受験勉強に潜む落とし穴!?適度な休憩の必要性とは?

岸和田校・

皆さん、こんにちは。武田塾岸和田校です。

夏休みに差し掛かり、高3生の皆さんは本腰を入れて受験勉強に取り掛かっている頃であり、浪人生の皆さんも夏休み明けの模試に向けて勉強をしている頃だと思います。

そんな大事な時期だからこそ、皆さんにお聞きしたい事があります。

それは、「しっかりと体調管理を整えていますか? 適度な休憩をとれていますか?」ということです。

なぜこのような質問を皆さんに投げかけたのかと言うと、この貴重の夏休みという時間を無駄に過ごしてほしくはないからです!!

前文で述べた通り、この時期は全受験生にとって非常に大切な時期です。それは、普段よりも勉強に充てられる時間が増えたり、各教科の苦手な分野を勉強したりとメリットしかありません。

つまり、自分の学力を伸ばすにはもってこいの時期なのです!!

なので、一日も無駄にせずに一日中勉強をしましょう!!休んでいる暇なんてないよ!!

なんて言葉を学校や塾で言われた経験が皆さんにもあると思います。僕自身、受験生の時によく学校の先生に言われ続けました。 もちろん、この言葉を実行して夏休みを過ごすということは受験生にとって理想ともいえる夏休みの過ごし方です。

この生活を維持できれば学力は爆発的に向上することは間違いないでしょう。 しかし、僕はそんなことをやってのける事ができるのはごく少数の人だけだろうと思います。

僕はこれは受験生に対する一種の強迫観念であると考えています。

勉強をするときは全力で取り組み、休憩するときはしっかりと休む。このメリハリが大事である。

例え一日中勉強をし続けたとして、スタートからエンドまで一定の集中力を維持し続けるのは至難だと思います。 集中力の切れた状態で勉強しても頭に入ることなんてないですし、それはひたすらに時間を消化しているだけで非常に無駄な時間の過ごし方です。

それに、そんな生活を繰り返し、体調を崩して勉強できない日を作ってしまうと本末転倒ですよね。

なので、適度な休憩をとることを心掛けてください。一日くらい遊ぶ日があっても良いと思いますし、僕自身も一日は遊ぶ日を設けていました。(もちろん、日頃からしっかりと勉強をしている事が必要)

夏休みという大切の時期なので、根詰めて勉強したいという気持ちも分かります。その気持ちを決して否定はしません。むしろ、素晴らしい心構えだと思います。 

僕が今回、皆さんに伝えたかった事はそんな中でもしっかりと休憩やクールダウンをして体調を崩してしまうことが無いようにしてほしいという事です。

皆さんが有意義な夏休みを送ることができる事を願っています。

Education is a progressive discovery of our own ignorance.

 

takedajuku[1]

武田塾岸和田校では随時受験相談を実施致しております。是非、ご活用ください。

タグ:, ,