元柏南生にインタビュー!!受験勉強@千葉県立柏南高等学校

柏校・

柏南画像

こんにちは!

今回は千葉県立柏南高校出身の柏校の講師である小根山くんと山口くんに

「柏南高校での受験生活」

を振り返ってもらい、いろいろ聞いてみたいと思います!

現柏南高校の1,2年生やこれから柏南高校に入ろうと思っている中学生のみなさん、

是非参考にしてみてください!!

 

 

 

Q1.柏南生は一般受験でどれくらいの大学を目指しているイメージ??

:多くの生徒がGMARCH以上を目指していたイメージです!早慶や難関国公立を目指す人は周りから「凄いなー」と思われていたと思います。僕も入学当初から何となくGMARCHにいけたらいいなと思っていました。

:GMARCHを目指している層が圧倒的に多く、早慶国公立志望はかなり頭がいいという印象でした。

 

Q2.大体国公立?私立?

:私立志望の方が多く、国立志望の生徒は多くはなかったと思います。国立志望の友達リスペクトでした。

私立志望が圧倒的に多く、国公立志望は少なく、理系には何人かいるイメージです。

 

Q3.推薦と一般受験の比率は?

:クラスに6.7人のイメージだったので大体7.8割が一般受験するイメージでした。

:僕も7.8割は一般受験だったかと思います!

 

Q4.推薦でどのような大学に行けるの?

:僕の代はGMARCHレベルまでの推薦枠があったと思います!評定がだいぶ高いひとが推薦でGMARCH進学を決めていました。

:高くて明治、GMARCHの指定校は相当成績が良い人がとっていました(オール5の人もいた)

 

Q5.柏南で部活動と勉強の両立ってできるの?

:できます!柏南は部活動が活発ですが部活前後の時間を使って部室で勉強していたり、朝早く来て自習するなど、部活に勉強時間を奪われるといった認識はありませんでした。

:できます!逆に部活を頑張っていた人の方が時間の使い方もうまく勉強を始めるのも早かった印象があります。

 

Q6.柏南生っていつから受験勉強始めるの?

:何となく「修学旅行が終わったら本気出す!」という考え方が浸透しており、僕もそんなうちの一人でした。(笑)なので「受験」を本格的に意識し始めるのは高校2年の秋位の人が多かったと思います。

:早い人は高2の夏前とかからで、自分は高2の秋頃だったんですけど、それでも早い方だったかなと思います(笑)、遅くても高3にはみんな勉強していたと思います。

 

Q7.柏南の先生のサポートは厚い?

:厚いと思います!担任の先生はもちろん、進路指導を担当する先生がいらっしゃるのでいろいろ相談に乗っていただいた思い出があります。

:先生によると思います(笑)共通テストまでに範囲が終わらない授業もあったりするので自分で予習することはかなり重要だと思います。でも担任の先生や色々親身になってくれる先生も多くとてもありがたかったです。

 

Q8.赤本って置いてある?

:置いてあります!!普段から期限付きで借りることができて、最新のものも借りられるので僕は柏南の赤本をフル活用していました!冬休みはいつもより多く長い期間借りることができるため、冬休み分の貸し出し日は朝から大行列でした。僕も朝6時ごろから学校行ったのに既に10人くらいいて衝撃を受けたのを覚えています(笑)

:たくさん置いてあります。貸出サービスもあったので、よく借りて勉強していました。

 

Q9.柏南の授業で一番受験に役立った授業は?

:高3の英語の長文読解の授業です!受験直前期はとにかく演習量をこなすことが大切なので、授業の一環としてそれをできるのはとてもありがたかったし、友達と点数を競い合ったりしてモチベーションの維持にもつながっていたかなと思います。

:英語と現文古文です。授業中に過去問を解かせてくれ、解説をしてくれたのでとても助かりました。

 

Q10.受験に関して柏南で良かったことは?

:友達と切磋琢磨しあえたことです。みんな学校でも勉強のことや志望校のことなど活発に話すので、受験勉強に対して意識を高くし続けることができたかなと思います。

:周りに勉強を一緒に頑張れる友達が沢山いたことです。正直友達が勉強本気出してなかったら自分もやっていなかったと思います。

 

Q11.受験勉強で辛かったことは?

:高3の春くらいまで成績が伸びなかったことです。模試の点数が変わらず、「このままで大丈夫なんだろうか」と思っていた記憶があります。

:緊張と不安です。共通テスト本番前は人生で1、2番を争うくらい緊張しました(笑)

 

Q12.受験勉強で後悔していることは?

:時間を最大限有効活用できなかったことです。僕は夏休み明けの模試の結果に満足してしまい、ただ机に向かうだけといった具合に9月いっぱい何も考えずに勉強してしまったのでその一か月をもっと頑張れていれば第一志望にも合格することができたのではないかと後悔しています。

:日本史をもっと深く勉強出来たなっていうのと高2始まってすぐ勉強すれば良かったです。そうすればもっと良い大学に行けたかもしれない…

 

Q13.コロナ渦でも受験勉強は継続できた?

:僕の代はちょうど私立大学の入試の最中にコロナが流行り始めたのでそこまで影響はありませんでした。1個下の学年がコロナで不自由な学校生活を送りながらがんばっていたので凄いと思います。

:休校になったりしたので逆に捗りました。友達と勉強時間を共有するアプリを使っていたため切磋琢磨できました。

 

Q14. 定期試験は一般受験に役立つの?

:役に立つと思います!自分が使う教科の定期試験は絶対にまじめに取り組んだ方がいいと思います。特に選択科目はもろ受験で必要な知識だと思うので、がんばってください!それ以外は赤点回避できるようにしていました(笑)

:受験科目は役に立つと思います。絶対に定期テストの方が簡単なのでそこで点数を取るのはマストです。

 

Q15. 10月、11月に推薦入試の合否がでるけど、クラスの雰囲気はどう?

:とてもよかったです。僕のクラスでは推薦組や専門組が一般受験組のことをとても応援してくれていました。また授業もしっかりと受けていた印象です。センター試験前にお菓子をくれたりと本当に良い雰囲気でした。

:一般受験組が多かったのもあり、そんなに変わりませんでした。推薦組が色々と気を遣ってくれたのもあり、とても感謝です!

Q16. 難関大学に受かる柏南生の共通点は?

:メリハリをきちんとつけられる人だと思います。柏南は部活動も活発だし、カタクリ祭や球技祭など行事も楽しいので、「遊ぶ時は遊ぶ、勉強する時は勉強する」といったことをきちんとできるといいと思います。

:早い時期から勉強を始めている人だと思います。あと、個人的には部活を頑張っていた人が多いイメージがあります。目標や計画を立てたり、時間の使い方が上手いんだと思います。

Q17. 日頃から英単語テストや古文単語のテストはあるの?

:あります!ただ僕はそのテストに受かる為の勉強といった感じで、休み時間に詰め込んだりと今思い返せばもったいないことをしてしまったので、キチンの自分の身になるように、受験勉強に生かせるように取り組んでみてください

:一週間に一度くらいあります。テストとは関係なく単語帳の勉強をしていると、出題範囲が分からなくても合格できます(笑)

Q18. 柏南生の通塾率は?

:中には独学で勉強している人もいましたが、大体が塾に通っていたかなという印象です。ただに塾に通わずに法政大学に合格した友達もいるので、結局はやりようだと思います。

:一般で受ける人なら9割は入っているイメージです。当たり前なんですが、塾に行くとみんな勉強しているため家とかより捗ります。そういった環境に身を置くことはとても大切だと思います。

Q19. いつから通い始める生徒が多い?

:早い人で高1の後半から2年の夏、高2の11月くらいにはみんな通い始めていたかなと思います。僕は高2の12月でした。

:大体は高2のうちから通い始めていました。

2人の後輩や、後輩候補のみなさん参考になったでしょうか?

 

武田塾柏校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談ください。

ともに学びましょう!

お問い合わせ・無料受験相談はこちら

btn_headbtn4

柏初!逆転合格専門塾【武田塾柏校】

〒277-0852 千葉県県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル7F

(柏駅より徒歩1分)

Tel : 04-7147-8800

Mail: kashiwa@takeda.tv

https://static.takeda.tv/images/school_data/kashiwa/map.jpg