【英語勉強法・英文法】自由英作文のコツを教えます!

北千住校・

こんにちは!武田塾北千住校です!

 

今回は自由英作文についてです。

これは苦手な人が多いのではないでしょうか?

おそらく多くの人は「和文英訳でも苦手なのに、自由英作文なんて、、、」と感じるのではないでしょうか。

そこで今日は、自由英作文の取り組み方、ちょっとしたコツについてお伝えできればと思います。

 

自由英作文には大きく二つの面があります。

文法的側面内容的側面です。

 

文法的側面とは正しい英文を書けるかどうかという部分です。

多くの生徒さんにも自分の日本語を上手く英語にできないと相談されることがあります。

まず前提として、基本的な英文法・英文構造を分かっている必要がります。

仮に自分の日本語に対応する英単語(表現)が分かっていても、それらの並びが正しくないと読み手はあなたの意図が分からなくなってしまいます。

 

そして次に重要なのは、自分が英語で書けるものを書くということです。

これは多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

日本語でどんなに素晴らしい表現が思いついても、それを英語にできなければ点数にはなりません。

ですから英語での表現が見つからないときは、日本語自体を自分が英語で書けるレベルのものまで落としてみましょう。

同じ内容をもっと簡単な日本語で表せないかを探すのです。

ここではあなたの日本語力が試されていますよ!

 

また、上手い英文を書こうとしたのか、英文が代名詞や省略だらけになっていて結局何が言いたいのか分からないものも見かけたりします。

代名詞の指すものや省略されているものが明らかに分かるときには、そうした表現の使うべきですが、不必要に使いすぎるのはかえって失敗につながるので止めましょう。

他にも分詞構文で主節と副詞節の主語が違うのに、主語を省略しているという間違いもよく見かけますし、一文を長くしすぎて、接続や構造がおかしなことになっている英文を見たこともあります。

あまりに短すぎる文が並んでいるのも問題かもしれませんが、だからといって長ければ良いというわけでもありません。

こうした文法的間違いを減らすためにも、確実な表現・自分が書きなれている表現を使うようにしましょう。

 

 

次にみなさんを悩ませるのが内容的な部分でしょう。

よく理由が思いつかないという声を聞きます。

正直に言って理由を3つも4つも出す必要はないです。

むしろ理由の箇条書きのような英作文は減点されてしまいます。

もちろん設問に「〇つ(以上)理由をあげなさい」といった指示があれば、それに従って考える必要がありますよ。

しかし、一般的に理由は2つもあれば十分です。

100words以内の英作文であれば、理由が1つしか思いつかなくても、その理由に関係する具体例などを書けば語数を満たせることもあります。

逆に語数を足りていない英作文だと、具体例が具体的でなかったりします。

 

とりあえず今回はここまでにしておきたいと思います。

次回は、どのようにして具体的にするのか、内容をふくらませるのかといった部分を見ていきたいと思います。

それでは次回もお楽しみに!

 

武田塾北千住校では無料受験相談を受付中

1時間で勉強の不安を解消します!

・勉強が思うように進まない
・数学ができるようにならない
・何をしたらいいのかわからない    

など、お悩みのことがございましたら、ぜひ無料受験相談にお越しください!

 

無料受験相談

武田塾北千住校

受付時間  10:00~21:00(日曜日は20:00まで)
最寄り駅  JR常磐線 北千住駅 徒歩5分
      東京メトロ日比谷線・千代田線 北千住駅 徒歩5分
      東武伊勢崎線 北千住駅 徒歩5分
      つくばエクスプレス 北千住駅 徒歩5分
住所    〒120-0034
      東京都足立区千住1丁目24-6 第2立川ビル 3階
TEL, FAX   03-6806-2366
Email    takedajuku.kitasenju@gmail.com

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 北千住校へ