受験校はもう決まってる?併願校は何校受けるのがベストなの?

いわき校・

こんにちは。

武田塾いわき校です。

受験生の皆様、受験校は決まっていますか?決め中でしょうか?

まだ全然決まっていない方、実感はわかなくても入試はもうすぐそこ、目の前ですよ!自分で調べたりしても決め手にかけるという場合は学校の先生や塾の先生に相談しましょう!!

さて、受験校の決め方ですが、いざ併願校を決めるとなると想像以上に迷いますよね。受験校は何校くらいにするのがベストなのでしょうか?

daigaku_toudai

 

併願校の決め方!

①チャレンジ校 2~3校(E~D判定)

過去問で合格点に届くか届かないか・・・のレベル

例えば、MARCHが不合格でも早稲田に受かった!とか、日東駒専に不合格でもその上のレベルに受かった!という例も実際に少なからずありますので、過去問で取れないし。。。と諦めてしまわずに出願してほしいです!!

 

②実力相応校 2~4校(C~B判定)

過去問で合格点がとれるレベル

 

③安全校 2~3校(B~A判定)

一番決めにくいのはこの『すべり止め校』ではないでしょうか。

併願校を決める時は、第一志望の大学と傾向が似ているところを選ぶようにしましょう。第一志望の入試問題に発音・アクセントの問題が出ないのに、滑りどめ校のために発音対策に時間をかけては本末転倒ですよね。また、最初に決めた学部に拘りすぎずに、日程の塩梅も見つつ幅広く検討しましょう。

よくあるのは、『MARCHに受からなければ浪人する!下はいかない!』のか、それとも『浪人はしない!受かったところに行く!』のかどうか。親御さんともよく相談しましょう。また、「MARCHより下は行かない」と決めていても、日大レベル校を受験して合格しておくと、「日大は受かった」という自信がつき浪人時代に不安定にならずにすんだなんて例もあります。全然行きたくないし~と思っている大学でも、合格を得ておくと「後がない」危機感が減るので、本命校の入試までの精神状態が違ってきます。「とりあえず受かってから考える」のもアリです。

 

④超安全校 1~2校(A判定)

どんなに不調でも99%合格できるレベル

 

受験校の合計数は

合計6~9校くらいで設定しましょう!

 

 

受験校決定時に配慮すべき事項

①第一志望校と問題の傾向・形式が似ている大学を選ぶ!

②得意科目の配点を考慮した受験校・学部・入試方式を選択する!

③受験日程を調べて、入試日がかぶらないように&連日になりすぎないように!

 

 

↓↓↓おすすめ記事をチェック↓↓↓

武田塾のカリキュラム(ルート)はすごい!↓
武田塾のルートがすべて終わるとこうなります!

全国の武田塾合格実績↓
武田塾2018年/2019年度合格実績・合格速報

2019年いわき校の合格速報↓
【速報】東京経済大学を特待で合格!ほか

【合格速報】2年連続で会津大学コンピュータ理工学部に合格!ほか

過去の合格実績です↓
実はかなりすごい合格実績(^^)

全国で一躍有名となった石嶋君は武田塾いわき校卒!↓
工業高校から奇跡の慶應SFC ダブル合格!!

就職率が凄いと噂の会津大学に現役合格↓
野球部の部活を引退してからの会津大学合格!!

無料受験相談とは

受験相談・山火

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと

などについてお話しさせていただきます

受験相談の詳細はこちら

 

「絶対に志望校に合格したい」という気持ちがあれば、

今の成績や高校のレベルは関係ありません。

 

「模試でE判定だけど合格できるかな?」

「受験勉強って何から始めれば良いの?」

「勉強してるのに成績が上がらない・・・」

 

とお悩みなら武田塾の無料受験相談にお越しください。

あなたが志望校に合格できるよう全力でサポートさせていただきます。

 

 

無料受験相談

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談