【神戸板宿校】英語の勉強法!英文法を完璧にする勉強法とは!?

神戸板宿校・

英文法を完璧にする勉強法とは?!ポイントは1つ!~大学受験のコツ~

こんにちは、神戸板宿校です!

本日は、題して!

英文法を完璧にする勉強法とは!?ポイントは1つ!

というテーマでお話していこうと思います。

「英文法」、苦手意識を感じている生徒さんも多いのではないでしょうか。

理解と暗記が必要になる上、高校だとやらなければいけない量も多いですよね。

英語の受験勉強において、一つの鬼門と言えるのではないでしょうか。

そんな英文法の勉強で意識してほしいことを話していきます。

 

英文法の勉強で意識してほしいこと

英文法の勉強で意識してほしいことは、1つです。

「回答の根拠」を正確に説明できるようにすることです。

わかりやすく言い換えると、「なぜその答え(選択肢)にしたのか」を自分の言葉で説明できるようにすることです。

例えば、下記の問題があったとします。

they usually (     ) their washing on weekend.

① are done
② do
③ have been doing
④ have done

この問題は答えが②になります。

このとき、なぜ答えが②になるのかを説明できますか?

例をご紹介すると、「文中にあるweekend が習慣を表すので、この文は現在時制になる。よって、答えは②になる。」です。

このように、英文法の勉強では「なぜその答え(選択肢)にしたのか」を自分の言葉で説明できるようにすることを意識してほしいです。

「なぜその答え(選択肢)にしたのか」を一問一問答えられるようになると、入試問題などの初見の問題にも対応することができるようになります。

逆に、答え(選択肢)の暗記を意識してしまうと、問題内容が変わってしまうと対応することで出来ません。

丸暗記ではなく、回答の根拠を説明できるように勉強しましょう。

 

答え以外の選択肢も理由を言えるようにするべきか

英文法で意識してほしいことは、先ほど述べたとおり「なぜその答え(選択肢)にしたのか」を自分の言葉で説明できるようにすることです。

これについて、一つ注意してほしいことがあります。

生真面目な生徒さんに多いかと思うのですが、「なぜその答え(選択肢)が正解ではないのか」まで掘り下げて勉強してしまうことです。

つまり、正解以外の選択肢についても「なぜ正解ではないのか」を答えられるように勉強してしまうことです。

問題にもよりますが、そこまで深堀して勉強することは非効率的になってしまうので、必要ないと考えています。

紛らわしい選択肢のある問題は、しっかりと解説に「なぜその答え(選択肢)になるのか」が書いてあるため、その解説をしっかりと自分の言葉で言い換えて説明できることを意識すべきです。

そして、解説でわからないところがあれば講義系参考書と呼ばれる「Forest」や「 Evergreen」などの解説書を参考にして理解を深めるようにしましょう!

 

英文法のオススメの参考書

 武田塾では、英文法の参考書として「Next Stage」や「Vintage」をオススメしています。

多くの高校では、上記の参考書のどちらかが配られるのではないでしょうか。

どちらもなかなかのボリュームですが、1冊完璧にできるとセンター7割は固いレベルまで学力を伸ばすことが出来ます。

根気強く取り組んでほしいですね!

そして、もし上記の参考書が難しいと感じるのであれば一度高校入試レベルの参考書に立ち返って基礎固めを行うといいと思います。

その参考書が「大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】」という参考書です。

この参考書は東進の大岩先生の講義を、参考書にしたものですごく基礎的な内容からわかりやすく書いてくれています。

英文法に限った話ではないのですが、自分の学力レベルに合った参考書から取り組みましょう!

またもっと詳しく聞きたいという方はぜひ一度校舎にお電話ください!

効果的な勉強方法について説明します! 

 

 

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談