部活引退した生徒さんの陥りやすいミス

市川校・

いよいよ梅雨本番でしょうか、不安定な天気が続きますね。

置き傘が手放せない日々です。

さて、高校3年生の方は、いよいよ部活動を引退したという方も多いと思います。

今までは部活動に熱中していた、そんな受験生の方はぜひこの記事を読んでください。

部活動を引退したばかりの受験生が陥りがちな過ち、というものがあります。

bsPAK82_goalnetsakbol20140102

①勉強量がほとんど増えない

部活動をやっていた時の勉強量が、時間ができたことで楽にこなせるようになります。

そのため今までやっていた量にちょっと追加して勉強しただけで、すごく頑張った気がします。

「部活動をやっていた時は4ページしかできなかったのが、6ページもやれた!!」

増えていることは素晴らしいですが、本当にそれだけで良いのでしょうか?

勉強できる時間が2倍になったのなら、勉強量も2倍くらいに増えるはずが、1.3倍くらいで満足してしまっていませんか?

時間ができたことで、今まで集中してやっていたことが薄まっていないか、時間がたくさんあると思って時間管理をいい加減にやっていないか、よく考えてみてください。

②ハードな日々が終わったので、まずは休む

部活動でいっぱいいっぱいだったので、少し落ち着く時間が必要だ。

そんな考えのもと、勉強を先延ばししていませんか?

まずは部活動の打ち上げ、次は仲の良い友人とちょっと遊びに行ってみる。

そんな楽しい日々を否定するつもりはありませんが、どんどん勉強では遅れが広がります。

夏から本気でやるから大丈夫、そんな考えの人もいますが、急に頑張り出すことはとても難しいことです。

やらない言い訳をいくら積み上げても、しっぺ返しは全部自分にきます。

毎日勉強に手をつけてください。

二つあげましたが、まとめるとしたら「勉強に素早くシフトしましょう」ということです。

部活動をやっていた方は、自然と交友関係も同じ部活仲間に限定されがちです。

そうすると、勉強にしっかり取り組んでいる人も多くない気がしてしまいます。

しかし、受験で皆さんが競い合う相手は他にもいっぱいいます。

去年一年間受験勉強に取り組み続けさらに今年も一日中勉強に取り組んでいる浪人生。

皆さんが部活動をやっている間に勉強を続けていた現役生。

一緒に部活で汗を流していた人だけではありません。

そんな人たちと受験で競い合うとしたら、ゆっくり休む時間なんてないですよね。

しっかり切り替えて勉強に立ち向かって下さい。

勉強に切り替えようとしたものの、どうやっていけばいいか不安がある。

そんな方はぜひ武田塾市川校にご相談ください。

あなた専用のカリキュラムを作ることも可能です。

正しい勉強法を知りたい方は

ぜひ武田塾市川校へご問い合わせ下さい。

他にも

・効率的な勉強の仕方

・入試までの勉強の進め方

・成績が上がるおススメの参考書

・志望校の決め方

・模試の復習の仕方

などを無料で教えています。

その他、受験に関するお悩みなど何でもご相談に乗りますので

少しでも興味を持たれた方は、ぜひ下記のフォームからお申込みいただくか

市川校に直接お電話ください。

市川校ホームページからのお申し込みはこちら→無料受験相談お申し込みフォーム

お電話でのお申し込みはこちら→047-323-5075

  • 武田塾の無料受験相談