浪人から逆転合格!同志社大学、東京理科大学、中央大学に合格!

金町校・

同志社大学、東京理科大学、中央大学に合格!

こんにちは!武田塾金町校です!

今回は、金町校から同志社大学理工学部、同志社大学生命医科学部、東京理科大学理工学部、中央大学理工学部に合格した生徒H・Kさんを紹介したいと思います!

素晴らしい合格実績ですね!彼は、浪人生として、1年間武田塾で勉強をしていました。

【2021年度金町校の合格速報はこちら!

 

武田塾での成績の変化

では、早速ですが、H・Kさんが武田塾で受講していた、英語、数学、物理の得点の推移を見てみましょう!

(第1回と第3回の武田塾模試を比較しています。)

 

 

保坂君 偏差値保坂君 得点

 

数ⅠAの偏差値が20アップ! 英語、数ⅠA、物理の点数大幅アップ!

 

彼は、現役のときに芝浦工業大学に合格しており、もともと成績は悪くなかったのですが(センター試験7割程度)、この一年間でも着実に勉強を進め、大幅に点数を上げることが出来ました!

特に、数IAの伸びは素晴らしいですね!!

 

どうして武田塾で成績を伸ばすことが出来たのか。

先ほど、H・Kさんの成績の伸びを見てもらいましたが、その秘密は武田塾の指導にあります!

 

武田塾では、宿題ペース管理・確認テスト・個別指導でH・Kさんの自学自習のサポートをしてきました。

 

この3つについて簡潔に説明すると、

 

宿題ペース管理は、「1日ごとに何を勉強すれば良いか明確にする」

 

確認テストは、「学習した内容が定着しているかチェックをする」

 

個別指導は、「1対1の完全個別指導、しかも担任制で生徒の勉強をしっかり指導する」

 

ということです!

 

H・Kさんの場合

特に過去問の対策に力を入れていました。問題集をたくさんこなした後に、実践的な問題を多くこなすことで、模試などで偏差値が取れるようになっていきました。

その過去問の演習1回1回を質の良いものにするために、個別指導で先生に細かく過去問の使い方や復習の仕方などを指導してもらっていました!

 

【詳しい武田塾での指導方法はこちら!

 

H・Kさんに武田塾について聞いてみた!

Q1 武田塾に入ったきっかけはなんですか?

A1 一人一人へのプランを与えてくれると知っていたので、武田塾に興味を持ちました。

 

Q2 武田塾に入ってから勉強法や成績は変わった?

A2 浪人していたので、数学・物理に関しては自分の弱点を知っていたため、個別指導を通して補強しました。それにより理系科目は安定しました。

 

Q3 担任の先生はどうだった?

A3 勉強の悩みを熱心に聞いてくれました。また、浪人中は人と話すことが全く無かったので、とてもいい息抜きになりました。

 

Q4 武田塾での思い出はありますか?

A4 真面目な生徒が多く、切磋琢磨し合える環境でした。

 

H・Kさんおすすめ参考書

標準問題精講(数学)

 

H・Kさんのコメント

難関大への数学の基礎が身につきます。早慶以外の私立ならこれで十分です。

武田塾のコメント

標準問題精講は模試や大学の2次試験などの高いレベルに合わせた汎用性のある例題を多く扱っています。

そのため、この問題集で得られた考え方や発想を基に実際の入試に挑むことができるわけですね!

応用力を身につけるためには、その基礎となる土台が必要です!

それを身につけてくれる一冊ですね!

 

最後に

H・Kくんは自習室に毎日通っていました!【金町校の自習室についてはこちら

元々現役生の時は芝浦工業大学に合格していたのですが、凄まじい努力で同志社大学への進学を決めました!

彼は特に過去問のやり込みがすごかったですね。また、解いた過去問についての分析や、対策をきちんと講師の先生と行っていたことも合格を勝ち取った要因なのではないでしょうか!

金町校に無料受験相談に来てから塾の説明を受けてここならば自分の実力がつくと感じ取ったのかほぼ入塾を即決していた記憶があります。

ぜひ今塾探しや、勉強法で迷われている方がいらっしゃりましたら、一度無料受験相談に足を運んでみるのはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください。

無料受験相談