近畿大学の英語 傾向と対策

彦根校・

こんにちは!武田塾彦根校です!

今回は志願者数が日本一である「近大マグロ」で有名な近畿大学の英語の傾向と対策についてお話ししたいと思います!

近畿大学の英語 傾向と対策

近畿大学の英語 対策ブログ

出題傾向について

会話文、文法・語彙、長文読解からなる大問7題の出題で、全問マーク方式の形式が続いています。

試験時間は60分です。

出題内容について

例年設問内容はパターン化しており、以下7つの大問で構成されています。

1⃣2種類の会話文の空所補充問題

2⃣150語程度の英文中の空所補充問題

3⃣短文中の空所補充問題

4⃣与えられた英文と同じ内容の英文を選ぶ問題

5⃣用例の英文が与えられ、それに相当する単語を4択から選ぶ問題

6⃣和文の意味になるように英語の語句を並べかえる問題

7⃣350~400語程度の長文読解問題

なんと、1⃣から6⃣までは文法を問われる内容と空欄補充問題で構成されています!

長文は1問なので文法の比重がかなり高いですが、会話や長文、穴埋めなど様々な角度から理解力を問われるので、標準的な知識はしっかりと固めておく必要があります

難易度

前項の大問7つをそれぞれ見ていきましょう。

1⃣会話文

→語彙・内容とも平易なものが中心ですが比較的長めの対話文であるため、

 会話をイメージしながら読むことを心掛ける必要があります。

 また、設問を解く際には、空欄の前だけではなく直後もしっかりと読みましょう。

2⃣読解問題

→英文が短く、ほとんど文法問題に近い問題です。内容もそこまで難しいものではありません。

 選択肢の品詞が多岐にわたるため、まずは品詞の知識に基づいて選択肢を分類しましょう。

3⃣空欄補充

→正確な文法・語彙力が問われますが、難易度は標準的です。

 センター試験の文法問題と同じ形式で難易度も似通っています。

 まずは選択肢を見て、何が問われているのかを把握しましょう。

4⃣類義文選択

→熟語の知識が問われます。

 熟語さえ分かっていれば解ける難易度ですが、たまに難しい単語が混じっていることがあります。

 まずは設問をしっかり読んで意味を理解しましょう。

5⃣語の定義(語彙選択)

→たまに難しい問題がありますが、用例となっている英文から定義を類推できるケースが多いです。

 英単語の問題なので、単語を覚える際にその単語の持つ意味合いをしっかりと分析するように心がけておきましょう。

6⃣語句整序

→基本的な文例がそのまま出題されることがあるため、平易です。

 選択肢の中から、日本語訳と合わない単語を消去して挑めば問題ないでしょう。

7⃣長文読解

→内容・設問ともに平易で、選択肢も紛らわしいものはありません。

 設問は文章の理解を問うものが多いので、英文を読めているかどうかでほぼ得点が決まります。

 近大の英語はパラグラフごとに問われるので、全部読んでから設問を見るのではなく、1つのパラグラフを読むごとに設問に移りましょう。

 パラグラフごとにキーワードや要約を日本語で軽くまとめると良いですね。

近大英語の対策

近大英語はどれも基本的な問題で取り組みやすいですが、試験時間が60分と短めなので時間配分が重要です。

単語や熟語も難しいものはほとんどみられないため、基本的な英単語・文法・英熟語を身につければOK。

参考書を一冊完璧に仕上げて、問題集で知識のアウトプットをしましょう。

つまり、基礎を徹底的に固めることがとても大事です!

ここが出来ていれば8割以上取ることが出来るでしょう。

ということで、この3つについて武田塾オススメの参考書を紹介したいと思います!

システム英単語

2章までがセンターレベルとされています。

そのため2章までは完璧にしましょう!

英単語を見た瞬間に日本語訳を言えるようにしてください。

速読英熟語

近大の英語では熟語を問われる問題が多く存在するので、「速読英熟語」で熟語を暗記するのがおススメです。

テーマごとに長文が付属しているので、長文に使われている熟語を覚えていくという感じで暗記すると良いでしょう。

Next Stage

Next Stageは最低3週はしておきたいですね。

会話文の問題もあるので、形式的なものは覚えるようにしましょう!

以上の3つを完璧にできれば基礎はできあがります。

英語長文レベル別問題集4

単語や熟語、文法等を頭に入れた後に長文の学習のために初めに解く参考書です。

難易度としてはセンター試験と同じぐらいかセンター試験より少し簡単ぐらいです。

やっておきたい英語長文300

「英語長文レベル別問題集4」を終わらせた後に解く問題集です。

センター試験や日大をはじめとする偏差値50前後の私立大学の英語長文問題対策となります。

各設問についてなぜその答えになるのか自分なりに説明できる状態まで理解することが重要です。

 

参考書を1冊完璧にして、基礎が固まってきたら過去問を解きましょう!

形式に慣れ、時間内に解き終わる練習をしてください。

近大の英語はレベルも一部の問題形式もセンター試験と似ているので、近大の過去問が難しくて解けない!という人はセンターの過去問から練習してみてください!

 

いかがでしたでしょうか?

もっと詳しい話を聞きたい!という方は、武田塾彦根校までお気軽にお問い合わせください。

無料受験相談も行っています。お待ちしております!

 

住所 〒522-0073 滋賀県彦根市旭町9-34 上野第4ビル 2階

ご予約はお電話(0749-47-3347)

もしくは 以下のお問い合わせフォームまで!!

無料受験相談

タグ:
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談