【数学】センター試験で6割、8割突破するための勉強法

可児校・

みなさん、こんにちは‼ E判定からの逆転合格の武田塾可児校です‼

今回はセンター試験の数学で点数を取るための勉強法について紹介します。

8c2bcdaef228d51e2bc8d866d16640f2_s

センター試験の数学で6割、8割取るには?

今年で最後のセンター試験!

国公立受験のためには、避けては通れないものですよね。

数学が苦手という人も多いのでは無いでしょうか?

まずは平均あたりの6割、国公立で勝負できる点数の8割取るための対策をしていきましょう。

点数が取れない原因は?

センター試験の数学で点数が取れない理由は主に4つです。

①公式などの基礎知識の暗記不足

②知識はあるけれど、解くのが遅い。またはミスが多い。

③極端に苦手な分野が存在する

④センター形式の演習をこなしていない(過去問や実戦問題集など)

まず、6割取れない人はこれら4つの原因を1つずつ解決していきましょう。

センター試験で6割を突破するには?

では、実際に上記4つの原因を解消する方法を紹介します。

これらを解消すれば6割突破は十分に可能だと思います。

①公式などの基礎知識の暗記不足の対処法

公式などの基礎知識の暗記不足に該当する人は

当然のことですが、基礎知識・公式の暗記をしてください。

センター試験では公式レベルの知識は覚えていないと話になりません。

そのうえで、早く解けるようにしましょう。

センター試験の数学は時間との戦いなので、早く解けて当然という状態にしておかなければいけないでしょう。

②知識はあるけれど、解くのが遅い。またはミスが多い。の対処法

解くのが遅いのは、センター試験形式の演習量が不足しているというのが考えられると思います。

ですが、もっと根本的なところに原因があります。それが反復練習が足りていないということです。

センター試験数学で高得点をとるカギは「解ける問題をいかに短い時間で解くか」ということです。

各大問の序盤の部分は単純なものが多いです。

ほとんどの場合、センター試験や模試で過去に同じ形式で聞かれたことのある問題ばかりです。

だから、しっかりと解法をマスターしていれば、かなり早い時間で終わらせることができます。

制限時間の設定がかなり無茶のある教科なので、どこかで時間を削減していくのは大きな課題です。

また、早く解くことは大切ですが、計算ミスやケアレスミスをしてしまっては意味がありません。

ミスを減らすには、ミスしたときにどこでミスしたのかをしっかり把握して覚えておき、同じミスを繰り返さないことが大切です。

間違えた経験を本番の試験で活かせるようにしていくのが重要でしょう。

③極端に苦手な分野が存在するの対処法

6割に到達していない人で極端な苦手分野がある人は多いのではないかと思います。

特に確率・数列・ベクトルなどが苦手な人は多いですよね。

苦手な分野があるとセンター数学ではかなり不利になります。

なぜ不利になるのかというと、確実に毎年出されるからです。

普段、点数が取れている範囲でも、緊張感やプレッシャーなどで本番になると解けなくなる可能性があります。

そういったときに確実に点数を落とす部分があったら、それだけでアウトになります。

もし完答できなかったとしても、各大問で8割得点できる実力をつけておきましょう。

④センター形式の演習をこなしていないの対処法

センター形式の問題演習をこなしていないというタイプの場合

記述式の解き方に慣れてしまっていてセンター用の省略した解き方ができない、または、決まった分野が出されるセンター試験の形式に慣れていないなどが考えられます。

要するに試験に対する準備不足です。

ただ、原因がこれだけの場合は慣れれば点数がしっかり取れるようになるので、練習をしっかりしておきましょう。

 

ここまで、4つの要素についてお話ししましたが、一言にまとめると「当たり前のことをしっかりとこなせていない」ということです。

なんとなくの勉強を続けていてはセンター試験では点数は取れません。

センター試験の得点力は徹底的な反復練習によって磨かれます。

現時点で上の項目に当てはまる人はすぐに解決しましょう。

925f3a459cdaf7e89bdfddd1c215686f_s

センター試験で8割を突破するには?

センター数学で、確実に8割を取るには満点を取れる実力が必要です。

この8割というのは、満点を取れる人がミスで失点したり、本番のプレッシャーや緊張感で時間が足りなくなってしまって取る点数です。

なので、今の段階で8割取れている人は対策次第で十分本番に満点を狙える位置にいます。

6割取れている人の多くは、各大問の序盤部分を解き、さらに1つの大問を完答できるといった程度だと思います。

ここから点数をさらに伸ばすには完答する大問を増やす必要があります。

そのためにはどうするのか?

重要なのはほかのブログでもお伝えしている基礎を完璧にするということです。

完璧にするとはどういうことか?

「その公式が何を求めるために使えるのか」

「この問題はどういった手順で解けるのか」

ということをしっかりと理解することです。

センター数学の場合、出題のされ方がある程度パターン化されてしまっています。しかし、各大問の最後の問題だけは暗記だけでは解けない問題も出されることがあります。

こういった問題を解く場合、何を求める必要があって、それはどうすれば求められるかをしっかり理解している必要があります。

使うべきところで適切に公式を使う!

これがしっかりできるようになれば、センターレベルの問題は楽に解けることでしょう。

では、どのようしてこの力をつけるのか?

それはやはり、センター試験の過去問や実戦問題集での演習です。

ただし、1日にすべての大問を解くのではなく、1日に1つの大問を通しで全部やります。

例えば、今日は数ⅠAの第1問、明日は第2問という形で大問を通しで全部やるという感じです。

こうすることで、この大問ではどういったことが聞かれるのかというのが、より鮮明にわかります。

ぜひ、このやり方を試してみてください。

 

無料受験相談

無料受験相談画像

武田塾可児校では、どんな参考書を使ったらいいのか?とか

自分は今から勉強を始めるとして何からしたら良いのか?と不安な人のために、一人一人の状況に合わせて個別に具体的なアドバイスをする無料受験相談を行っています。

相談に来たからと言って、無理に塾に入る必要はありません。

やる気のない生徒のやるきっかけになったり、やる気がある生徒の勉強のコツをつかむきっかけになったらという願いから、こういった機会を設けております。

来ていただく時に、具体的な質問を用意してもらえるとこちらも解決しやすいです。

完全個別相談なので、ご案内できる人数に限りはありますが、お気軽に下記フォームまたは校舎電話にてお問い合わせください。

無料受験相談

電話:0574-63-0536

(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

武田塾可児校(逆転合格の1対1 完全個別指導塾)

武田塾可児校のHPはコチラから!!