完全版!元生徒が語る美濃加茂高校への進学をスムーズに行うには~

可児校・

こんにちは! 武田塾可児校講師の金子です。

今日は通っていた生徒しか知らないような美濃加茂高校の一面や裏情報、プチ情報などをもりもり紹介をしてみたいと思います!!

 

これは塾のブログであるから、これを見ている皆さんは

おそらく美濃加茂高校の勉強(授業の様子や進学実績など)に興味を持っているのだろう。

私もそうした需要があるものと想定してこのブログを書いていこうと思う。

したがって、「美濃加茂高校へ行って遊びたい」と考えている皆さんは

これを読んでもあまりよい情報は得られないから、特にこれを読む必要はない。

そこを最初に断っておくことにしよう。

 

さて、ネットで「美濃加茂高校」と検索すると、

30 個ほどの口コミが出てきて、「校則」 「いじめの少なさ」

「部活」「進学」「施設」「制服」「イベント」と

それぞれにおける在校生や卒業生のこの学校の評価が書いてある。

 

その中には、客観的に評価したものやほかの高校と比較したもの、

自分の進学実績が悪いのを学校に八つ当たりしたものなど様々なものがある。

 

私もこの項目にある程度沿って書いていくが、私があまり関わらなかったものや

このブログの趣旨とずれているものに関してはあまり詳しくは書かないつもりであるから、

さらなる情報が欲しい場合はそのページを参照していただきたい。

 

逆に、勉強面ではその口コミにはない裏話に近いものまである程度詳しく書いていきたい。

 

52102e197631353fe25763a3d9628d59_s

 

 

美濃加茂高校の学生生活の紹介

まずは校則から。

割と厳しい方なのではないか。

ただ、普通にしていれば特に問題はない。

少なくとも秩序がなく、校舎の至る所で問題が発生しているよりはよっぽどいい。

学校は社会規則を学ぶ場所でもあるのだから。

 

いじめは見かけない。

私がアドバンスやチャレンジとの関わりが

ほとんどなかったからというのもあるだろうが、

少なくとも蛍雪にはないと言ってよいだろう。

制服やイベントについては、今回は割愛して勉強の話に入っていこう。

美濃加茂高校・蛍雪コースの紹介

 

ここからは、何も書かれていない限りドリカムコース(中高一貫)と

蛍雪コースについて書いていく。

ほかのコースについては私自身よく分からないことが多いので、

あまり詳しくは書けないのである。その点はご承知いただきたい。

まずは時間割であるが、

蛍雪は平日は通常が 6 または 7 時間目まであり

模試が近くなると放課後に模試の過去問をやる。

 

これによって授業でやった問題の応用がどこまでできるのかや、

いずれ受験する「模試の本番」に向けた準備をすることができる。

 

模試には大学での頻出問題が多く出題されるから、

「問題に慣れる」という面から意味のあることである。

 

ちなみに、このことは「模試の偏差値で自分の立ち位置を知る」と

いうことに関しては別問題である。

(これは【美濃加茂高校から名大に受かる勉強法】という別のブログに詳し
く書いてあるから、興味があれば参照していただきたい)

 

また、土曜日はほかのコースが授業がない日や、

午前中で終わる場合であっても先ほど書いた「模試の過去問」や、

「進特」と呼ばれる 90 分 1 コマの授業があるため、

学校を出るのは 17 時頃となることが多い。

 

ここでは、蛍雪とドリカムコースの中でも

成績が上位の生徒を対象として主に難関大学の入試問題の演習授業をする。

選ばれなかった人には自習室が設けられ、そこで自習をするため、

選ばれなかったからといって早く帰ってよいということはない。

 

ちなみに、教室は進学コースは全て 4 階に集まっている。

これは、ほかのコースが授業を終え、騒がしくなったとき、

集中して授業や演習ができるようにという配慮である。

 

したがって、この高校では勉強をする時間や課題、環境はある程度先生から与えられる。

「それをうまく利用すれば、ただ与えられたものをしっかりと

 やっていただけで知らないうちに学力がついていた。」

となるのである。

 

「自分で何をやったらいいか分からない」というタイプの人には合っていると思われる。

逆に、 「自分の勉強方法がしっかりと確立できていて、それに沿ってやりたい」という人にとっては

「与えられた課題だけで終わってしまい、自分の勉強ができない」ということが起こるかも知れない。

 

まあ、とりあえず与えられたものを手抜きをせずにやっていれば、

中堅国公立大(岐阜、三重、静岡、金沢あたり)や

準難関私立大学(MARCH、関関同立、名城、南山あたり)は

十分狙える位置につくことができることは保証しよう。

 

もちろん、課題を出さなかったり手を抜いたりした場合はこの限りでない。

 

233ced5a3dacd670e880379a04d71dea_s

次に、授業の内容である。

授業では、まずはやや速いペースで高校の内容をやり、

英語では 2 年生の後期あたり、数学は 3 年生の前期あたりからは

本格的に入試問題の演習授業に移行する。

 

比較的多くの時間を入試問題に割いている印象である。

また、プリントをもらうなど個人でのレッスンも始まる。

 

進学クラスを持つ先生のレベルはかなり高い。

これは大学に入っていろいろな話を聞いて思ったことである。

また、大学についての知識も豊富であり、頻出問題もよく心得ている。

質問をすれば一人一人丁寧に教えてくれるため、

これに関しては申し分ないのではないか。

最後に、部活と両立できるかについて書く。

 

結論から言うと、できないことはないが、相当の覚悟がないと難しい。

 

美濃加茂高校では、1 年次のみ何らかの部活や同好会に入ることが義務づけられる。

中にはブラスバンド部などの活動時間が長い部活の入る生徒もいるが、

大半の生徒は美術同好会などの活動がほとんどない同好会に入って一度も出ない、

という状況になっている。

 

また、ほぼ全員の生徒が 2 年生に進学時に退部し、勉強に専念することとなる。

課題もかなり出されるので、部活を続けることは少し困難だと思われる。

 

したがって、逆に部活をしっかりやりたいのなら、

蛍雪ではなくアドバンスに入学した方がよい。

 

72ab47e72f892349cf4c6a05c9703f61_s

 

アドバンスからも毎年、中堅私立大学の合格者は(主に推薦であるが)多く出ている。

まとめると、美濃加茂高校の進学コースはかなり大学受験に力を入れていて、

その波に乗りさえすればある程度の難関大学に行ける学力がつくということである。

 

もちろん、旧帝大などのさらに高い大学に受かるためには、

個人個人で工夫した勉強を要するのだが、

それらの相談に乗ってくれる先生はいるので、

そこも心配はないであろう。

 

これを読んだ皆さんが少しでも美濃加茂高校について新たな知識を得て、

高校選びのための一助になっていただけたら幸いである。

 

 

武田塾では受験本番当日から逆算して、

効果的に反復練習ができるように個人に合ったカリキュラムを

組み立てていきます。

 

さらに、組み立てたカリキュラムが計画倒れにならないように、

しっかりと実践できるようにサポートしていきます!

 

受験生の方で、少しでも興味を持たれたら、

お気軽にご連絡下さい!

 

無料受験相談

 

◆ お申込みは、こちらまでお電話ください!

電話:0574-63-0536

 

(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

 

武田塾可児校(逆転合格の1対1 完全個別指導塾)

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談