【大学受験】公募推薦の難易度・倍率について紹介!出願時期も注意!

伊賀校・

皆さんこんにちは!

武田塾伊賀校(0595-24-7434)です!

 

突然ですが、

公募推薦入試

という入試制度を知っていますか?

 

多くの方は、

自分には関係のないこと

だと思うかもしれません。

 

しかし、私立大学の

50%以上もの入学生が、

一般入試以外の

何らかの推薦制度を使って

入学しています!

 

そこで、今回は2種類ある

推薦入試(学校推薦型選抜入試)の内、

誰でも利用しやすい

公募推薦型入試について

紹介していきたいと思います!

22719605

 

【公募推薦の難易度・倍率について】推薦入試とは

いわゆる推薦(入試)とは

「学校推薦型選抜」のことをいい、

「公募推薦」

「指定校推薦」

2つがあります!

 

22769717

 

指定校推薦について

先に、指定校推薦について述べると、

 

・自分の通う高校が大学に

 推薦校として指定されていなければないこと

・大学の指定する出願条件を満たし、

 高校の校長の推薦が必要(公募推薦も)

 

という二つの厳しい条件があります。

 

特に、一つ目に関しては、

大学側に枠があっても

大概一つの高校に

せいぜい1~3枠ある程度です。

 

従って、今回は

誰にでもチャンスがある

公募推薦型入試に絞って

紹介していきます!

 

 

公募推薦型入試とは

先にも述べましたが、

公募推薦型入試の条件としては、

 

・大学の指定する出願要件

・高校の校長の推薦

 

という2つの条件を満たす必要があります。

 

更に、この公募推薦型入試もまた

次の2種類に分けることができます。

 

公募制一般推薦

公募制特別推薦選抜

 

①については、

大学が指定する評定平均

(学習成績や生活態度)

を満たしていることが求められます。

この推薦は、私立大学だけでなく、

国公立大でも実施されています。

 

②については、

スポーツの実績や文化活動、

取得資格などが条件になっている入試です。

部活で優秀な成績を収めたケースなどは

イメージしやすいですが、

英検、TOEICなどの資格試験、

個人でコンテストに出て賞を得た実績など、

アピールできる点はいくらでもあります!

 

従って、誰でもどんなことでも

頑張った実績があれば、

志望する大学への進学に

大きなアドバンテージになりえるのです!

 

①,②ともに、校長の推薦は必要ですが、

そこまで突出した優秀な成績でなくとも、

ある程度優秀であれば

(高校によってまちまち。

担任に聞いてみるのをおすすめします)

おそらく推薦は得られると思います。

 

 

公募推薦入試の難易度・倍率・注意したいこと

公募推薦入試の難易度と倍率

さて、気になる公募推薦入試の

難易度はどれくらいでしょうか?

 

22788780

 

2021年度の中京大学の

データを例に見てみましょう!

 

この年の

国際学部・国際学科・国際人間学専攻

では、

 

学校推薦型(指定校含)で

募集人員が16名の中で、

受験者数が29名、

うち合格者数がなんと29名、

となっています!

 

これは極端な例にも

見えるかもしれませんが、

実は同大学の他の学科や、

あるいは他の大学でも、

 

公募推薦入試の倍率は、

1~2倍以内に収まることは

往々にしてあります。

 

また、例にもあるように、

募集定員を超えても

ある一定の点数を満たしていれば

追加で何人もの合格者を出すこと

も大いにあります!

 

もしこの公募推薦を利用する人は、

過去何年かの合格者の点数まで

見ておくことを強くおすすめします!

※公表されていない場合もあります。

 

公募推薦入試の注意点

気をつけたいのは、

出願時期です!

 

22764239

 

例えば、中京大学だと

出願期間が11/1~11/27で、

選考日が11/27、

合否発表日が12/4となっています。

 

公募推薦入試は多くが、

11月の頭から募集開始、

11月半ば~11月末や12月頭となっています。

 

一般入試よりも早めの

試験日程なので、

試験対策に早急に

取り組みましょう!

 

 

近年の推薦入試の傾向

公募推薦入試を利用する人は

近年増え続ける傾向にあります。

 

大学側がこの入試制度での

受け入れ枠を拡大している、

ということでしょうが、

 

その背景はともかく、

志望大にどうしても受かりたい

受験生にとってはこれは朗報です!

 

22714228

 

先にも触れましたが、

「大学推薦合格者5割時代」

と呼ばれるほど、

 

今は様々な方式からチャレンジできるので、

とにかく受験生は大学が出す情報を

確認し、早め早めの行動を

心掛けるといいと思います!

 

 

【まとめ】公募推薦入試の倍率・難易度

いかがでしたでしょうか?

今回は、

公募推薦入試

について紹介しました。

 

先述したように、

各大学で受け入れ枠や

倍率は変わってきますし、

やはり偏差値の高い大学ほど

当然その難易度は高まります。

 

一方で、

「大学推薦合格者5割時代」

と呼ばれるように、

昨今様々な手段で

受験することができます。

 

ぜひ自分でもよく調べて

どの受験方法を使うか

検討してみてください!

 

ひとりで勉強を進める自信がなければ武田塾へ

武田塾伊賀校では無料の受験相談

随時受付しています!

 

「勉強方法について相談したい」

「志望校の対策方法を教えてほしい」

など受験に関するお悩みをお持ちの方は

気軽にご相談ください!

 

 0595-24-7434 

👆こちらの電話からもご相談いただけます!

 (無料受験相談希望とお伝え下さい。)

 

無料受験相談

 

《武田塾 伊賀校 校舎HPはコチラ》

👉👉👉 https://www.takeda.tv/iga/

受験に役立つ情報キャンペーン情報

 を発信しています!