【体験談】共通テスト後から二次試験に向けた過ごし方

小牧校・

こんにちは、武田塾小牧校です。

みなさんは、学校でいきなり自習と言われ何をやればいいかわからなくなった経験はないでしょうか?

共通テストに向けて勉強してきて、終わると同時に急に勉強する科目が減り、やることはあるのに何をやればいのかわからない。

それこそまさに、共通テスト後から国公立大学二次試験までの期間と同じです。

3年前ではありますが、1度は私も経験した期間ですのでどのように過ごしていくのがよいのかをお話していきたいと思います。

参考までにどうぞご覧ください!

二次試験

目次

  1. 毎日学校へ行く
  2. 受験校の過去をさかのぼる
  3. 気分転換をする
  4. 受験生へ向けたメッセージ

 

毎日学校へ行く

これは一番当たり前であり、一番重要です。

主に私立志望に多いのですが、全授業のカリキュラムが終了し、共通テストに向けての演習が始まると共通テストは使わないから、この科目は不要だから、といった理由で卒業ができる範囲内で学校をさぼり始める人がいます。

しかし、自由登校期間でも私は毎日学校へ行くことをお勧めします。毎日登校が自分にもたらすメリットは環境です。この環境というメリットについて少しお話していきます。

 

勉強する環境

これまで「学校は勉強する場所」として過ごしてきているため、家や図書館などでの勉強と違い、学校では必ず勉強します。

わざわざ学校まで行って勉強せずに帰るという行為は無駄であり、学校へ行った時点で勉強する未来が決まっているので勉強しない自分にサヨナラです。

 

集中できる環境

私はあまり集中力が続く方ではなかったのですが、とりあえず登校することで毎日勉強に取り組めました。

自由登校にもかかわらず毎日学校に来る人というのは、学校で集中して勉強したいから来ているのであり、そこに自ら加わることで強制的に集中せざるを得ない状況を作り出しました。

 

おしゃべりできる環境

2020年、コロナ禍においてみなさんも長い間学校へ行かない自粛期間を経験したかと思います。

その中で人と話せないことや、友達に会えないつらさを実感したと思います。

人は話さないと塞ぎこんでしまい、ときに病んでしまいます。

特に受験期はそうなりやすい時期ですので、勉強の合間の数分や昼ご飯の時間などを共に勉強を頑張る友達と一緒に過ごしてください。

自分だけじゃなく、他にも頑張っている人がいるということが励みになります。

 

受験校の過去をさかのぼる

大学

ある程度勉強のペースが定まってくると赤本を解いていくと思います。

赤本にはそれぞれ過去問から推測される傾向や対策が書いてあり、科目によっては勉強する範囲も絞られてくると思います。

例えば数学なら、「数年連続でベクトルが出ており、これまで数列は出たことないから、ベクトルは勉強必須で数列は出ない可能性が高い」といった具合です。

もちろん絶対ということはないのですべて勉強していくことが望ましいですが、より出る可能性のあるものについて対策しておくのも効率的でよいと思います。

また、英語や国語などは赤本の目次や傾向と対策からだけではわからない情報がたくさんあります。

問題は解かなくてもよいので、問題の形式(何問編成なのか)や設問の内容(内容理解・空欄補充)がどれくらいの量でどのような形で出題されているのかを確認し、自分の弱点と照らし合わせる時間も必要だと思うのでこちらは赤本を解く前に一通り目を通して確認していけるとよいでしょう。

 

気分転換をする

最後は気分転換をすることです。

最初の「毎日学校へ行く」というところで受験期は病みやすいと記述しました。

実際、私立受験の結果がわからないまま勉強を続けていくわけですから、第一志望は絶対受からなきゃといったプレッシャーや、友人の勉強量からの焦りなど自分を追い込んでしまいがちです。

そういった時こそ気分転換が必要であり、それは好きなものを食べるでも、少しの時間動画を見るでも何でもいいと思います。

オススメは運動をすることです。

諸説ありますが、運動をすることで脳が活性化され記憶力がアップすることがあるそうです。

個人的には、眠くなった時に運動をすることで、眠気を覚まし次の勉強にも繋げられたのでかなり良かった思い出があります。

 

受験生へ向けたメッセージ

受験期はとても神経質になりやすいです。

個人差はありますが、一人でいる時間が長いほどマイナスな方向へと流れてしまうことが多いので、学校の友達・先生・家族など頼れる人に精一杯頼りましょう。

社会人以降で受験勉強ほど勉強することはほとんどないと思います。

人生を決めるとは言いませんが、方向性が決まるこの大学受験、過ごし方で結果も変わってくると思いますので合格から逆算して気負わずに過ごしていくことが重要になってくると思います。

以上、共通テスト後~国公立受験に向けた過ごし方について書かせていただきました。

1~2年生の方もこんな時期があるんだな程度で理解してもらえたら幸いです。

 

関連記事

 

無料で武田塾の勉強法を学べる!

武田塾では『無料受験相談』を実施しております。

  • 志望校に逆転合格する勉強法
  • あなたにぴったりの参考書紹介
  • 武田塾の詳細や料金説明など

入塾義務はございませんので、お気軽にお近くの武田塾までお問合せください。

無料受験相談

偏差値30台・E判定から志望校に逆転合格

愛知県小牧市中央2丁目148
小牧ステーションビル3階301
TEL:0568-44-1086

小牧市の個別指導塾・予備校なら武田塾小牧校

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 小牧校へ