【2021年度版】どこを受けるべき?おすすめの予備校模試解説【河合塾・駿台・東進・進研】

池袋校・

こんにちは!池袋駅前徒歩4分!“逆転合格”の「武田塾池袋校」です!

池袋校塾生は、豊島区、練馬区、板橋区、文京区、北区などをはじめ、埼玉県などの近隣の県からも通塾しています。

武田塾池袋校には、東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学東京・埼玉大学
東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶応義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

 

 

===============================

各予備校から今年の模試のスケジュールがでてきました

 

具体的にどこの模試を受けたらいいか

各予備校の模試の特徴徹底解説

自宅受験?会場受験?受験時の注意点について

 

上記3点についてまとめてお伝えします。

最後までお付き合いください。

具体的にどこの模試を受けたらいいですか?

「自分に年間を通して同じ模試を受けること!」

 

これは模試によって特徴や難易度・判定・受験者の母数に差があるので

自分の目的に合った模試を毎回受けたほうがいいよ!ということです

 

以下より各予備校の模試ごとの特徴などをまとめましたので参考にしてみてください。

河合塾・駿台・東進・進研…各予備校の模試の特徴徹底解説!

河合塾

受験者数は、マーク模試で40万人程度

かなり受験者数の多い模試です

東大志望者からFランク大学志望者まで幅広い層の受験生が受験します。

この河合模試における全国順位や偏差値は、非常に信頼できる数値です。

東大模試などの大学別模試の結果とマーク模試の結果を合算するドッキング判定も実施されています。

 

河合塾模試、どんな人におすすめ?

・中堅~難関大あたりを志望している人

・問題の質が高い模試で信頼できる順位や偏差値を見たい人

・まだ志望校が決まってない人

第一回模試は一般生は会場受験ができない様子…
詳しくは河合塾のHPをご確認ください!

 

・全統マーク模試

共通テストを意識した問題構成のマーク模試です。

マーク式とは、「マークシートを塗りつぶして回答する形式」です。

一見すると簡単そうですが、意外とミスをしやすく、毎年「マークシートの塗りつぶし忘れ」や「1段ズレて番号を塗りつぶしてしまう」など、

ケアレスミスで大きく点数を落としてしまう受験生もいます。

全統記述模試

記述模試の中では難易度やさしめな印象

国公立志望者はもちろん、

基礎の確認という意味で私大志望者も多数受験しています

プライムステージ

こちらは難易度高めの模試

駿台

詳細な受験者数は不明(4万人くらい?)ですが河合模試に次いで、受験者数のかなり多い模試です。
大学別模試とドッキング判定も実施されています。

駿台の模試の難易度は1番高いです

問題の難易度が高く、かつ受験生のレベルが高いからになります。

何も知らずに駿台模試を受けると心が折れます。

基礎力のない人は歯が立たず、正確な判定も出ません。

駿台模試を受けるのにおすすめな人

・難関大を志望している人

・難しい問題で自分の実力を試したい人

・実力者も多い中で、自分の順位や偏差値を見たい人

駿台atama+共通テスト模試

共通テストと私大のマーク式試験に対応した模試

オンライン受験だと受験料が無料とのこと。(詳細は公式HP参照)

駿台全国模試

ハイレベル層向けの記述式模試
東大や早慶などの難関大学の入試問題よりも難しい。
平均点が3~4割と、高得点をたたき出すのは至難の業

駿台・ベネッセ

こちらは国公立から私大・短大志望まで、約30万人と幅広い層が受験する標準レベルの記述模試

発想力が問われるというよりは、王道な問題を着実に練習すれば解けるイメージ。

東進模試

受験者数が非公開。ですが受験者がほとんど東進ハイスクールの在籍生であるため、受験者数の少ない模試。外部生の受験も可能です

そのため、その順位や偏差値などの信頼度はあまり高くありません。

受験者の成績を徹底的に分析した、最大20ページにも及ぶ成績表がもらえます

自己分析が十分にできていない方は、この成績表を目当てに受験するのも大いにアリです。

東大、京大、九大、北大、東北大、阪大、名大のプレテスト(冠模試)が多い点も特徴です

東進模試を受けるのにおすすめな人

・本番レベルの模試を受けたい方

・東大、京大、九大、北大、東北大、阪大、名大を受験する方

進研模試

全国の高校で学校のカリキュラムの一環として実施されるため、

学力で見た上での受験者層がかなり広い模試です。

受験者の中には大学受験をしない人も多くいます。

そのため、問題自体がやや易しめに設定されています。

したがって、そこそこ仕上がっている方に対しては、良い結果が出やすい模試です。

 

有名・難関大を目指している方は模試結果をそのまま自分の成績であると思わないようにしましょう。

偏差値でいうと、10~15程度引いたものがご自身の実際の偏差値だと思った方がよいです。

もちろん、その分、各大学の偏差値も高く設定されているので志望校判定は信頼できます。

 

進研模試を受けるのにおすすめな方

・高1からの成績変化が見たい人(学校で受けるので成績が蓄積されやすい)

・易しめの問題で、出来る感触をつかみたい人

・幅広い受験者の中で、自分がどこにいるのか知りたい人

・基礎が身についたか試してみたい人

自宅受験?会場受験?受験時の注意点について

今年に関して言えば自宅でのオンライン受験か、会場受験か?

というのもポイントです。

 

会場受験をするメリットとしては

・本番の空気や緊張感を味わえる

本番でありがちな失敗、マークミス・忘れ物・焦り緊張から実力が出ない…など

本番でやると致命傷ですが、模試などで一度経験しておけば同じ轍を踏まずに済みます

・本番で実力を発揮するシミュレーションができる

1日かけて試験を続けるので勉強の体力を蓄える練習にもなります。

休憩や間食はどのタイミングでとるか

頭がぼーっとしてしまうタイミングはどこか

自分の100%の実力を発揮できる体調管理方法を探してみることができます

・モチベが上がる

模試は長い受験勉強期間中の中間目標にしやすいので

家で受けるより環境が違うところで受けたほうがやっぱり特別感が出ますよね。

 

もちろん自宅受験でも判定は出ますし、力試しはできますができる限り模試は会場受験がおすすめです。

人気の会場は昨年あっという間に埋まってしまいましたのでなるべく早めのお申し込みをおすすめします。

まとめ

・自分の目的に合った模試を通年受けることが大切

・模試ごとに判定や受験者層など違いがあるのでしっかり特徴を確認して受験しましょう

・会場受験は貴重な機会!できる限り会場受験できる模試を受けましょう

 

 

無料受験相談実施中!!

武田塾池袋校では、毎日

無料の受験相談をおこなっております!

・成績が伸びていない…。
・苦手科目があるんたけど、何をやれば良いの?
・どんなペースで勉強すれば良いかわからない!

などなど、受験にまつわるあらゆるお悩みに個別にアドバイスさせていただいております!

お問合せはこちらから↓

無料受験相談

===================================
日本!授業をしない大学受験専門予備校
【武田塾 池袋校】
〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-16-8近代グループBLD.6号館7階
TEL:03-5954-3356
===================================
武田塾生の1日