多賀高等学校出身 日立の学生に希望を与えるビリ近辺からの合格体験記

日立校・

【武田塾日立校 合格体験記】 

 

名前:Mさん

出身校:多賀高等学校

合格校:創価女子短期大学 国際ビジネス学科

 

 

Q. 武田塾に入る前の成績は? 【入塾時期:6月 当時の成績:学年最下位ぐらい】

A.難しい勉強になっていくにつれやる気もなくなり、部活で疲れ果てていて、成績なんかどうでもいいと思っていました。

先生からの一言入塾当時は部活と新しく始めた勉強の両立に苦しんでいる様子が見受けられました。部活と勉強の同時進行はさぞ大変だったかと思いますが、その苦しみがこのような志望校合格という結果に結びついたのですから、がんばった甲斐がありましたね本当に・・・。

 

 

 

Q.武田塾に入ったきっかけは?

A.どこにも進学できないと思いまずいと思い、塾に入ろうと決めました。親にお願いして入塾しました。また受験を通して自分を変えたいと思ったことが一番のきっかけです。

先生からの一言:自分を変えたいと思い決心をして本当に別人のようになりましたね。入塾当時の〇〇さんと合格体験記を書いてくれていた時の〇〇さんは全く違います。自分では気づいていないでしょうけど。武田塾日立校がきっかけになることができたとしたらこれほど嬉しいことはありません。

 

 

 

Q.武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

A.勉強をする習慣がつき、毎日宿題以上の勉強を心がけるようになりました。 勉強してるうちにできるようになってくると、苦痛だと感じなくなっていきました。徐々に成績にも表れてくるようになると、嬉しくモチベーションにも繋がりました。 また、先生方がこんなに一所懸命に教えてくれているからには、合格して、恩返ししたいと思い、暇さえあれば勉強するようになりました。

先生からの一言〇〇さんはこれまで勉強に関しては努力をしてこなかったとお見受けします。知識の積み重ねが無い状態からの勉強は本当に大変だったかと思います。苦痛の大きさは大きければ大きいほど、可能性の大きさに繋がるのだと信じています。実際に〇〇さんは大きな苦痛に耐えてそれを乗り越えたからこそ逆転合格をすることができたのでしょう。 〇〇さんが合格体験記に書いてくれた『先生方がこんなに一所懸命に教えてくれているからには、合格して、恩返ししたいと思い、暇さえあれば勉強するようになりました。』には感無量です。普段は物静かで淡々と勉強をしているような〇〇さんですが、こんなこと考えていてくれたなんて、素直に嬉しくてしょうがないです。ありがとうございます・・・・・。

 

 

 

Q.(担当の)先生はどうでしたか?

A.親身になって一所懸命教えてくれて、それがやる気にも繋がりました。

先生からの一言講師一同の指導がやる気に繋がり、合格という実を結んだことを心から嬉しく思います。

最後に、私からの一番の〇〇さんとの思い出を。夏に〇〇さんと〇〇さんのお母さんと私で三者面談をした時のことが一番の思い出です。勉強と部活との両立ができず確認テストの結果が毎回不合格続き、という状況での面談。あの面談の時はかなり厳しい内容の言葉を言ってしまい、〇〇さんを泣かせてしまいましたね。「一人で自立して生きていけるように勉強をして人として強くなれ!」と伝えましたが、今年の春、志望大学に合格することができて、〇〇さんは人として成長して強くなれたんだと思います。でもまだ道半ばです。逆転合格をした志望校で学び続けて『強い人間』になってください。人として成長し続けてください。私からの最後のメッセージです。受験おつかれさまでした。一年間ありがとう。

IMG_20190226_215251

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談