【医学部定員】今後減るってホント?地域枠は増える?カラクリを解説

医進館仙台校・

こんにちは!
JR仙台駅西口から徒歩
[医歯薬獣医]医系専門予備校・塾
武田塾医進館仙台校です!

皆さんは、2023年度入試から医学部の定員が減っていくことをご存知ですか?

えっ!でも、医師不足って聞くけど、定員減らして大丈夫なの…?

と思ったそこのあなた!

このブログを読んで、ぜひ現実を知ってください

ちょっと長いですがお付き合いくださいね。

医学部の定員が減るってほんと?

武田塾医進館仙台校では、
東北大学・東北医科薬科大学の宮城県内医学部医学科をはじめ、
岩手医科大学・福島県立医科大学・山形大学・弘前大学・秋田大学・埼玉医科大学・獨協医科大学・帝京大学・聖マリアンナ医科大学・杏林大学
など、全国の医学部、看護学部、歯学部、薬学部、獣医学部を目指す皆さんを応援しています

仙台市青葉区・太白区・若林区・泉区・宮城野区、名取市・岩沼市・大河原町・多賀城市・塩釜市など近隣区域はもちろん、盛岡市・福島市・郡山市・秋田県・山形県・青森県など東北各地域の皆さん大歓迎です。

【医学部定員】今後減るってホント?知っておきたい定員のカラクリ

医学部の定員減について、知っておきたいポイントは以下の3つです。

1.定員減は厚労省の方針で決まっている!

2.学校推薦型・総合型シフトの波が来てる!

3.共通テスト利用型シフトの波が来てる!

 

point1. 定員減は厚労省の方針で決まっている!

医学部の定員≒輩出される医師の人数なので、定員については文科省ではなく厚労省の分科会で方針が示されます。

 

医師の数は科学的予測で調整される

医師が少なすぎれば十分な医療を提供できませんが

医師が多すぎても医療費の高騰、医師の生活の質の低下、というような問題が生じます。

したがって、医師の数というものは、過剰にも不足にもならないように、人口や労働環境の変化などを科学的に予測したうえで調整をする必要があるのです。

 

医師の数は足りている?!

実は、医師の数自体はおおむね充足しています。

それどころか、最新の推計データに基づくと、仮にいまの医学部定員数を維持していけば、約10年で医師の数は過剰となってしまうということがわかっています。

 

ここで問題となるのは、

地方・過疎地よりも都会に医師が偏ってしまう「医師の偏在化」

です。

 

"医師の偏在化"とは。

医師の数そのものは足りていますが、地域ごとに見てみると、医師の数にかなりバラつきがあるということがわかります。

※詳しく知りたい人は、ぜひ「二次医療圏ごとの人口10万対医師数」と検索してみてください。厚労省の資料がヒットします。

 

多い地域にはもう十分すぎるくらいいるけれど、少ない地域には全然いない!という状況なわけです。

一般に医学部を卒業した後にどの都道府県で働くかは自由なので、やはり都市部に人気が偏ってしまいます

 

地域枠を増やして、定員は減らす

これを解消すべく実施される方針となったのが

2023年度以降、「地域枠の設置・増員」をしながら、日本全体で医学部定員を「段階的に削減」する

という施策です。

 

地域枠とは、平たく言うと「卒業後に働ける地域が制限される枠」です。

在学中の奨学金を受けられる代わりに、卒業後、指定された都道府県で指定された年数を医師として働くことを確約する、というケースが多いです。

 

これを導入することで、地域ごとの医師のバラつきを解消させようという方針なのです。

 

定員減×地域枠増=一般枠は減る

定員を減らしながら地域枠が減ることの弊害は、一般枠の人数が減るということです。

 

地域枠は、大学にもよりますが「○○県の高校出身者」など、受験資格が制限されていることもあります。

全国どこからでも、誰もが受けられる枠ではない場合がある、ということなのです。

 

厚労省の方針通りになれば、今後は、例えば

「定員80人・そのうち地域枠0人」だったところ、

「定員75人・そのうち地域枠5人(つまり一般枠は70人)」

というふうに、一般の人が受けられる枠がガクンと減る可能性が高いです。

 

上記の例で言えば定員そのものは5人減でも、一般枠は10人減ですから、かなり大きいですよね。

 

したがって、今後は自分が受けられる地域枠の利用も積極的に検討していく必要があります。

 

point2. 学校推薦型・総合型シフトの波が来てる!

面接試験、学校推薦型選抜、総合型選抜、推薦入試、AO入試

昨今、大学受験全体の流れとして「学校推薦型・総合型選抜」へのシフトが挙げられます。

文科省の発表したデータによれば、令和2年度入試の結果では、私立大学の入学者のうち44%は推薦入試の合格者でしたので相当な数です。

 

推薦型・総合型は今後も拡大予想

推薦・総合型へのシフトの背景として挙げられるのは、以下の2点です。

 

①学力だけでなく、受験者の個性や考え方なども含めて、より「大学が求める」学生を確保したい

②少子化により高校生の数が減っており、「専願型」である推薦・総合型で学生を早めに確保したい

 

大学も存続がかかっていますので、学生の確保に動いているというわけです。

したがって、今後も導入する大学は増えると予想されます

 

医学部にもこの波は来ている!

大学受験の世界では他学部とは分けて語られることの多い医学部ですが、

この「推薦・総合型へのシフト」の波は医学部にも広がっています。

 

例えば岩手医科大学では、

2021年度までなかった「総合型選抜」を、2022年度入試から新設しました。

そして、注目すべきは一般選抜と総合型選抜の定員数です。

  2021年度 2022年度
一般選抜 78人 73人
総合型選抜 0人 5人以内

 

このように、見事に定員数がシフトしています

岩手県は医師不足の地域のため、全体の定員減とはなっていませんが、他大学では全体の定員も減っているところも見受けられます。

 

ここでポイントとなるのは、

学校推薦型・総合型ともに、評定や志望度の高さ、卒後年数などで受験資格が制限されることも多く、「誰もが受けられる枠ではない」ということです。

つまり、地域枠と同様、一般枠が減っていくということを意味しているのです。

 

★このブログもおススメ!★

【医学部受験】医学部の推薦入試ってどうなの?【高1,2生必見!】

point3. 共通テスト利用型シフトの波が来てる!

共通テストイメージ

推薦や総合型に加え、「共通テスト利用型選抜」も増えてきています。

共通テストの結果で合否が決まるため手軽である、現地に行かなくても良い、などと言ったメリットがあり、特に国公立受験者の併願先として人気です。

※医学部の場合は共通テスト+現地での面接試験で合否が決まるので注意。

 

やはり医学部も例外ではない

なんとなく話の流れで分かるかもしれませんが、

この「共通テスト利用型選抜」も、導入する医学部が増えてきています。

 

例えば、仙台にある東北医科薬科大学では、2022年度入試から共通テスト利用型選抜を実施することが発表されました

こちらも、地域枠・学校推薦型・総合型と同様、「全体の定員の中から、一般枠を削って共テ利用型に定員を回す」という形になっています。

ここでもやはり、一般枠が減っているのです

 

医学部の場合は私立受験者であっても尋常でない量の勉強が必要であり、私立受験者が共テ利用のために対策時間を取るのは現実的ではありません

したがって、浪人生×私立専願の人にとってはさらに厳しい状況だと言わざるを得ません

★このブログもおススメ!★

【2022年度 東北医科薬科 新設】私立医学部の共通テスト利用って?

 

つまり…受験できる枠が少なくなる?!

上記3つのpointを踏まえると、

一般枠=誰でも平等に受けられる枠の定員減少は避けられない傾向かと思います。

医学部受験生の数はほぼ横ばいですので、このままいけば今まで以上に、倍率が高くなることが予想されます

 

したがって、医学部合格を考えている人は

高校生のなるべく早い段階から医学部受験を意識し、好成績を収め、できれば推薦や総合型で合格を勝ち取る

というのが勝ちパターンになるかと思います。

次点が地方国公立+共通テスト利用地域枠を最大限利用、と言った形でしょうか。

いずれにせよ、早い段階からの受験勉強が必要になるのは言わずもがなです。

★高1、高2にはこちらのブログがおススメ!

【新高1生】現役で医学部に行くための高校での勉強法とは?

【全員見てほしい】医学部に受からない人の特徴3選

 

早い段階からって言われても、もう高3(浪人)なんだけど…

ようやく決意が固まったのに、いまさらそんなこと言われても…

と思ったあなた、まだチャンスはあります!!!!

 

定員が減っていくのは事実ですが、

「合格できるだけの努力をした者だけが"合格"を掴むことができる」

ということには変わりありません。

ラインが厳しくなっても、それを上回り合格を勝ち取れるだけの努力をすればよいのです。

 

武田塾医進館には、

E判定・偏差値40台からの医学部合格

を成し遂げた先輩たちがいます!

 

残された時間をフル活用できる「参考書学習」で、あなたも逆転合格を勝ち取りませんか?

ご相談・お問い合わせは随時受付中

下のボタンからお気軽にお申し込みください!

無料受験相談

 

無料受験相談受付中!

勉強にまつわるお悩み、志望校への合格の近道、入塾のご相談など、なんでもお答えします。

下のボタンからお気軽にお問い合わせください♪

無料受験相談

★"受験相談"ってなに?

【気になる】武田塾医進館の受験相談って何やるの?

★医学部予備校ってどんなところがいい?

【仙台の医学部予備校探し】その予備校で医学部に受かりますか?

★武田塾医進館仙台校の校舎長ってどんな人?

【校舎長紹介】武田塾医進館仙台校の校舎長ってどんなひと?

 

★☆★公式SNS★☆★

ぜひお気軽に友だち追加・フォローしてくださいね♪

→「受験相談気になるけど、校舎に行くのは勇気が出ないな…」という人はLINEがおススメ!LINEで気軽にお悩み相談!

友だち追加

→「ブログをまた見たいけど、いちいちこのページにアクセスするの面倒…」という人はTwitterがおススメ!空いた時間に素早くチェック!

 

関連記事

医学部に受からない人の特徴3選

こんにちは!JR仙台駅西口から徒歩2分[医歯薬獣医]医系専門予備校・塾武田塾医進館仙台校です! 受験生の皆さんの中には、そろそろ予備校に入って1か月、という方が多いのではないでしょうか。 環境が変わっ…

新高1生医学部に現役合格するための勉強法とは?

こんにちは!JR仙台駅西口から徒歩2分[医歯薬獣医]医系専門予備校・塾武田塾医進館仙台校です! 仙台では昨日、高校の入学式だった人も多いでしょうか。 高校ご入学おめでとうございます! いよいよ高校生、…

東北医科薬科も導入!医学部の共通テスト利用入試って?

こんにちは!JR仙台駅西口から徒歩2分[医歯薬獣医]医系専門予備校・塾武田塾医進館仙台校です! 先日、2022年度から東北医科薬科大学 医学部の入試に「大学入学共通テスト利用選抜」が追加されることが発…

thumbnail

こんにちは!JR仙台駅西口から徒歩2分[医歯薬獣医]医系専門予備校・塾武田塾医進館仙台校です!   本日のブログテーマは、「医学部の推薦入試ってどうなの?」です。 10月ももうすぐ終わります…