直前期でも参考書の完成度は重視すべき? どの程度完成度を追いかけるべき??|武田塾枚方校

枚方校・

こんにちは!合格一直線武田塾枚方校、校舎長の新田です!

ここでは武田塾に日々寄せられてくる受験のお悩みを解決していきたいと思います!

ここを見て悩みを少しでも解決できたり、モチベーションがアップしたり、勉強方法がわかったりしてくれたら嬉しいな、と思います。

 

今回は「直前期でも参考書の完成度は重視すべき? どの程度完成度を追いかけるべき??」です!

直前期の参考書の扱い気になりますよね!

 

 

まずはこの動画をご覧下さい。

 

 

見てもらえましたか?

そりゃそうだよ!!完成度を追いかけよう!!

 

①武田塾のルートにある各科目の軸となる参考書を書き足していって欲しい!!

②参考書を減らしても手を出したモノの完成度は下げてはいけない!!

③インプット用の参考書は絶対に仕上げる!減らすならアウトプット用!!

④インプット用の参考書を完璧にしたらメチャクチャ成績が上がる!!

⑤やったモノすら正解できない人が果たして初見が取れるのか!?

⑥答えを覚える以外にできるのか!?

⑦確認テストや参考書の正解率が高い人が合格している!!

⑧ルートを全部終わらせろということではない!やったモノの完成度を入試に使えるようにすることが大事!!

⑨間に合わなくなったら最低限やらないといけないラインまでの完成度を完璧にすること!!

⑩ペースを先に考えると質がどんどん下がっていく!!

⑪1回質を確保できれば時間さえ伸ばせばいくらでもペースを上げれる!!

⑫1回質を下げることを覚えると取り戻すのが大変になる!!

 

手をつけた参考書は完璧にしよう!!

時間がない場合は最低限のラインまでの完成度は完璧にすること!!

 

もっと詳しく聞きたい方、他のお悩みを抱えている方はお気軽に枚方校の無料受験相談までお越しください!

 

武田塾枚方校では無料受験相談を随時行っています。武田塾枚方校について知りたい方、受験のお悩みを抱えている方などはお気軽に一度武田塾枚方校までご連絡下さい。

TEL:072-808-8686

武田塾枚方校のHP→こちらをクリック

無料受験相談のお申込み→こちらをクリック

タグ: