「決めた量を勉強して終わる」vs「決めた時間まで勉強して終わる」…1日の勉強終わりの区切りはどっちがよい!?|武田塾枚方校

枚方校・

こんにちは!合格一直線武田塾枚方校、校舎長の新田です!

ここでは武田塾に日々寄せられてくる受験のお悩みを解決していきたいと思います!

ここを見て悩みを少しでも解決できたり、モチベーションがアップしたり、勉強方法がわかったりしてくれたら嬉しいな、と思います。

 

今回は「『決めた量を勉強して終わる』vs『決めた時間まで勉強して終わる』…1日の勉強終わりの区切りはどっちがよい!?」です!

受検相談でもよく聞くことですね!

 

 

まずはこの動画をご覧下さい。

 

 

見てもらえましたか??

「決めた量」vs「決めた時間」、勉強終わりの区切りはどっち?

 

①高田先生は「決めた量」派。山火先生は「量、なんだけど…」派!?

②「決めた量」派の主張:1日の勉強量は志望校から逆算して決めるので、達成してから勉強を終えるべき。「何時まで頑張ったから」では志望校には近づいていない。

③正論です。

④「決めた量、なんだけど…」派の主張:合格可能性を1%でも上げていくのが受験。

⑤決めた量に「+アルファ」、それができる人が逆転合格者に!!

⑥「時間が余ったからもう1章やる!!」「時間が余ったからもう1回復習!!」

⑦「決められた量だけやればよい」受け身の人は受かりにくい。

 

本当に受かる受験生なら決めた量だけで終わらず+アルファを!!

たまには決めた量で終わってもよし!!ゆとりも必要!!バランス感覚大事!!

 

もっと詳しく聞きたい方、他のお悩みを抱えている方はお気軽に枚方校の無料受験相談までお越しください!

 

武田塾枚方校では無料受験相談を随時行っています。武田塾枚方校について知りたい方、受験のお悩みを抱えている方などはお気軽に一度武田塾枚方校までご連絡下さい。

TEL:072-808-8686

武田塾枚方校のHP→こちらをクリック

無料受験相談のお申込み→こちらをクリック