なんで勉強しないといけないの...? ~教育大生が考える勉強とは~

刈谷校・

みなさんこんにちは!武田塾刈谷校講師のOです。

『なんで勉強しないといけないの?』という攻めたタイトルに興味を持ってくれましたか!?

頭を抱えて悩んでいる人のイラスト(男性)

ここでは、教育大学に通う私が、自分なりの考えを共有したいと思うので、この記事を読んで、「こういう考え方もあるのか...」とちょっとでも皆さんにとってプラスになれば幸いです!

 

いい大学行って、いい会社に就職するため...?

『なんで勉強しないといけないのか?』という問いに対しての答えのほとんどがこれではないでしょうか?(笑)

正直なところ、あながち間違っていないし、答えの1つとしてあっていいと思います。

今の時代、「学歴ではない」と言いますが、やはり学歴は評価されます。それに、「近いから東大通ってる」とか言えたらかっこいいじゃないですか...(汗)

会社のキャラクター(王様)                              大学のイラスト

 

ではここでみなさんに1つ質問したいと思います。

 

なんで高校に進学したのですか?

はい、みなさん、ドキッとしませんでしたか? しましたよね?

別に、高校に進学しないで、就職するという選択肢はあったはずです。それでも進学を選択したということは、皆さん自身の中で、なんとなく進学して「勉強したほうがいい」という感情があったのではないでしょうか(おそらく自分では気づきたくない感情なので、気づかないようにしている説はありますが...)。

こんな偉そうなこと言っていますが、正直な話、私ははお金払ってまで勉強する気はないと言って、中卒で就職する予定でした。でも学校と親に止められて渋々進学しました。

どれだけ勉強が嫌いでも、勉強をしたほうがいいということは、頭のどこかにあると思います。その気持ちさえあれば十分だと思います。ここから、「勉強したほうがいい」理由を言語化していこうと思います!

 

勉強中にスマホを使う人のイラスト(女性)      勉強のイラスト「テスト勉強・女の子」

さて、前振りが長くなってしまいましたが、『なんで勉強しないといけないのか?』という問いに対して、私の考えを共有していきたいと思います。

 

結局なんで勉強するの?

視野を広げる

まず1つ目はこれです!

この「視野を広げる」という回答は見たことあるのではないでしょうか?具体的にどういうことか理解できますか。

色眼鏡で見る人のイラスト(女性)

例えとして、筋トレが好きな友だちが、「筋肉についてもっと勉強して、筋肉になりたい(...ん?)」という話をしたのを思い出しました。さらに、「筋トレのことは勉強することがなくなったし...」と残念がっていました。

これはみなさんでも感じ取れるくらい視野が狭いですよね。本当に脳筋ってやつなんでしょうか?

筋トレのイラスト「ダンベルを持ち上げる男性」

私は筋トレには全く詳しくないですが、

 「より筋肉をつけるなら、栄養学勉強したら?」

「筋トレの方法だけでなくて、筋肉の付き方とかの人体構造は?」     

 「心と体は関係しているだろうからスポーツ心理学とか!」

ぐらいの助言はできましたし、もっと調べると「運動生理学」というものもあるようでした。

 

視野を広げて物事を見ることが出来ると、自分はもちろん人に対してもメリットになるのではないでしょうか?

 

魅力ある人間になれる

2つ目はこれです! 1つ目とは違って、あまり聞かない考えではないでしょうか?

これはどういうことかと言いますと、先ほどの例でも少し感じることが出来るように、様々なことを勉強・学ぶことで、多くの知識を得て、その知識を困っている人などに使って助けることが出来れば魅力的と感じませんか?

 

あまり大きな声では言えませんが、自分の魅力によって評価されるバイトをしていました(察してください...)。

この時どのような人が魅力的と評価されていたかというと、「様々な話題に対して受け答え出来て、自分の意見を表現できる人」でした。自分が話したい話題に対して興味を持っていて、それに対して、その人なりの意見を持っていたら、嬉しいし、話しても楽しいし、魅力的に感じるのは必然だと思います。

目を輝かせている人のイラスト(男性)

「知識は人を豊かにする」という言葉があるように、学んで得たことは、自分を魅力的にしてくれるのではないでしょうか!?

 

それでしか平等に評価することが出来ないから

最後はこれです!

受験生に対してこれが言いたいがために、この記事を書いたといっても過言ではありません。

どういうことかと言いますと、例えば、大学入試は、「顔と性格の良さで評価する」となったらどうしますか?「顔」という生まれ持ったものと、「性格」という不確定な要素で評価するのか!?と大炎上するでしょう(汗)

勉強は平等で公平です!もちろん才能もあるとは思いますが、ある程度のところまでは努力すればどうとでもなるで、平等に評価しやすいと思います。

勉強会のイラスト(いろいろな人種)            勉強している動物のイラスト「うさぎ」            寺子屋で学ぶ子供たちのイラスト

 

 

その中でも汎用性が高く、大学での専門的な学びに繋がりやすい、国語・数学・英語・理科・社会というものが選ばれているのではないかと考えています。

スポーツはどれだけ頑張っても才能やセンスがある人には勝つことは厳しいです。そんな人が努力したら無理に決まっています。自分自身、それを体感したからこそ、勉強の「平等性」には魅力を感じるし、勉強(もっと言えば学ぶこと)が好きです!

これまで勉強は才能で片づけた人、勉強はこの世で最も才能の影響が小さいものです。一世一代の努力を、勉強に捧げてはどうでしょうか!?   

 

これだけは間違いなく言えます、「マイナスになることは100%ない!」

 

最後に...

みなさんどうでしたか? そういう考え方もできるかと思ってもらえたでしょうか?

ぶっちゃけ、『なんで勉強しないといけないのか?』に対する答えはないと思うし、自分なりの考えが1つあれば、それに向かって勉強していけばいいと思います!

お気づきの方もいると思いますが、そうです! 私は勉強が好きです!

                                                           勉強が好調な人のイラスト(男性)

勉強に対して本気で取り組んだから、身をもって勉強の価値や良さを感じることが出来ました。そして、様々なことを学べば学ぶほど、自分を豊かにして、人から評価されて、自分のことが好きになる... ここまで良い事しかないことがあるでしょうか、いや、ないでしょう!(反語) (←古文ちゃんと勉強してね!)

 

是非、みなさんにもこの感情を体感して欲しいです!受験勉強で一皮も二皮むけた自分を見るためにも、

「なんで勉強しないといけないの?」と言っていないで、すぐに勉強に取り掛かってください!!