授業は意味ない!?武田塾が他塾を圧倒する成績アップの理由!!

桂校・

武田塾がなぜ、他塾を圧倒して成績をアップさせることができるのかをお伝えします。

みなさま、こんにちは!

阪急桂駅 徒歩1分のところにある、武田塾桂校の大平です。

武田塾では塾生の約88%以上が偏差値を11以上上げています。

また、全体の65%以上が偏差値を16以上アップしています。

どうしてそのようなことが可能なのか、

どのようにして偏差値37から早稲田大学へ逆転合格ができるのか、

今回は武田塾の勉強方法がなぜ、成績アップに最短距離で進むことができるのか、ということをしっかりと解説していきたいと思います。

 

 

ポイント①授業を受けているだけでは成績は上がりません。むしろ下がります。

LearningPyramid

みなさまはこちらの図をご存知でしょうか、こちらはアメリカの国立訓練研究所が出している図です。

ラーニングピラミッドと呼ばれるもので、学習の定着率を表したものになります。

24時間後に学習したことの何%を覚えているのかとなります。

上から順に

  • 講義を受ける 5%
  • 資料や書籍を読む 10%
  • 視聴覚(ビデオや音声等による学習) 20%
  • 実演を見る 30%
  • 他者と議論する 50%
  • 実践による経験、練習 75%
  • 他者に学んだことを教える 90

ご覧いただいた通り、講義のような『授業』を受けているだけでは24時間後には5%しか学習として定着をしていません。

学校や塾で『授業』を受けたまま、そのまま復習せずに"勉強をしたつもり"になっていませんか。

学校や塾で長時間『授業』を受けていても、何もしないままだと翌日には5%しか記憶には残っていません。

学校や塾で『授業』を受けて成績を上げる方法は、授業を受けた後にすぐ自分自身で復習をする。

これをやらないと効果がないと言えます。

授業形式の塾や予備校では、学校で授業を受けて、その後に予備校で夜遅くまで授業を受けて、最後に自分自身でその日習ったことの復習をしなければ、成績が上がらないという認識をしておいてください。

武田塾の場合は『授業』というものは一切行いません。

なぜなら、

・受験生には時間がない!
受験勉強に必要とされている時間約1000時間。難関大学を目指すなら約2000時間必要とされています。
 それだけの時間が必要なので授業を受けている時間に自分自身で勉強を進めた方が早いからです。

・授業を受けるだけでは自ら勉強をする習慣が身につかない!
→これまで学校などで『授業』というものを相当な時間受けてきたと思います。
 その『授業』受けた後で、家で復習をする人は多くはないと思います。
 実際に勉強をするのは学校定期テストがあるタイミングだけ、とかではありませんか。
 授業を受けているだけでは、自ら勉強をする習慣を身につくことはありません。

・個々の進捗合わせて進めることができない!
→授業だとコースを作る必要があり、難関大学を受けたい場合は難関大学のコースを受ける必要があります。
 ですが、基礎はわかっていることが前提ですの、受験勉強を始めたての人にとっては全く無意味なものになります。
 では基礎を取るとどうなるかというと基礎も1週間で1単元を進めるだけなので、基礎を終わらせるだけで相当時間が掛かります。
 なおかつ、基礎が終わったと思って、難易度の高い授業を受けるとなると、すでにそちらの授業は先に進んでしまっているので、追いつくことができません。
 受験を始めたての人だと誰かに教えてもらう授業形式でないと不安になるかもしれませんが、実際は逆です。
 授業形式の場合は個々に合わせるのではなく集団に合わせて進んでいくので、ついていけない場合はしっかりと置いていかれます
 武田塾では個々の今の学習状況や成績などをしっかりと把握させていただき、確実に成績を上げていく方法で生徒が志望する大学へと向かっていきます。

 

 

ポイント②自学自習を徹底する

LearningPyramid

 

  • 講義を受ける 5%
  • 資料や書籍を読む 10%
  • 視聴覚(ビデオや音声等による学習) 20%
  • 実演を見る 30%
  • 他者と議論する 50%
  • 実践による経験、練習 75%
  • 他者に学んだことを教える 90

武田塾の勉強方法で大切にしている内容は「参考書一冊を完璧にする」「自学自習」です。

ラーニングピラミッドでご覧いただくところの、"実践による経験、練習"と"他者に学んだことを教える"というのを徹底して行っていきます。

どちらも学習の定着においてはかなり高い数字となっていますよね。

実際にどういうことをやっているのかをお伝えいたします。

 

「自学自習」を徹底管理する。

まず、入塾していただいた生徒さんに一番最初に身につけていただくものは、『勉強時間の確保』と『勉強方法』です。

この2つを受験勉強開始の初期に身につけることができれば、そこから先、「自学自習」へと必ず繋がっていきます。

今まで勉強をしてこなかった生徒が受験学年になったからと言って、急に勉強をし始めるわけではありません。

予備校に通いだしたからといって、勉強を家でするわけではありません。

それだけ、勉強をし始める、ということを開始するのは大変なことです。

・生徒さんの中には、本当に自分で勉強できるのか?
・親御さんの中には、今までやってきてないのに武田塾に入っただけで勉強するようになるのか?

と思う方もいらっしゃるかと思います。

その最初の一番高いハードルを一緒になって超えるのが武田塾です。

他の予備校ではやってはくれません。

すみません、語弊がありました、、、そういうサポートはします、という売り文句を言ってくるとことはあります。

サポートなので、そこまでの熱量ではないと思ってください。

ですが、武田塾の場合は"そこ"を一番大切にしています。

なぜなら、自分自身で勉強をすることが志望校への一番の近道だと知っているからです。

現役の大学生の講師たちに聞いても、自分自身で勉強をすることが一番大切だとわかってるからそれを伝えたくて、講師になったと言っています。

講師たちも順風満帆に大学受験がうまくいったわけではありません。それぞれ失敗を積み重ねていきたどり着いた答えが「自学自習」だったと言っています。

「自学自習」をする上で武田塾が行っているのは"宿題"です。

武田塾では塾生が志望する大学、今の成績や理解度から個々に合わせた"ルート"というものを作成いたします。

年間を通してのスケジュールだと思ってください。

このルートを出すことで、ゴールが明確になります。

・何月までにどこまで進めるのか。
・自分自身が志望校へ合格まであとどれくらいの距離があるのか。

などです。ゴールがわからないまま走り切るのは難しいので、ゴールから逆算をして、今何をやれば良いのかを明確にします。

そのルートには参考書を使った"宿題"が出ます。

毎日の範囲が決まっていて、翌週武田塾に来る日に、"確認テスト"というものをします。

その"確認テスト"で80%以上を取らないといけません。

毎週、テストという小さな目標があります。そこをクリアするためには自分自身で勉強をするしかありません。

"確認テスト"の後に"特訓"という時間があります。

"特訓"では塾生本人がどれだけ、今回の"宿題"の範囲を理解しているかを確認したり、できなかった場合はその原因だったり、理由などを聞いて、どう勉強を継続していくかなどもしっかりと会話をします。

勉強し始めの生徒の一番最初の大きな壁の『勉強時間の確保』『勉強方法』を一緒になって乗り越えていきます。

そこを乗り越えていき、武田塾の大切な考え方の『自学自習』を身に着けていきます。

 

参考書一冊を完璧にする

次に、『参考書一冊を完璧にする』という考え方です。

武田塾では志望校へ最短距離で目指すことを常に考えて"ルート"が作られています。

そこでは、数多の参考書の中から効率よく成績アップに繋がる参考書が選ばれています。

その参考書を使い学習を行っていきます。

参考書一冊を完璧にする方法は以前のブログ
↓↓↓
参考書一冊を完璧にする方法【前編】

参考書一冊を完璧にする方法【後編】

で書いてありますので、お時間がある時にぜひ読んでみてください。

本編に戻りますが、『参考書一冊を完璧にする』というのは、

初期は、勉強した参考書のどの箇所を問題として出されても、全て答えられる状態にする

とイメージしていただければ大丈夫です。

ですが、本来の目的は、入試で実際に問題として似たようなものが出た時に、即座に対応をして問題を解ける状態にすることです。

LearningPyramid

  • 講義を受ける 5%
  • 資料や書籍を読む 10%
  • 視聴覚(ビデオや音声等による学習) 20%
  • 実演を見る 30%
  • 他者と議論する 50%
  • 実践による経験、練習 75%
  • 他者に学んだことを教える 90

また先程の図に戻りますが、

真の目的の入試で実際に問題として似たようなものが出た時に、即座に対応をして問題を解ける状態にするということはどういうことかというと、参考書の中身をただ暗記するのではなく、解き方、考え方をしっかり理解しているかということがとても大切になります。

それをどこで確認をするかというと"特訓"の時に行います。

講師が実際に、

「この問題はどういう風に解いた?」

「どういう考え方で、この解き方になった?」

ということを確認します。

生徒本人が、その内容を明確に答えることができれが、それはただの問題の暗記ではなく、問題を深く理解していることになります。

図の"他者に学んだことを教える"ということを毎週実践をすることができます。

武田塾では、何もわからない人に、その問題の解き方がわかるように説明できる状態を生徒には理解したこととして伝えています。

毎週しっかりと学んだことを伝えるということを繰り返すことで、学習自体もしっかりと定着をします。

 

 

まだ勉強をあまりしたことないから、授業すらついていけないから、という人ほど武田塾!

武田塾では、

『参考書一冊を完璧にする』
『自学自習を徹底する』

ということを上で書きましたが、どういう方に向いている塾なのかもお伝えいたします。

・学校の授業を受けたあとで、自分で復習をできない人
・通信学習の宿題が溜めたまま放置されている人
・漠然と授業がある予備校と良いと思っている人
・今の偏差値で志望校を決めてしまっている人

こういう方には武田塾がオススメです。

武田塾は、もともと優秀な生徒を特待生で集めて実績を作る塾ではありません。

本当に、これから勉強を開始する、けど行きたい大学がある!!

そういう生徒を志望校へ受からせる塾です。

これから受験勉強を始めるみなさまには無限の可能性があります。

急には勉強が安定しないかもしれません。
やり始めたけど心が折れそうになるかもしれません。

それを一緒になって、乗り越えていき、志望校へ最短距離で効率よく走り切るのが武田塾です。

まず最初は、

『勉強の習慣をつけること』
『勉強方法を習得すること』

を一緒になって始めましょう。

 

武田塾桂校では、無料で受験や勉強法についての相談を受け付けております。

無料受験相談

進路や成績についての悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

武田塾桂校は

1.正しい勉強方法を教える塾です!
2.ひとりひとりに合わせた逆転合格までの勉強計画をつくります!
3.勉強計画に基づき、毎週宿題を出して、マンツーマンで個別管理を徹底します!
4.宿題の成果は、"確認テスト"を行いチェックします!
5.効率よく、早く成績を伸ばし逆転合格をすることを目指します!

 

・学力が着実に上がる"正しい勉強方法"を知りたい!
・目指したい大学へ最短距離で合格する方法を知りたい!
・効率よく成績を上げる方法を知りたい!

とお考えならぜひ無料受験相談にお越しください!

 

・受験の時期になったけどどうしたらいいかわからない
・勉強をし始めたけどよくわからない
・勉強をしているけど成績が上がらない
・志望校以外の大学の受験の仕方がわからない

などのお悩みも、無料受験相談でどんどんぶつけてください!

 

みなさまよりほんの少しだけ長く生き、そして社会を見てきた経験から精一杯アドバイスをさせていただきたいと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

武田塾では入塾の意思に関係なく、誰でも無料で勉強に関する相談を受け付けております。

無料相談のご予約・お問い合わせは

〒615-8074

京都市西京区桂南巽町128-2 ヴァン・クレール1階

Tel: 075-748-9771

Mail: katsura@takeda.tv

開校時間: 13:00~22:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

map (1)

関連記事

4211540_m

各学年ごとの勉強の進め方ややり方についてQ&A方式でお伝えしていきます。 みなさまこんにちは!!阪急桂駅徒歩1分のところにある 武田塾 桂校の大平です。 各学年ごとの勉強方法や、勉強の進め方に…

thumbnail

  みんな大好きミニ恩     今回のテーマ:大学受験で春休みから1年間で差が出る勉強方法 みなさま!こんにちは!!阪急桂駅徒歩1分のところにある 武田塾 桂校の大平です…

thumbnail

武田塾の無料受験相談はみんなどんなことをきいていますか? みなさんこんにちは。 京都市西京区、阪急京都線桂駅西口から徒歩1分のところにある 武田塾桂校 校舎長の大平です。   なかなか見るこ…

thumbnail

本日の一枚 『CONTE&COFFEEs』にて。ポトレ撮影依頼も受け付けています(?)       受験勉強は始めるのが早いほうが有利??? みなさま、こんにちは…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 桂校へ