【保護者の方向け】受験校を話し合うときに意識して欲しいこと

滋賀彦根校・

 

こんにちは!

JR彦根駅から徒歩4分!

大学受験予備校 武田塾です♩

 

image0 (2)

 

受験相談の際に

今までほとんど勉強をしてこなかったが、

なるべく良い大学に行ってほしいので

どのようなサポートができるか?と

保護者の方からご相談いただくことが多いです。

 

全ての方に当てはまらないとは思いますが、

考えを記事にしてみましたので

是非読んでみて下さい(*'ω'*)

 

 

 

良い大学に行ってほしいなら早い段階で伝える

 

YouTuberが”億を稼げる仕事”

言われるように好きなことを追求することで

高収入を得られる可能性もあります◎

 

その一方で保護者の方は

”好きなことを勉強して欲しい”と口に出しながらも

“だけどできれば良い大学に行って欲しい”

というような考えをお持ちの場合も多いと思います。

 

出身大学別年収ランキングを見ると

1位と100位では300万円程度

年収に差が開いていますから

お子様の将来のためにも”できれば良い大学に”

と考える気持ちはとてもよく分かります(*'ω'*)

 

とは言え、

社会経験のある保護者の方とは違って

まだ受験経験も社会経験もない高校生にとっては、

🌸”良い大学”がどのような大学なのか?

🌸入学することがどのくらい難しいのか?
(=上位何%が合格するのか)
(=1日の勉強の量や質はどの程度求められるのか)

🌸今後の人生にどのくらい影響があるのか? 
(=年収や就職先)
(=不合格だった場合にどの大学に行く可能性があるのか)
↑↑
このようなことを考えるのは難しいと思います。

 

だからこそ

良い大学に行ってほしいと思っているのであれば

保護者の方がそのように感じる理由や

求められる勉強の量や質については

お子様が納得できるように

論理的に何度も解いていく必要があります。

 

特に今まで受験勉強とは無縁だった生徒は

大学受験の難易差やご自身の立ち位置を

正確に把握していない可能性が高いです。

 

それに付随して、

必要な分の勉強をしたと思っていても

客観的にみたら全然足りていない

というようなことが起きてしまうんですよね。

 

本人としては一生懸命勉強しているので、

勉強しなさいといわれても響かなかったりして

親子喧嘩になることもあると思います。

 

この一連の流れの結果として

保護者の方の願いである”できれば良い大学に…”

↑↑は実現が難しくなってしまうんですよね。

 

そのような高校生が多いからこそ

春の模試時点の第一志望校の実際の受験率は

なんと4%…とても低いんです(笑)

 

まとめると

世間体や保護者の方の期待から

難関大に行きたいと思う高校生は多いけれど、

やり方や難易度を正しく理解できていないから

正しく勉強が出来なかったり

この位で大丈夫と油断してしまったりするので

想いが実らないことが多いということになります。

 

 

 

じゃあどのように接したら良いのか?

 

こればかりは人によって違うところなので

一概には言えません。

 

国家試験の資格を希望しているのであれば

国家試験合格率が著しく低い大学は

絶対に避けたいので必然的に

目指す大学のボーダーが決まって

そのボーダーを超えるような勉強をしますよね。

 

まだ夢が決まっていないという方は

先程と重複になってしまいますが

具体的な数値で表を作りながら

このようなことお子様自身に考えていただくのは

いかがでしょうか(*'ω'*)?

↓↓↓

🌸高学歴になることによるメリット
(e.g.年収/就職先/学べる分野)

🌸第一志望校に落ちた場合のデメリット
(e.g.年収/就職先/学べる分野)

家賃、老後資金、年収、学費などを

ご自身で調べて電卓をたたいてみると

今までぼんやりしていた”志望校を目指す理由”が

明確化され”腹を括って受験に臨むはじめの一歩”を

踏み出すキッカケになるかもしれません。

 

受験業界でも

1を2にするより0を1にする方が難しいと

よく言いますからその一歩はとても大きいです。

 

一歩踏み出せたら

自分の実力と志望校のレベルを正しく把握し、

必要な勉強を続けてくだけです♩

 

内容や量については

大学受験を専門に扱う塾に通うと

提案を受けられるので一番良いと思います。

 

↑↑の内容以外に

保護者の方が心配することと言えば…

せっかく投資したのに勉強をやめてしまう

いわゆる中だるみですよね(*'ω'*)

 

生身の人間なので

ロボットのように機械的な勉強は難しい…

 

そのような時にご自宅では

勉強しなさいと叱咤激励をしたり

もう頑張らなくて良いよと甘やかすのではなく

🌸なぜモチベが下がったのか?

🌸本当に志望校に行きたいと思っているのか?

🌸今の自分の頑張りは何点なのか?

🌸反省点はなんなのか?

🌸どんな時に頑張れたのか?
↑↑
このようなことを問いかけてみて欲しいです。

 

人から聞いたこと(=押しつけられたこと)よりも

自分の思考を凝らして見つけた答えの方が

納得して勉強を再開するキッカケになり易いです。

 

自分で言ってしまった手前

後には引けないという罠もありますから

自分で考えて自分で発言するというのは

効果的だと思います(*'ω'*)

 

結局、受験をするのはお子様ご自身です。

人に言われなくても勉強できるうになるのが

一番重要なのでその意義付けをしていただけると

良いかなと感じています。

 

 

結局は勉強することが一番大切

 

ここまでモチベや目標設定など

長々書いてきましたが

高学歴をめざすのであれば

結局は勉強することが一番大切です。

 

気持が足りなくて

勉強の成果がでないとよく聞きますが

本当に気持ちが足りないの原因でしょうか。

 

勉強をすることへのモチベーションと

問題を解くことの能力が

必ずしも結びつくとは思いません。

 

勉強のモチベーションがあってもなくても

机に向かって"問題を解く技術"を磨くことが

一番重要なんですよね。

 

勉強する理由が見つかったのであれば

自分を律し続けていくだけです。

 

理想とする学歴を

手に入れてほしいと思います♩

 

 

おわりに・・・

 

武田塾彦根校では

無料受験相談を随時受け付けております!

ご利用をご希望の方は下記のリンクより

ご予約のうえご来塾ください(^^)/

無料受験相談

line_spring4

 

武田塾滋賀彦根校には

🌸彦根東高校 🌸米原高校 🌸近江兄弟社高校

🌸近江高校(アカデミー・アドバンス・総合)

🌸虎姫高校 🌸河瀬高校 🌸彦根総合高校

🌸長浜農業高校 🌸長浜北高校 🌸長浜北星高校

🌸翔西館高校 🌸八幡高校 🌸八日市高校

🌸大津清陵高校 🌸鹿島朝日高校 🌸高校中退

↑↑などの生徒が今までに在籍していました(^^)

 

卒業生の進路は様々ですが

🌸旧帝大(大阪大学・北海道大学)

🌸関関同立 🌸産近甲龍 🌸MARCH 🌸地方国立大学

などへの合格実績があります(^^)/

 

line_spring4

 

彦根駅近辺で大学受験の塾・予備校をお探しなら武田塾滋賀彦根校

武田塾滋賀彦根校 公式Twitter

武田塾滋賀彦根校 公式Instagram

 

武田塾 滋賀彦根校

過去にもたくさんブログを更新しています。

下記のブログもお勧めですので!!!

是非チェックしてみてください(*'ω'*)

↓↓↓

【校舎紹介】

後期日程で逆転合格を勝ち取った藤原Tの紹介

卒業生のKさんが語る武田塾滋賀彦根校とは?

【生徒情報】

大阪大学・立命館大学・京都産業大学に合格したN君

高3夏から勉強をはじめて産近甲龍に合格したIさんの合格体験記。

 
line_spring4