【春から3年】難関大志望、春休み何をする?周りに差を付ける勉強法

医進館仙台校・

こんにちは!
JR仙台駅西口から徒歩
[医歯薬獣医]医系専門予備校・塾
武田塾医進館仙台校です!

国公立前期試験も終わり、今シーズンの受験も残すところあとわずかとなってきました。

現高2生の皆さんは、いよいよ受験までのカウントダウンが始まった…という状況です。

3年になってから受験勉強をするのでは遅いぞ!ということは先週のブログでもお伝えしましたが、

難関大・難関学部を目指す皆さんにとっては、

この時期何をしておけば周りと差がつくのか」ということが気になるのではないでしょうか。

ということで、今回のブログは、より難関大志望、今の時期から割と成績が高めの、

いわゆる「上位層」の皆さんに向けて書いていきます。

自分はまずは基礎固めからだな…という人は、先週のブログをまずチェックしてください!↓↓↓

【高2生】受験は2年の冬にはもう始まっている!何から始めるべき?

<校舎長メモ>

基礎ができているか、微妙…手っ取り早く知りたいという人は、

まず「センター試験」を解いてみましょう。

「共通テスト」は「共通テスト問題慣れ」していないと解けない側面もあるため、

「より単純な、基礎の定着度」を知りたい場合は、センター試験がおススメです。

いま段階で70%くらい取れていれば、少なくとも基礎レベルはマスターしていると言えます。

新高3生春休みの間に周りに差を付ける勉強法

武田塾医進館仙台校では、
東北大学・東北医科薬科大学の宮城県内医学部医学科をはじめ、
岩手医科大学・福島県立医科大学・山形大学・弘前大学・秋田大学・埼玉医科大学・獨協医科大学・帝京大学・聖マリアンナ医科大学・杏林大学
など、全国の医学部、看護学部、歯学部、薬学部、獣医学部を目指す皆さんを応援しています

仙台市青葉区・太白区・若林区・泉区・宮城野区、名取市・岩沼市・大河原町・多賀城市・塩釜市など近隣区域はもちろん、盛岡市・福島市・郡山市・秋田県・山形県・青森県など東北各地域の皆さん大歓迎です。

【春から3年】難関大志望、春休み何をする?周りに差を付ける勉強法

 大前提 

これ以降の話は、基礎基本はすでに完璧に仕上がっている、という前提で話を進めていきます。

具体的には、武田塾のルートで言うと「日大レベル

参考書でいえば、

数学だったら「基礎問題精講は完璧」「青チャのレベル3、4くらいまでだったら余裕

こんなレベルだと思っておいてください。

共通テストを解いてみよう

まずは今年の共通テストを解いてみましょう。

75~80%くらいまで解ければ、今時点のレベルとしては上出来です

このレベルまで解けなかった場合は、

まずはきちんと復習をして、

問われている内容そのもの」や「共通テストの問題の解き方・考え方」を確認しましょう。

そのうえで、75~80%に到達できなかった理由としては以下の2パターンに分けられます。

①基礎力が身についていない

「問われている内容そのもの」がよくわからなかった人は、

自分では完璧だと思っていても、実は基礎が不十分だった、というパターン

解答解説の言っていることが全然わからない」とか、

ぼんやりとしかわからない、そんな問題、やったことあったっけ…」という人はこのタイプです。

 

センター試験の問題を解いても得点率が変わらないようなら、確実に基礎基本がまだ不十分です。

難関大・難関学部に合格するための「完璧」のレベルとしては、

「基本的なパターン問題が解ける」状態ではなく

「公式や考え方を本質的に理解している」状態です

したがって、

  • 参考書の問題の解法が瞬時に思いつく
  • 解き方や公式の意味を自分の言葉で他人に説明できる
  • 自分の解き方が間違っていた場合や、選択式問題の「不正解選択肢」について、「なぜダメなのか」説明できる

これくらいのレベルを目指して、参考書や問題集を総復習しましょう。

ひらめき

②共通テストの問題に慣れていない

復習をしたときに

解答解説に書いてある内容はスムーズにわかる。あー、なるほど、そこに着目すればよかったのね!

という形で、「解き方・考え方」を確認すれば問題ない、という人はこのパターン。

単なる「慣れ不足」というタイプです。

 

共通テストの問題は、センター試験と大きく変わり、「思考力」「読解力」を深く問う内容になりました。

生活の中の身近な事象と結び付けた問題が出たり、

ある程度の分量の問題文から自分に必要な部分のみを「つまみ食い」しなければならなかったり、

今までやったことのある問題形式とは少し違う、いわゆる「初見殺し」の問題もあります

上位層は「思考力」「読解力」も高いことが多い為、一度コツを掴んでしまえば伸びる、という人も多いです。

おそらく2回、3回と解けば点数が取れるようになるはずですから、何回かチャレンジしてみてください。

<校舎長メモ>

私大志望の人も、共通テストは解いてみましょう。

共通テストは思考力重視型とはいえ、問われている内容としては基礎基本がもとになっており、

自分の基礎基本の定着度をはかるのに使いやすいツールです。

私大の場合は思考力が必要な問題も出るため、実力養成の意味でも、共通テストを解くのはおススメです。

3年になるまでに完成させておきたい目安

春休みの間に、どこまで仕上げていればいいのか?

言い方を変えれば

3年スタート時のレベルとしてはどこを目指せばいいのか?

を解説していきます。

共通テスト編

3年生になるまでに、先述の75%以上が「安定して」取れるレベルにまで持ってこられればベストです。

安定して…ということは

(勘が良い人はわかるかもしれませんが)

演習を繰り返すことが必要です。

時間配分苦手な問題のあぶり出し得意分野の強化など、3年生になるまでに実践演習までやっておけると、

3年になった後の時間を共通テスト対策以外に使えるので有利です。

※もちろん、定期的に共通テストを解いて実力を維持しておく必要はあります。おススメは、6・8・10・12月の偶数月に解くことです。

 

科目としては、英、数(ⅠA・ⅡB)、国の基本3教科4科目を仕上げておきましょう

理科は特に、高3範囲の内容もあり点が取れないはずですので、今段階で仕上げるのは目指さないほうが得策です。

共通テストイメージ

記述問題・一般試験編

基本的には共通テストよりも問題難易度が上がりますので、

合格レベルに到達するためには、基礎を完成させた後、演習を繰り返すことが必須です。

特に理系の難関大・難関学部を目指す場合、

理科の発展内容、数Ⅲは頻出範囲ですので、しっかり理解してガッツリ演習することがとても大切になります。

一方で、理科の発展内容や数Ⅲの範囲は、3年生になってからやりますので、必然的に演習にかけられる時間数が減ります

 

じゃあどうしたらよいのか?

 

答えは明快で、理科や数Ⅲに回せる時間を確保するため、

高2までの内容は今のうちに仕上げ、演習を回しておけばよいのです

 

英語・数学(ⅡBまで)は、もうすでに受験で使う範囲は学校でやった、という人がほとんどだと思います。

基礎問題が完璧であることが前提ですが、

応用問題や、自分の目指したい大学レベルよりも偏差値の低い大学の過去問など、

より難易度の高い問題にチャレンジして、実践演習を積んでおきましょう

英・数どちらも演習が回せればベストですが、難しい人はどちらか1科目でもいいです。

 

科目の選び方は、得意な方があればまずそちらを伸ばしましょう。

「絶対この科目は自信ある!」という、軸となる科目が1本あると、精神的にも余裕が出ます

どちらも同じくらい、という人は数学がおススメです。

特に数Ⅱは数Ⅲに繋がる内容が盛りだくさんですので、復習を兼ねることができます。

実践数学重要問題集(理系)」や「国公立標準問題集CanPass」であれば、数ⅡBまでの範囲の問題で演習が重ねられますので活用してみましょう。

高3が楽になるかは”この1か月”が勝負!

受験勉強・受験生活って、想像以上に苦しいです。全然楽しくない。

「なんでできないんだろう」

「どうして成長してないんだろう」

「このままだと大学行けない」

こんなふうに悩んだり、自分にいら立ったり、不安に襲われたり、そういうことの連続です。

 

「受験は苦しいもの」これは変わらないのですが、

それでも少しでも楽に、精神的に余裕を持って過ごせるのであれば、そうしたいですよね

 

4月からの1年間、ちょっとでも楽しく過ごせるか。

そして、来春、見事”合格”を掴むことができるか。

すべては高2~高3までの残りあと1か月がカギを握っている、と言っても過言ではありません

ぜひこの時期を有意義に過ごして、1年後志望校合格を果たしてください!

 

武田塾医進館仙台校では無料受験相談を実施中です!

新高3生の皆さん、予備校は決まっていますか?

河合塾、駿台、東進、四谷学院…どんな予備校が自分に合っているのか、気になりませんか?

ぜひ武田塾医進館仙台校にお越しください!

あなたにおススメの予備校をご紹介します!

※希望者以外には武田塾医進館の説明は致しませんのでご安心ください。

下のボタンをタップして簡単申し込み♪お待ちしております。

無料受験相談

 

👇武田塾医進館仙台校については👇
👇これをタップすればまるわかり!👇

武田塾医進館仙台校のブログまとめました!

無料受験相談受付中!

勉強にまつわるお悩み、志望校への合格の近道、入塾のご相談など、なんでもお答えします。

下のボタンからお気軽にお問い合わせください♪

無料受験相談

★☆★公式SNS★☆★

ぜひお気軽に友だち追加・フォローしてくださいね♪

→「受験相談気になるけど、校舎に行くのは勇気が出ないな…」という人はLINEがおススメ!LINEで気軽にお悩み相談!

友だち追加

→「ブログをまた見たいけど、いちいちこのページにアクセスするの面倒…」という人はTwitterがおススメ!空いた時間に素早くチェック!