医学部受験で多浪生は不利って本当?ー医学部受験は武田塾医進館大阪校

医進館大阪校・

こんにちは!
阪急大阪梅田駅から徒歩

[医歯薬獣医]医系専門
武田塾医進館大阪校です。

医学部受験はその難易度の高さから浪人が当たり前のような風潮があります。

それでも一定数現役合格者がいる中で、浪人生、ましてや何年も浪人を重ねている多浪生は、大学側からどのような評価で見られているのでしょうか?

そこで今回は、

多浪生は医学部受験で不利になるのか、多浪生に寛容な大学はどこか

について解説します。

名称未設定のデザイン (4)

多浪生は医学部受験で不利になる?

結論から言うと、多浪生は現役生や一浪生と比較して、医学部受験に不利になることがあります。

一般的に言われているその理由について詳しく見ていきましょう。

学力が劣っていると見なされやすい

大学側は多浪生について

基礎学力自体に問題を抱えていたり、普段から勉強に集中できていない

=入学後の進級や医師国家試験の合格が厳しい

とみなしていることもあります。

合格ラインの学力に達するまでに何年要したかというのは、大学が生徒の国試に合格する可能性を見極める上で、重要な判断材料の一つとして捉えられることもあるでしょう。

したがって、医学部合格までに多くの年数がかかってしまっている多浪生は、国試でも合格に年数を要しかねない、ということで選考の上では不利になる可能性があります。

大学生になれた反動で遊んでしまう生徒が多い

多浪生は、長年の受験勉強の解放感から入学後に遊んでしまう者もおり、現役生よりも留年する確率が高いです。

したがって、入学後に真面目に勉強できるのかという点でも面接で厳しく見られることがあります。

何年も浪人を重ねるごとに「医師になる」という本来の目的が「医学部合格」という目的にすり替わり、入学した途端に目的意識を見失って不真面目になる生徒も多くいます。

そのため、入学後に真面目に勉強に励み6年間で医師になってくれるかどうかという点でマイナス要素を残すので、多浪生は現役生よりも不利になる可能性があります。

留年率が高く、国試合格率が低い

上記のように多浪生は、元々の基礎学力が低かったり遊んでしまう生徒が多い傾向にあるため、入学後に単位を落としたり、留年を繰り返してしまう可能性が高いと見なされます。

実際に統計上、2浪以上の学生は留年率が大きく上がっているというデータもあります。

こういった留年率の高さや国試の合格率の低さが要因となって、大学側から多浪生が敬遠される傾向が見られます。

純粋に医者として活動できる期間が現役生より短くなる

こちらは再受験生にも言えることですが、医療に長く貢献できる人材を輩出したいと考える大学もあります。

医療現場で活躍できる年数が少ないとなると、現役生と同じような成績であれば、やはり現役生を優先してしまいがちになります。

 

多浪生でも不利にならないようにするためには?

それでは、多浪生が医学部受験で不利にならないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

多浪してしまったがどうしても医学部に合格したいという方は、以下の項目をしっかりチェックしておきましょう。

多浪してしまった理由を謙虚に述べる

面接時に必ず聞かれる多浪の理由については、言い訳をせずに謙虚に述べることが重要です。

大学側は、自分が多浪せざるを得なかった理由を冷静に分析できているか、そして自分自身の努力不足が原因であるならばそのことを謙虚に受け止めているかどうかを確認しています。

下手に言い訳をせず、これからの人生に真面目に向き合っていくという意思や、入学後に勉強に励む決意などを含めて前向きな姿勢をしっかりと伝えることが重要です。

医学部への想い、熱意を述べる

多浪生は医師の志望理由について、現役生よりも深く掘り下げて考え、将来どういった医師になるのかを強くイメージしておくことが求められます。

なぜ多浪までして医学部を諦めきれなかったのか、そこまでしてなぜ医師になりたいのか、医師となってどのように社会に貢献していきたいのかといった点を明確にしておきましょう。

医師という職業への強烈な熱意や意欲を、いかに説得力を持って面接官に伝えられるかということが大切です。

多浪に寛容な大学を調べて受験する

これが最も効果的な対策と思われます。

多浪生に対して、過去に年齢や浪人回数の観点から、厳しい評価を下してきた医学部もあります。そのような医学部を受験すると、学力試験で合格点に達していても、面接だけで不合格となることもあるので注意が必要です。

多浪生は、こうした事情をふまえた上で、多浪に対して寛容的な医学部を調べて受験するようにしましょう。

私立大学においては、合格難易度の低い医学部ほど多浪に対する寛容度が高いという傾向が見られます。

多浪生の場合は、多浪に寛容かつ入りやすい医学部を狙って受験し、合格を確実に掴み取るというのも賢明な方法であると考えられます。

 

多浪生への寛容度が高い医学部はどこ?

それでは、医学部の中で多浪生に寛容な大学は具体的にどこなのでしょうか。

国公立大学と私立大学別に、また国公立大学はさらに一般入試と推薦入試別に、多浪生に寛容な大学はどこか詳しく見ていきましょう。

国公立大学

難関大 東京大学
京都大学
大阪大学
神戸大学

地方大

旭川医科大学
三重大学
滋賀医科大学
奈良県立医科大学
熊本大学
鹿児島大学

※神戸大は地域枠入試で地元出身者に加点の不正があるものの、一般入試での差別や他の差別は見られないので記載した。

※年齢以外のその他差別が報道された大学は記載していない。

※滋賀医科大は4~5年ほど前から面接を重視し始めたという教員談がある。

立地、知名度に関わらず多浪生が合格しにくい大学はあります。また、医学部人気のため地方や立地が悪くても受験者は集まりますので、地方だからといって公正な入試が行われているとは限りません。

志望校選びの際には大学が公表する年齢別合格者数などを見ることが非常に重要です。

私立大学

杏林大学
埼玉医科大学
東海大学
帝京大学
近畿大学
福岡大学
藤田医科大学

私立大学医学部で多浪生に寛容度が高い大学は、上表の通りです。私立では、国公立大学医学部に比べて多浪の受験生及び合格者数が多く、多浪生に対してまだ門戸を広く開いている傾向が見られます。

この傾向の背景として、多浪生が国試の合格率にどう影響を与えるのかの評価や見解や学生の多様性の確保についての見解が大学ごとにかなり異なることが挙げられます。

一般入試において多浪生に対する寛容度が高い私立大学は数多く存在しており、中でも帝京大学や杏林大学は、多浪生に対する寛容度かなり高いことで知られています。

また、一般入試で多浪生に対する寛容度が高い私立大学医学部のラインナップを見ると、合格難易度が比較的低めの大学が多いという特徴があります。

合格難易度の低い私立大学ほど年齢や浪人回数を問わないオープンな一般入試を実施している傾向が見られるので、しっかりとした学力と意欲さえあれば多浪生でも合格を狙える可能性が十分にあると言えます。

多浪生が医学部受験する上で注意すべきポイント

モチベーションは下がっていないか確認する

多浪生が医学部受験をするにあたっては、医学部に入学するモチベーションが下がっていないか確認することが大切になります。自分がなぜそうまでして医師になりたいのか、志望する動機について整理してみましょう。

親に医学部を目指せと言われたからなんとなく目指している場合には、本当に自分は医師になりたいのか、どんな医師になりたいのか具体的にイメージしてみることが重要です。

医学部を目指す動機や理想の医師像などがはっきりしていれば、モチベーションを保ったまま受験に臨むことができるでしょう。

逆に、具体的な動機や医師になりたいという気持ちがなく、なんとなく受験する場合だとモチベーションが上がりにくく、学習に集中することが難しくなります。

浪人年数の上限を決める

多浪して医学部受験を目指す場合には、浪人する年数の上限を決めておくようにしましょう。すぐに合格することは難しいですが、何度も失敗を繰り返すようであれば諦めが必要な場合もあります。

多浪することにはリスクを伴うので、多浪した上で医学部受験に失敗したあとのことも考えて浪人年数の上限を決めておいてください。何年で医学部を諦めて浪人を辞めるかを決めておかないと、社会復帰のタイミングを逃してしまったり、就職する際にも新卒扱いにならない可能性があります。

自分の年齢や予算と相談しながら、何年間であれば浪人生活を送ることができる考えてから浪人するようにしてください。合格の見込みが薄いにも関わらず、意味もなく多浪してしまうことがないよう注意しておきましょう。

浪人を重ねるたびに不利になる可能性があることを認識する

多浪生に寛容な大学があるとは言え、医学部受験では浪人を重ねるたびに不利になる可能性は否定できません。多くの大学では、やはり同じ点数をとるのにかかった年数が短い方が優秀とみなされやす傾向にあります。

さらに、大学によっては2浪以上だと出願自体ができなくなることもあります。これらの理由から、医学部受験では浪人の年数が多くなるほどどうしても不利になりやすいです。

そのため、できるだけ短い年数で医学部合格を目指すことが重要となります。医学部受験で成功することができず何度も浪人を重ねてしまっている方だと、その時点で医学部入試で不利になるため、浪人年数が長くなると医学部受験を諦めなければならないこともあります。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

武田塾医進館では今回紹介したような勉強法のお話やオススメ参考書のこと、さらに入塾のご相談までを、無料の「受験相談」にて承っております。

自宅での学習法、受験への悩み、科目の相談……
果ては、進学するかどうか悩んでいるというお悩みまで。

どんなことでも、お気軽にご相談ください。

多くの方とお話しできることを楽しみにしております。

 

無料受験相談

逆転合格専門 医学部予備校【武田塾医進館大阪校】

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1丁目4-14
芝田町ビル 4階

(阪急梅田駅より徒歩3分)

(大阪メトロ梅田駅より徒歩8分)

(JR大阪駅より徒歩10分)

Tel : 06-6486-9331

Mail: i_osaka@takeda.tv

タグ:,

関連記事

医学部の再受験なら私立大学が良い?狙い目の大学と注意点!ー医学部受験は武田塾医進館大阪校

こんにちは!阪急大阪梅田駅から徒歩2分 [医歯薬獣医]医系専門武田塾医進館大阪校です。 今回は 医学部の再受験に私立大学がおすすめな理由!狙い目の大学と注意点とは? について紹介します。 目次 医学部…

医学部再受験に年齢制限や年齢差別はある?女性が不利になった事例は?ー医学部受験は武田塾医進館大阪校

こんにちは!阪急大阪梅田駅から徒歩2分 [医歯薬獣医]医系専門武田塾医進館大阪校です。 今回は 医学部再受験に年齢制限や年齢差別はある?女性が不利になった事例は? についてご紹介したいと思います。 &…

【医学部再受験の闇】失敗したその後ー医学部受験は武田塾医進館大阪校

こんにちは!!! 阪急大阪梅田駅から徒歩2分 JR大阪駅から徒歩7分 [医歯薬獣医]医系専門 武田塾医進館大阪校です!!!   今回は、医学部再受験の闇について解説します。 「医学部再受験に…

元文系/社会人でも医学部再受験は可能?!効率的対策法やおすすめ大学とは?!ー医学部受験は武田塾医進館大阪校

  みなさん、こんにちは!! 阪急大阪梅田駅から徒歩2分 JR大阪駅から徒歩7分 [医歯薬獣医] 医系専門 武田塾 医進館 大阪校です!!   夏休みが明けて少し経ちましたが、皆さ…