金沢 塾 大学医学部「石川県の高校の国公立大学医学部合格!」

金沢校・

こんにちは、武田塾金沢校です!

ホントに暑い日々が続いてます。少し外を歩いているだけで汗が出てきます。もう夏になった気がします。でも、まだ5月下旬なのですね。今年の夏は、この天気の暑さと日ごとにアップしてくる武田塾金沢校の塾生の受験勉強への熱さで、こちらの周りはかなりヒートアップしそうです。

ところで、今月の20日に「アクタス6月号」が発売されました!この本です。

IMG_0371 (1)

この時期の「アクタス」には、受験情報が満載です。大学受験に興味がある高校生・既卒生・そしてその親御様の方々に、今日は、この「アクタス」の記事で気になったことをお話をしたいと思います。

まず、石川県の高校の今年の大学医学部医学科の合格状況についてです。

毎年毎年、大学医学部医学科の合格は難関ですね。石川県の高校から大学医学部医学科に合格者を出したのは全部で8高校のみです。特に、最難関レベルですが学費も安くお得な国公立大学医学部医学科に限ると石川県全体で合格者数が50人、現役合格者に限ると22人のみです。昔も今も大学医学部医学科の合格をつかむのは大変です。

こちらが大学医学部医学科を受験した25年前はその受験準備は中3から始まると言われていました。つまり大学医学部医学科の進学に有利な高校(つまり、一緒にがんばれる友人が校内に多くいる、カリキュラムが受験に特化している)に進学することから、大学医学部医学科受験が始まるということです。そして、その高校で一生懸命頑張る!それが当時の大学医学部医学科に進学するための王道でした。

それが、ここ二十数年で変わってきました!最近の高校生たち(特に首都圏や関西圏の)は受験勉強を高校ではなく塾や予備校でしています。彼らは、塾や予備校で受験の専門家たちと自分たちの志望大学に合格するための作戦を考え、現状に応じた各教科の実力アップや弱点補強をします。ですから、同時に複数の塾や予備校に行くのが普通です。英語強化なら英語の強いH塾に、数学強化なら数学の強いS塾に通塾する、そうやって一教科ずつパワーアップし、総合的に全教科を仕上げて、大学受験に立ち向かってくる、国公立大・私立大を問わず大学医学部の受験生にはそんな受験生が数多くいます。では、そんな全国のライバルたちに競い勝った石川県の主な高校についてお話させていただきます。順位は、大学医学部医学科の入試の合格者数の多い順です。

 

 1位.金大附属高校38人

・卒業生が127人に対して、国公立大学医学部医学科の合格者23人(内・現役生11人)・私立大学医学部医学科の合格者15人(内・現役生6人)の実績はかなり素晴らしいですね。合格率にすると全国でもトップクラスです。ただ、この高校の合格者は既卒生が多いですね。国公立大学医学部医学科合格者の過半数、私立大学医学部医学科合格者の60%が既卒生となります。もともとが優秀な人が多い高校だけに既卒生合格者たちも高校生だったときに武田塾のようなしっかりとしたカリキュラムで学習していたらおそらくだいたいは現役合格していたかもしれないと思うと残念な気がします。

  

 2位.泉丘高校26人

・卒業生391人に対して、国公立大学医学部医学科合格者17人(内・現役生5人)、私立大学医学部医学科の合格者9人(内・現役生1人)の実績はなかなかいいですね。公立高校としては全国でも有数な良い実績です。さらに地元の金沢大学医学類にしぼってみると合格者15人(内・現役生4人)は高校別合格者数でトップの数字です。さすがです!ただこの金沢大学医学類の入試ですが、今年、泉丘高校の高3生は15人受験して合格者は4人だったときいています。そう考えるとやはり難関な大学入試には一般的なハイレベルな指導だけではなくその生徒に応じた指導が必要なのかもしれません。

 

 3位.小松高校

・卒業生318人に対して、国公立大学医学部医学科の合格者5人(内・現役生5人)、私立大学医学部医学科の合格者4人(内・現役生1人)の実績です。

 

 4位.星稜高校

・卒業生547人に対して、国公立大学医学部医学科の合格者2人(内・現役生なし)、私立大学医学部医学科の合格者4人(内・現役生1人)の実績です。さすが、理系に強い高校です!

 

 5位.錦丘高校

・卒業生340人に対して、国公立大学医学部医学科の合格者1人(内・現役生なし)、私立大学医学部医学科の合格者2人(内・現役生なし)の実績です。優秀な錦丘中学からの進学者も多い高校ですが、難関の大学医学部医学科合格を狙うとなると、しっかりとした特殊な学習が必要なのかもしれません!

 

 7位.二水高校

・卒業生394人に対して、国公立大学医学部医学科の合格者1人(内・現役生なし)、私立大学医学部医学科の合格者1人(内・現役生1人)の実績です。以前は学習も生活指導も生徒の自主性に任せることの多かった二水高校でしたが、最近は見違えるほど高校の指導が入り厳しくなっています。ただ、ときにはハイレベルの学習をやり過ぎて生徒たちが戸惑っていることがあります。

 

では、この国公立大学医学部医学科合格ですが、石川県内の各高校で上から何番ぐらいにいなければ合格できないのでしょうか?国公立大学医学部医学科合格のレベルでいいますと、おそらく上位に来るのは東京大学と京都大学ぐらいでしょう!その合格者数を考えますと、次の数字が出ました!

 ・金大附属高・・・上位33番まで(現役合格なら上位16番まで)

 ・泉丘高・・・上位39番まで(現役合格なら上位16番まで)

 ・二水高・・・上位22人番まで(現役合格なら上位1番のみ)

 ・星稜高・・・上位3番まで(現役合格なら上位1番のみ)

つまり、各高校でこの順番より上にいることが国公立医学部医学科の合格ライン上にいることになります!

では、今、模試とかで学校内順位がこのラインより低かったらどうすればいいのでしょうか?

みなさん、もうおわかりですね!

そうです!「逆転合格」をめざすべきです!

 

武田塾は、「逆転合格専門塾」です!

逆転合格するためのノウハウも、一緒にがんばっている熱い仲間も、優しいから厳しいすぐれた講師も、逆転合格に必要な何でもが武田塾にあります!

今、合格するには厳しいかもしれないけど絶対進学したい大学のある人、一度、武田塾の受験相談を受けてみませんか?

 

只今、夏期講習第1弾いよいよ受付スタート!

お問い合わせは、武田塾金沢校HPからが便利です。

電話076-256-5543であれば平日10:00~22:00火曜除く

土日であれば10:00~19:00であればお受けいたしております。

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談