講義系参考書と問題集、同じ著者や同じシリーズで揃えたほうがよい?(質問は日本史だけど、回答は全科目共通です回)|武田塾枚方校

枚方校・

こんにちは!合格一直線武田塾枚方校、校舎長の新田です!

ここでは武田塾に日々寄せられてくる受験のお悩みを解決していきたいと思います!

ここを見て悩みを少しでも解決できたり、モチベーションがアップしたり、勉強方法がわかったりしてくれたら嬉しいな、と思います。

 

今回は「講義系参考書と問題集、同じ著者や同じシリーズで揃えたほうがよい?(質問は日本史だけど、回答は全科目共通です回)」です!

これは参考書を選ぶときに迷いますよね!

 

 

まずはこの動画をご覧下さい。

 

 

見てもらえましたか??

使いやすいならよいけれど、セットで使うことは必須ではない。

 

①例えば政経の『畠山』シリーズなど、セットの方が使いやすい教材もあるけど、講義系と問題集をセットで使った方が良い教材ばかりではない!!

②同じ著者・同じシリーズの教材は「第一候補」程度でよいと思う。

③同じ著者の教材は内容が被っていることが多い!?

④「他の角度」「別の説明」が必要な場合は他の著者の教材の方がよい!!

 

同じ著者・同じシリーズで揃える必要は無いけれど、「第一候補」として確認するのはアリ!!

 

もっと詳しく聞きたい方、他のお悩みを抱えている方はお気軽に枚方校の無料受験相談までお越しください!

 

武田塾枚方校では無料受験相談を随時行っています。武田塾枚方校について知りたい方、受験のお悩みを抱えている方などはお気軽に一度武田塾枚方校までご連絡下さい。

TEL:072-808-8686

武田塾枚方校のHP→こちらをクリック

無料受験相談のお申込み→こちらをクリック

タグ: