通史が終わったらいきなり『実力をつける日本史100題』はアリ? 教えてクレメンス!!|武田塾枚方校

枚方校・

こんにちは!合格一直線武田塾枚方校、校舎長の新田です!

ここでは武田塾に日々寄せられてくる受験のお悩みを解決していきたいと思います!

ここを見て悩みを少しでも解決できたり、モチベーションがアップしたり、勉強方法がわかったりしてくれたら嬉しいな、と思います。

 

今回は「通史が終わったらいきなり『実力をつける日本史100題』はアリ? 教えてクレメンス!!」です!

参考書の順番は気になりますよね!

 

 

まずはこの動画をご覧下さい。

 

 

見てもらえましたか?

「通史が終わったら『100題』」はいける人もいるけど、人による!?

 

①『実力をつける日本史100題』とは、「100題」シリーズの中では難易度はやさしめでMARCH~早慶レベルの入試問題を収録!!問題はもちろん解説まで完璧にしてほしい一冊!!

②通史の知識のインプットとアウトプットは別問題!!アウトプットでつまずく人は多い。

③それが顕著なのがセンター試験!!

④教科書で通史を入れたはずなのにセンターの問題ができない人が多い!!

⑤アウトプットのカギとなるのが紛らわしい用語の区別と時系列の把握。

⑥年号は数字を覚えることだと思われがちだけど、出来事の順番を覚える(時系列を把握する)基準。

⑦出来事・人物・因果関係などを1セットで覚えれば、紛らわしい用語の区別がつくはず。

⑧用語の区別や時系列の把握は参考書なしでもできる人はいると思う。

 

通史を終えた後、センター8割を取れるなら、いきなり『100題』に進むのもアリだけど、8割が無理なら、より簡単なルートの参考書で用語の区別や時系列の把握をした方が早い!!

 

もっと詳しく聞きたい方、他のお悩みを抱えている方はお気軽に枚方校の無料受験相談までお越しください!

 

武田塾枚方校では無料受験相談を随時行っています。武田塾枚方校について知りたい方、受験のお悩みを抱えている方などはお気軽に一度武田塾枚方校までご連絡下さい。

TEL:072-808-8686

武田塾枚方校のHP→こちらをクリック

無料受験相談のお申込み→こちらをクリック