株式会社A.ver 新社長並びに武田塾塾長に 中森 泰樹 が就任

学習塾「武田塾」を運営する株式会社A.ver(所在地:東京都文京区、以下 武田塾)は、代表取締役社長に中森泰樹(なかもりたいき)が就任したことをお知らせいたします。

【新任代表取締役社長 中森泰樹 略歴】

nakamori_ceo

株式会社A.verの設立当時から武田塾の運営に関わり、全国の受験生の勉強指針となる市販の参考書による「ルート」の開発を手掛け、教務部長として活躍。世の中の参考書全てに目を通す、受験業界随一の参考書ソムリエであり、旺文社より発売の参考書『武田塾1冊逆転シリーズ』の監修も行う。YouTubeチャンネル『武田塾チャンネル』(チャンネル登録者数11.5万人)にもチャンネル開設以来の長きにわたって出演し、全国の受験生の悩みに答えている。

【就任の背景】

武田塾は、設立当時から、「一冊を完璧にすることこそが成績を上げる最善策」と考えており、そのために何ができるかということを考えて塾運営をしています。しかし、全国400校舎を運営する中で、全ての校舎で足並みを揃えて、同じ方向を向いて運営することが難しくなって来ています。また、大学受験自体が変革期を迎える中、新しい方法を取り入れながら、さらなる進化を業界全体で求められています。

このような中、長年の武田塾のやり方を理解し、大学受験事情に詳しい教務的なバックグラウンドを持つ中森を新しく代表取締役社長並びに武田塾塾長に迎えることで、今後さらなる成長戦略を実行していけると考えております。

【代表取締役社長に就任する中森のコメント】

大学受験を取り巻く環境は目まぐるしく変わっています。また、近年は情報が多すぎて、その中から自分に本当に必要なことを取捨選択する必要があります。武田塾ではそんな「どう勉強したら良いか分からない」という方に向けて、参考書の選び方、勉強のやり方という基礎の基礎からしっかり伝えて、勉強の羅針盤となるような指導を目指しています。私自身、これが最速・最強の方法だと信じていますし、それを全国の受験生に知ってほしいという気持ちは、武田塾を始めた当初から変わっていません。今後もこの方法を広めるべく、新体制の下、コンプライアンス関係をしっかりと立て直しつつ、武田塾の生徒さんのためにできる努力をしていきたいと考えています。新しくなった武田塾を共に盛り上げていけるよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

<武田塾について>

2006年3月に「武田塾」を御茶ノ水に開校。授業を受けずに「参考書を完璧にする」ことに重きを置く独自の自学自習メソッドで、主に大学受験を中心に多くの生徒を「逆転合格」へ導く。2014年にフランチャイズ展開をはじめ、「日本初!授業をしない。武田塾」として、全国に学習塾を展開。47都道府県に400校以上を運営中。