、

人生の終点と今を結んで、

その間の道をどのように彩っていくか

 

こういうことなんじゃないかな。

 

その道筋に目印としてわかりやすいものの一つに、

数字を利用するといいよ。

 

例えば、

100歳まで生きることを一つのゴールとして。

75歳まで働いて、その後はホームに入って、

ホームに入る為のお金は2500万程必要で、

そのお金を稼ぐ為には、年収700万で何年働いて、

年間100万ずつの貯金を何年続けて、

その収入を得る為には、50代までにどういった地位にいて、

どのくらいの規模の会社でどういうキャリアを積むとか、

40代にはこのくらいの地位で、

家族が何人いて、

30代には結婚をして、マイホームの貯金をして、

20代にこの業種の仕事について、

 

そういったものが見えてくると思う。

 

年収とか役職とかわからない人はインターネットで調べてみよう。

調べれば大抵のことはわかるはずだよ。

 

今の時点からだけの視点だと、

可能性が広がり過ぎて良くわからないかもしれない。

 

だから、そんな時は

「ゴール」を意識しよう。

 

「ゴール」からの視点に立った時、

今の視点からは見えない景色が見えるはずだよ。

 

さて、今度はもっと君の現在の生活の視点に戻って逆算の話をしてみよう。

 

大学受験のゴール

受験生にとってのゴール、それは「志望校合格」だよね。

受験にもはっきりとわかる期限がある。

 

それは、受験本番。

君がやっていることは、

 

期限が決まっている受験日に対して、

志望校合格に必要な勉強量をこなし、

必要な知識を身に着けることだ。

 

「何となく」受験勉強よりかはわかりやすいかな。

 

君は志望校の受験日をちゃんと意識できているかな?

あと何日残っている?

 

恐らく、そんなに余裕はないはずだよね。

 

必要な知識は理解しているかな?

何が必要かを知る為には、何が不足しているかを把握する必要があるよね。

 

その分析を受験科目ごとに、細かく分析する必要があるよね。

 

クラスで勉強の出来る生徒は、恐らくこういった分析をずっと前から自分でできていて、

自分の計画をひたすら実践することをやってきたはずだよ。

 

もし君がその友達のやり方を真似して上手く勉強できるなら、

どんどん実践するのが良いよ。

 

でも、もしそのやり方がわからない時は、

一度、武田塾の受験相談に来ることをオススメするよ。

 

君の志望校にあったカリキュラムを見ながら、

君が志望校に合格する作戦を一緒に探そう。

 

無料受験相談はコチラ

無料受験相談

 

今回はこの辺で。

それではまた。

 

4463618_s