大学の偏差値って、どうやって決めてるの? <2>

日吉校・

こんにちは。武田塾日吉校です。

前回記事の続きです。

大学の偏差値ランクは、前年の模試と入試のデータから決まることを説明しました。

ですが、大学の偏差値ランクが当てにならない場合もありますので、

今日はこのことを説明します。

 

学部学科が変わると、

まず、新設の大学、学部、学科、または学部学科の改編です。

前年の入試結果がないのでランキングができず、

模試の志願動向と既設の他学部の偏差値から予想していると思われますが、

それも推測なので何とも言えませんね。

特に、大学の新設は???です。改編の場合は、改編の仕方によります。

 

それと、改編に似てますが、定員の増減には注意です。

近年、定員厳正化で都市部の私大に大きな影響が出ているので、わかりますね。

ただ、定員が減れば必ず難しくなるかは、はっきりしません。

それを見て避ける人が増えれば例年通りに落ち着くこともあるでしょうし、

逆に少しやさしくなることもあり得ます。

 

大学の場所が変わると、

次に、移転です。大学の所在地は、大学選びの大きな要素ですね。

定員の厳正化の数年前から、私立大学の都心への移転が見られました。

一般的に言って、志願者を減らすような移転はふつうしませんから、

こういったことがあると、ランクが上がると見た方がいいでしょう。

 

入試日程にも注意!

他に、意外に影響があるのは入試日程の変更です。

例年、2月の私立大学の入試日は、曜日に関係なくほぼ固定されてますが、

変更される場合もあります。

2月の前半は、毎日多くの大学が入試を実施していますね。

偏差値が大きく離れている場合、

同日試験日の大学が増えても減ってもさほど影響ないと思いますが、

難易度が近いとどちらを受けるかの選択になるので、志願者の増減が発生します。

 

ですから、自分が受ける大学には当然注意なのですが、

受験する大学に変更がなくても、

特に偏差値と所在地が近い他大学の動向は影響されます。

他大学のことは見落としがちですが、

試験日が重なる、または他の日に変わったにも注意が必要です。

 

その他は、

来年度の入試では目立ったものはありませんが、

受験科目の変更も志願者動向に影響しますので、注意です。

 

あと、特殊な例ですが、大学の不祥事があると影響します。

最近で思い当たるのは日大ですが、わかりますよね。

実際には、ここに模試の志願者動向を加味しているみたいです。

 

最後に、BFランクについてです。

BFをBoy Friend(s)という説があるそうですが、違いますよ。

Border Free です。前回記事で説明したように、大学の偏差値は、

合格者数と不合格者数の均衡する偏差値ですが、

不合格者がいない、或いは少ないため、統計的に有意な数値が得られず、

いわゆる合格のボーダーラインが不明ということです。

 

結局、偏差値が低い大学に多いわけですが、

芸術や体育などの学科で配点が実技重視だと、

偏差値の上位から下位に不合格者が散らばることがあり、

こういった場合にもBF現象が見られます。

 

もっと知りたいことがあったら、武田塾に相談に来てみて下さい。

お持ちしています。

 

 

詳しい情報は受験相談をお申し込みください。

 

友だち追加

 

★武田塾日吉校★

住所:〒223-0062

横浜市港北区日吉本町1-17-27 TWINSビル304

TEL:045-620-6416

Email:hiyoshi@takeda.tv

URL:https://www.takeda.tv/hiyoshi/

無料相談

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談