【過去問の勉強法】解き方、復習方法について解説します!

滋賀彦根校・

みなさんこんにちは!

彦根駅から徒歩5分!武田塾滋賀彦根校です!!

 

夏休みが終わり入試がだんだんと近づいてきました。

早い人は11月頃から公募推薦が始まります。

入試が近づくと必要になってくるのがその大学の対策ですよね。

対策をするためには過去問を使うと思うのですがどのように勉強すればいいのか知っていますか?

 

今回は過去問の勉強法について紹介します。

2625478

過去問を解くタイミング

みなさん過去問はいつ解いていますか?

本番直前まで触らずに直前になってから力試しのために解くという人は多いのではないでしょうか。

しかし、これは大きな間違いです。

TC160130090I9A6530_TP_V

過去問は入試直前まで取っておく必要はなくそれまでで解くべきタイミングが何度かあります。

過去問は対策を考えるのに役立つので直前に解いてそこから対策を考えるのでは遅いですよね。

 

受験勉強を始めたとき

まず最初は受験勉強を始めたときです。

この時の過去問を解く目的は自分の志望する大学の過去問がどのようなものか見ておき、勉強のモチベーションを上げることです。

 

受験勉強を始めたときに志望校が決まっていないかもしれませんがこの時に過去問を解くことによって今後自分が勉強するべきレベルが分かります。

受験勉強を始めるときに今後の進め方を決めるために1度解いてみましょう。

 

ある程度実力が付いたとき

次に解くべきタイミングは勉強をしてある程度の実力が付いたときです。

onepiece01_luffy

受験勉強を始めたころと比べると実力が付き解ける問題が増えていることに気づけると思います。

この時の目的はどの程度実力が付いたのか確認することです。

 

自分が思っていたよりも点数が高ければ勉強を頑張ったということですが低ければ勉強法が間違っているかもしれないので変えるべきかもしれません。

また、今後の勉強方針についても決めることができるので実力が付いたときに解くというのもアリです。

 

過去問に挑む力が付いたとき

次は過去問に挑む力が付いたときです。

今までは点数が取れなくてもよかったのですが今回はある程度点数が取れないと困ります。

過去問に挑めるだけの力はついているので基本的な部分は点数が取れるはずです。

そしてこの結果を見て自分の苦手な範囲(対策が必要になってくる範囲)を分析し今後の勉強に役立てていきましょう。

 

志望校対策の後

最後は志望校対策の後です。

 

過去問に挑む力が付いたときに1度解いて対策をしています。

なのでその対策がしっかりとできているのかがこれではっきりします

この時にはしっかり合格できるだけの点数が取れるかを試しましょう。

合格点に届かないときにはしっかり復習をして新しく対策を考えるようにしましょう。

 

過去問の解き方

解くペース

過去問は1週間に1~2年分解きます。

過去問は毎日解くといいというものではありません。

 

解いた後に分析をして対策をすることが重要になってきます。

なので1週間に何回も解くのではなく1・2回といて残りの日は解き直しや苦手分野の復習などをするようにしましょう。

 

解く順番

多くの人が大学は複数校受験することになります。

そうするとそれぞれの大学ごとに対策が必要になってきます。

しかし、全ての大学の過去問を解いていると時間が足りなくなります。

なので過去問は志望順位が高いものから解くようにしましょう。

もちろん、一般入試の前に公募推薦を受ける人は公募推薦の過去問を先にするようにしましょう。

 

まず最初に第1志望の大学を解いてそこで必要な対策を把握するようにしましょう。

そして第2志望以下はその対策の量を考慮し余裕がありそうなら解き進めるようにしましょう。

 

意識すること

過去問を解く時に意識してほしいことは点数ではなく取るべきところが取れているかです。

過去問を解いて点数を取ることは重要です。

しかし、点数を気にするのではなく取るべきところでしっかり点数が取れているかを確認しましょう。

 

今までに勉強してきて解くべき問題が解けていなかったり適当に答えて正解していたり注目するべきポイントはたくさんあります。

点数を気にしてしまいがちですが解いたときには自分の実力と点数の差を意識するようにしましょう。

そしてこれからの勉強につながるように対策を考えていきましょう。

 

復習方法

分析する

過去問は解いたら分析をして復習するようにしましょう。

過去問は入試本番と同じレベルの問題です。

このレベルが解けないと合格することはできません。

 

過去問を解いていて間違えた問題はケアレスミスをしてしまったのか、問題の途中までは解けたのか、全く分からなかったのかなど何段かに区切ってそれぞれ細かく分析していきましょう。

この時に過去問レベルが解けるようになるために何が分からなかったのかなぜ間違えたのかを確認するようにしましょう。

 

間違えた原因が分かったら今後そういったミスを無くすためにどうするのかも考えるようにしましょう。

 

2週目以降の解き方

過去問を解いて解き直しは必ずするようにしましょう。

また、解いてしばらく期間が開いてからももう一度過去問を解くようにしましょう。

 

このときは点数が取れているかよりも前回解いたときの課題が克服できているか、全回間違えた問題が解けているかを意識して復習しましょう。

直前まで解かずに残しておくと復習がしっかりできなくなります。

何回も問題を解くためにも過去問は早くから取り掛かるようにしましょう。

 

まとめ

今回は過去問の勉強法について紹介しました。

過去問を解く上で一番重要なことは分析をして今後に活かすことです。

問題を解いたらどの分野が弱いのか、なぜ間違えたのか、何が分からなかったのかを意識して復習しましょう。

 

過去問は2週目、3週目・・・と何回でも解いて勉強することができます。

2週目以降は自分がやってきた対策が正しかったのかの指標にもなります。

本番直前まで残しておくのではなくタイミングが来たら解くようにしましょう。

 

 

 

 

おわりに・・・

武田塾彦根校では無料受験相談を随時受け付けております!

塾や予備校に通わなくたって成績は伸びる!受験は勝てる!という理念を掲げている学習塾ですのでお気軽にご相談ください。

 

彦根駅近辺で大学受験の塾・予備校をお探しなら武田塾滋賀彦根校

武田塾滋賀彦根校 公式Twitter

武田塾滋賀彦根校 公式Instagram

 

彦根校はまだまだタメになるブログが沢山あります!!下記のブログもお勧めですのでどうぞご覧ください( `ー´)ノ

【講師紹介】

後期日程で逆転合格を勝ち取った藤原Tの紹介

模試2割・・・からの逆転合格を成し遂げた中谷Tの紹介

【生徒情報】

大阪大学・立命館大学・京都産業大学に合格したN君

夏休みに入塾からの逆転合格 岐阜大学・京都橘大学に合格のHさん

 

関連記事

MS251_imayaraduituyaru_TP_V4

みなさんこんにちは! 彦根駅から徒歩5分!武田塾滋賀彦根校です!!   夏休みが終わって受験本番が少しずつ近づいてきました。 勉強は順調にできていますか? 学校が始まって思うように勉強時間が…

mathematics-757566_640

みなさんこんにちは! 彦根駅から徒歩5分!武田塾滋賀彦根校です!!   みなさん数学は得意ですか? 数学は得意な人と苦手な人の差が出やすい科目ですよね。 そんな数学ですが正しく勉強できていま…

thumbnail

みなさんこんにちは!彦根駅から徒歩5分!武田塾滋賀彦根校です!!   夏休み前になり真剣に志望校について考えるようになってきていると思います。 しかし、どのように併願校を決めたらいいか分から…

literature-3033196_640

みなさんこんにちは! JR彦根駅から徒歩5分、武田塾滋賀彦根校です!   「夏休みを制する者は受験を制する」 というフレーズをよく聞きますが、 夏休みの勉強は順調ですか? 夏休みは学校がなく…