高2から始める受験勉強!~早めに勉強を始めるメリットとは~

刈谷校・

 みなさんこんにちは!武田塾刈谷校講師のIです!!

 受験生は共通テストが終わり、受験の終盤を迎えてきましたね。夢のキャンパスライフに向けて、ラストスパートをかけていきましょう!

いつごろから受験勉強を始める?

 ところで、皆さん(特に高校2年生)はいつごろから受験勉強を始めようと思っていますか??

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(男性)

 多くの人が高校3年生になってから、もしくは高校2年生の終わりごろから受験勉強を始めようと思ってるのではないでしょうか。

 事実、私も受験勉強を始めたのは高校2年生の終わりごろからでした。でも、何からやれば良いのかわからない、どうやって勉強すれば良いのかもわからない。とにかくわからないことだらけで、とりあえず単語帳を買って、1日10~20個覚える程度の勉強でした。(笑)
 そんな”受験勉強”ということさえわからないときに、私は友達の紹介によって武田塾を知り、入塾することになったのですが...

 さて、話を戻しましょう。いつごろから勉強を始めるのか、ですね。

 受験勉強を終えた多くの人が口をそろえて言うことは、『もっと早めに受験勉強を始めていれば良かった。』ということです。
 私は大学1年生なのでまだ受験から一年経つか経たないかくらいなのですが、実際に受験を終えた周りの同級生たちに感想を聞いてみると、大体同じようなことを言っていました。受験を終えた人達の、ホヤホヤの感想ですよ!(笑)

 

 では、なぜ受験を終えた多くの人が『もっと早めに受験勉強を始めていれば良かった。』と言うのでしょうか。
 次は、早めに受験勉強を始めると何が良いのか、という話をしていきましょう。

 

早めに受験勉強を始めるメリットって?

受験生の置かれている環境は様々

 大学受験というのは全国の何十万人が、数百ある大学への入学を狙う、言わば、戦争です。事実、令和2年度まで行われたセンター試験の受験者数は、毎年50万人を超えていました。

 そして、タイトルにあるように、一概に50万人の受験生といっても、置かれている環境は様々です。私立高校に通っているのか、公立高校に通っているのか、浪人生だって同じ受験生です。私立高校だと一年生のころから受験を意識した授業を行っている学校もあります。ましてや浪人生はもうすでに一年間受験というものを経験しています。経験値が違います。勉強量も現役生と比べてプラス一年です。

 ね?すでにスタートラインが様々でしょ?この人たちと戦うんです。少しは早めに受験勉強を始めたほうがいいかもって思えてきましたか?もしかしたら、もうすでに全国の受験生に置いていかれているかもしれませんよ!!

 

気持ちに余裕が生まれる

 精神論になってしまいますが、もう一つ、早めに受験勉強を始めるメリットについて話しておきましょう。

 先ほどは広い範囲から見た全国に受験生についてお話しましたが、ここでは狭い範囲、つまり、学校内や同じ教室内にいる受験生に視点を当てていきましょう。

 今、あなたの周りにいる人たち(例えば、教室内にいる人、机の前後左右の人)は、受験勉強をしていますか?

 している人がいるのならば、今すぐにあなたも受験勉強を始めてください。もうすでに置いていかれていますよ!
 している人がいない、という人。「周りがしてないならまだ始めなくていっか!」なんて思っていませんよね?すぐに受験勉強を始めてください。
 (周りに受験勉強をしている人がいようがいまいが、結局今すぐ受験勉強を始めろって同じこと言ってるじゃないか!って思ったあなた。そうです。今すぐ受験勉強を始めてください。)

 周りが勉強していないのら、むしろラッキーなんです。だって、周りがまだ勉強していない中、あなただけ勉強をしているんですよ?優越感、ありませんか??『気持ちに余裕が生まれる』ということはこういうことなんです。

 ただ、これはなかなか強いメンタルを持っていないと難しいかもしれません。テスト週間でもないのに、ましてや周りの人たちは遊んでいるのに、自分だけ勉強するのですから。

 しかし、気持ちに余裕が生まれることは、受験勉強が進んだ時期の受験生のメンタル面にも良い影響を与えます。高校2年生の人たちにはまだ実感がわきにくいかもしれないのでここでは詳しく説明しませんが、重要なのは、『受験勉強を早めに始めることは、気持ちに余裕が生まれ、自分の自信にもつながる』ということです。このことを押さえておいてください。

 

では、具体的に何をすればいいの?

 では、受験勉強を始めるといっても、具体的に何をすれば良いのでしょうか。

ズバリ、「英単語を覚える!!」です。

 「受験生と言えば英単語」という感覚、持っていませんか?私が高校2年生のころは持っていました。「受験ってよくわからないけど、とりあえず英単語やってるな。」みたいな(笑)

 もちろん、できるのであれば英単語以外にも受験勉強を始めてください。ただ、受験校も決まっていない、友達もあまり受験モードではない、といった状況で、モチベーションを維持しながら長時間勉強を続けることはなかなか難しいことです。

 その点、英単語は比較的短時間で覚えることが出来ます。武田塾の塾生は一日100個の英単語を90分で覚えます。さらに早いと60分で覚えてしまう人もいます。これには武田塾直伝・単語の覚え方というものがあるのですが…。

 武田塾直伝・単語の覚え方って何!?詳しく知りたい!という方は、下のリンクから、武田塾の「無料受験相談」に問い合わせください。

無料受験相談

 

 早めにやりすぎると、せっかく覚えた単語も忘れてしまうんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。しかし早めに英単語に取り組んでいて、いざ受験勉強が本格的に始まった時に「あっ、忘れてたけど覚えたことあるな」と感じることと、「今まで単語勉強してなくて、初めて知った」と感じることには大きな差があります。必死に周りの受験生が覚えている単語を、もう知っている状態でスタートできるのです。

 また、英単語はやればやるだけ得です。繰り返せば繰り返すほど定着率は上がります。学術的な根拠もあります。

受験勉強って何から始めれば良いの?と迷っているあなた!まずは単語帳を買い、一日の目標を立てて、英単語を少しでも多く覚えていこう!!

 

最後に…

 以上が、早めに受験勉強を始めるメリットと受験勉強って具体的に何から始めればよいのか、という内容でした。

長々と書いてしまいましたが、何が言いたいかというと、受験勉強は早めに初めて損はない!ということです。

 高校2年生の皆さんは、まだ時間に余裕があります。その時間の余裕を生かして、少しでも志望校に近づけるように、勉強を進めていきましょう!!

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 刈谷校へ