千葉県立国分高校の入試・評判・合格実績情報

市川校・

こんにちは、千葉県市川市の大学受験予備校、武田塾市川校です。

今回、市川市近郊の高校情報をお伝えしたいと思います。

この市川校が位置する千葉県市川市、どのような高校があるのでしょう。

今回は、武田塾市川校にも多くの生徒さんがいる、千葉県立国分高校について紹介します。

県立国分高校の入試情報

入試内容

県立国分高校の入試は前期試験と後期試験の2度行われます。例年前期試験が2月上旬に行われ、今年度(平成28年度)は2月9日(火)、2月10日(水)の2日で行われます。後期試験は2月の後半に実施され、今年度は2月29日(月)に実施されます。

前期試験の実施内容ですが、期待する生徒像として、

本校を志願する動機及び理由が適切であり、かつ、次のア又はイのいずれかに該当する生徒。

ア:学習成績が特に優れており、入学後も引き続き学習活動に意欲的に取り組む強い意志を持っている。

イ:学習成績が優れ、部活動や特別活動等において顕著な実績を有し、入学後も引き続き活動し最後までやりとげる意思を持っている。

とのこと。

面接が二日目に実施されますので、そこで上記に該当することをアピールすることとなりそうです。後期は面接はありません。

県立国分高校の実績・評判

kokubun

学校の様子

校訓は「自主・自律」とのことで、自由な校風のもと自律した人間を目指し活動しているとのこと。

評判などを見たところ、校則が厳しいといった様子はありません。

みなさんのびのびと学習しているようです。

武田塾市川校に通っている国分高校生に話を聞いたところ、落ち着いた学校ですと言っていました。

ただ、学習意欲が高くないとの声も。

勉強をする上では周りに流されて、という様子だとどんどん置いていかれてしまいます。

人によっては勉強は塾・予備校でやるんだと割り切っていることも。

国分高校の合格実績

平成27年度の主要大学合格実績を見ると、

・国公立大学

千葉県立保健医療大学  1名 (うち現役1名)

首都大学東京      1名 (うち現役1名)

国公立大学合計2名(うち現役2名)

・私立大学

青山学院大学      3名 (うち現役3名)

明治大学       10名 (うち現役10名)

法政大学       10名 (うち現役10名)

立教大学        4名 (うち現役4名)

となっています。

短期大学・専門学校・就職といった選択をする生徒さんも61名いました。

国公立大学の合格者はかなり少ないのが現状。

かなり気合いを入れて早い段階から取り組む必要がありそうです。

私立大学で見れば早稲田大学・慶応大学・上智大学の三大学の合格者は出る年、出ない年があるとのこと。

そういった大学を目指すためには相当な頑張りが必要ですし、学校の順位が良かったからと安心はできません。

また、MARCHと呼ばれる大学群への進学実績は上記の通り。

MARCHのレベル以上にいくためには、少なくとも上位5%くらいの実力はつけたいですね。

国分高校から逆転合格を目指す、そんな時はぜひ武田塾市川校にご相談ください。

ハイレベルな大学に受かるためにどのような塾・予備校が向いているのか、自分一人で取り組むとしたらどんな参考書に取り組めば良いのか、なんでもお話下さい。

受験相談のお申し込みはこちらまでどうぞ。

TEL:047-323-5075

武田塾市川校

JR総武線市川駅より徒歩1分

13:00~21:00(日曜休み)

 

 

--------------------------------------------------

偏差値30台・E判定から志望校に逆転合格

【電話番号】
0120-62-3399

【住所】
千葉県市川市新田5-8-27
フクシンビル4F

市川の学習塾・予備校なら武田塾市川校

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 市川校へ