金沢 塾 大学受験 受験勉強の開始は早い方がいい!武田塾金沢校

金沢校・

金沢校写真2

こんにちは、武田塾金沢校です!

とうとう12月になりめっきり寒くなってきましたね。風邪も流行っているようです。

受験生のみなさんは、健康面にも気をつけてくださいね。

ところで、武田塾金沢校では、今、塾生たちの進路相談会の真っ最中です。

進路相談会とは、各塾生たちの学習意欲・入塾からの学習の進度・全統マーク模試や全統記述模試の点数や偏差値の移り方などから大学受験直前になってあわてないように今のうちに受験大学を塾生・塾の親御様・武田塾のスタッフで検討していくものです。

高校の勉強は中学の勉強と異なり範囲も広くレベルも難しいので2,3か月ではなかなか実力試験や模試の点数が上がりません。個人差はありますが、しっかりとした方法で必死にがんばって点数が上がるまで普通3か月から6ヵ月かかります。

ですから、本来は武田塾金沢校に高校1年生や高校2年生のうちに来て学習し英語や数学の学習法や教科の基本をしっかり固め、高校3年生の4月から受験勉強を始めれば早くて8月の全統マーク模試で、遅くても10月の全統マーク模試で良い結果が出ます。

そうなったらしめたものです!あとは11月の全統センター試験プレ摸試で調整をし、余裕をもって来る大学入試センター試験を受験することが出来ます。これが理想的な国立大学受験合格のストーリーです!

しかし、実際は、こういう塾生ばかりではありません。

高校3年生の6月の部活引退後や夏休み後に入塾する高校3年生もいます。

確かに武田塾に来てくれた高校生の多くは真面目でがんばりやさんが多いので、「学校の宿題が多いので塾の受験勉強が出来なかった」や「学校の行事の準備のため勉強時間があまりとれなかった」などの言い訳などせずにしっかり受験勉強をがんばれればほとんどは点数が上がります。

でも、こういうギリギリに入塾した塾生の場合、点数は上がるが、なかなか第一志望の大学の合格レベルまで達することが出来ません。

事実上の最終摸試である全統センター試験プレ模試は11月下旬・12月上旬なので「やっとマーク模試が解けてきたな」という手ごたえは感じつつも合格レベルA判定やB判定などの安心感を勝ち取ることは厳しくなってしまいます。

そのとき、こちらは彼らたちをあと1か月間励ましつつ学習を続行させ、1月中旬の大学入試センター試験本番で合格点(最低合計レベうB判定)がとれるように指導します。

この1カ月間は、受験生の彼らにとってなかなか厳しいものがあります。

現在、高校2年生や高校1年生のみなさん、大学受験直前になってあわてないように、時間のある「今」からがんばっていきませんか?

高1高年生にとってはこの時期は本当にチャンスの時期です!!

武田塾は抜けている基礎や基本から仕上げていく塾ですので、当然伸びていきます!

でも、時間が短いと、短期勝負は大学受験の勉強としては、基礎や基本からの積み重ねがなかなかできていかない。

高1高2年生で武器科目を作るならこの冬はお勧めです!!

今は受験相談は非常に多い時期ですので、お申し込みは武田塾金沢校HPからが便利です!

お電話によるお問い合わせは076-256-5543(水曜除く13時30より受け付けております)

受験相談はとても大事ですので、本人と親御様とご一緒にお越願います。

その際、出来れば直近の模試の結果がわかる資料をご持参願います。

宜しくお願い致します!!

武田塾金沢校 校舎長 表直樹
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談