武田塾伊勢高周辺の高校情報  伊勢高校

伊勢校・

県立伊勢高校
住所:〒516-8515
   三重県伊勢市神田久志本町1703-1
設置学科:国際科学科40人(偏差値71)、普通科280人(偏差値66)
募集人数:1学年320人
設立:昭和35年

●特徴
伊勢高校は県内でSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている2つの高校の一つ(もう一つは津高校)
SSHに指定されると数学と理科において独自のカリキュラムを組むことができるので企業や病院、大学、国内国外の高校と連携しながらの活動などが積極的に行われている。
名古屋大学の工学部や三重大学の医学部との交流も実施されている。
卒業生によるとこのような取り組みに対して参加不参加は生徒の判断に任されているので強制ではない
三重偏差値ランキングで伊勢高校国際科学コースは四日市高校国際科学コース74に次いで県内2番目の高さの71、普通コースでは66と伊勢地域ではトップの高校

●評判等
基本的に理系科目の授業の進み具合は速い。基礎知識をしっかり頭に入れた状態で授業を受けないと理解が追いつかず置いていかれ始めると宿題をこなすことで1週間が終わってしまう生徒が多い。
宿題をしっかり初見で解けるレベルをキープ出来ていれば高3の受験時にセンター対策はいらない程度に学力は付く。

センター試験1カ月前の2学期末定期テストが終わってから45分授業で1回60分のセンター形式の問題集を行うなどの対策を授業で行っている。
普通に解ける程度では間に合わないので効率的な解き方を見つけないといけない苦しい状況になるので2学期末テストが終わるまでにはセンターで文系理系それぞれ筆記試験で使う科目のマーク模試で80%以上とれるレベルがないとつらい。
高校3年生になると8割近い生徒が塾や予備校に通い始める。
各教科に非常に良い先生がいた(10年前の卒業生)

 

 

しっかり前もって教科書やそれ以上のレベルの参考書等を使って先取りをしていかなければ宿題をするのに時間を取られて授業や宿題の復習の時間が足りなくなるので苦手と思う科目があるならば入学前から参考書で進めておくのがよい。一度遅れると中々追いつくのは大変なので遅れた科目は3ヶ月ほど計画を立てて取り戻すとよい。

平成25年度の卒業生の進路
昨年度は国際科学コースの7名が国公立大学医学部医学科に進学
校内の「進路だより」では昨年度の理系校内偏差値による進学先をまとめあったりと進学に対してしっかりとした指標を出したりしている。
理系校内偏差値 進学先
71 東京大学
68-70 京都大学
58-67 大阪大学
60-64 三重大学医学科
58-63 名古屋市立大学薬学部
56-60 名古屋大学
58-59 神戸大学
52-56 大阪府立大学
50-56 名古屋工業大学
48-53 三重大学

国立大学117名
東京2 三重54 埼玉1
京都3 お茶の水女子1 信州5
大阪4 山梨1 金沢2
名古屋8 静岡8 和歌山1
北海道1 奈良女子1 島根1
筑波1 奈良教育2 広島1
神戸6 愛知教育1 長崎1
名古屋工業8 京都教育1 鹿屋体育1
    東京海洋1

学年の3人に1人が国立大学に進学

公立大学36名

埼玉県立1 三重県立看4 神戸市外国語1
横浜市立1 名古屋市立6 神戸市看護1
千葉県立保健医療1 岐阜薬科1 県立広島1
都留文科3 兵庫県立1
静岡県立2 大阪府立3
福井県立1 大阪市立2
愛知県立4 京都府立1
愛知県立芸術1 宮崎公立1

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談