【大学受験】受験生必見!!過去問の効率的な進め方

東大宮校・

こんにちは!!
東大宮駅すぐ 武田塾 東大宮校です。

夏休みも終わり、学校も再開しました。
受験に向けて、過去問を解いている人、もしくは解こうと思っている人は多いのではないでしょうか?

この時期になると、生徒に質問されるのが

「過去問は何年分解けば良いのか?」

「過去問はいつから解くべきか?」

といったことです。

そこで、今回は過去問を進めるうえでのポイントを紹介します!!

 

過去問はどう解いていけばいい?

過去問を解き始めるときに生徒さんからよく聞かれるのが、

①いつから解くべきのか

②どこから(新しいものから)解くのか

③どれくらい必要なのか(何年前まで)

などになります。赤本を買ったけどどうしたらいいか、どの程度の志望校まで赤本を用意したらいいかなど悩む人が多いようです。

 

過去問の進め方 いつから解く?

周りがみんな解き始めたから
そういった時期だと思ったから
中には「受験勉強始めよう!」と思ってまず最初に過去問からスタートした

なんて人もいるくらいタイミングはそれぞれです。

 

214hariIMGL9956_TP_V1

結論としては、受験勉強の初期に一度見ておき、ある程度学習が進んでから解くべきかと思います。
英語だったら文法・解釈が終わり長文が読めるようになったら、

数学だったら数Ⅰ~Ⅲの参考書を1冊終わらせたくらいです。

それは、そのレベルが学習し終わっていないのに過去問を解いても点数がとれないためです。

まだ学習が進んでいない状態で解いても逆に焦る要因になってしまいます。

例えば模試についても、何点だったか・判定がどうかより、今まで学習した範囲に対して、そこができているかを重視していきます。

過去問も同様に、自分の弱いところを発見していくのに有効です。

そのため過去問演習は武田塾で言う日大レベル・MARCHレベルなどが学習し終わってからの方がいいと思います。

ただし、日東駒専・MARCHとひとくくりにしても、大学や学部によって出題される問題や形式はだいぶ違います。

解けないことは前提の上で先に一度過去問を解き、どれくらいのレベルなのか、どんな問題が出るのかを見る。

そして何が足りないのかを把握するといった意味で演習するのはとても有意義かと思います。

 

過去問の進め方 新しいものから解く?

過去問はそれぞれ過去〇年分と載っていますが、新しいものから解いた方がいいです

最新のものは入試間近に解きたいからと取っておく人もいるのですが、

入試形態や出題範囲が変わっている場合もあります。

過去5年~2年前のものを解いてレベルや形式にも慣れ、大丈夫になったと思い

1年前のものを解いたら形式ががらっと変わっていたなんてこともありました。

私も最新のものは残しておきたい方だったので気持ちは分かるんですけどね。。。

過去問の進め方 どこまで用意する?

どの程度の志望校まで用意すればいい?

何年分そろえればいい?

第一志望の大学はもちろんとして、併願校やすべり止めを考えるとどの大学まで過去問を用意したらいいのかも疑問になります。

全部自分でそろえるのは大変だと思いますが、

最低でも1・2年は、第一志望であれば5年分くらいは解きたいところです。

私が見ていた限りでも、第一志望に合格した生徒はそれくらいやっていたかと思います。

また、すべり止めだからと一度も解かずに入試に挑む人も見かけますが、それは危険です。

すべります。せめて1回は見てください。

高校に赤本が用意されていて見ることができます。

そんなにお金をかけずに手に入れることができるので、古い

ものはそういった手段で、最新のものは本屋でとうまく利用してみてください。

 

無料受験相談

 

過去問は解くことも大事ですが、その復習や苦手分野の発見と克服が重要になってきます。

ここから先は過去問演習も増えると思いますが、やり方が分からなければ武田塾の受験相談をご利用ください。

 


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

  ~東大宮・蓮田の 塾 予備校~
武田塾東大宮校
TEL:048-872-7259 
Mail: higashiomiya@takeda.tv 

武田塾 東大宮校 - さいたま市見沼区・東大宮駅前 - 予備校いくなら逆転合格の武田塾 (takeda.tv)

〒337-0051 
埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-2-11 さじやビル 2階

東大宮校について詳しくはこちらから

 

<<無料受験相談実施中>>

・勉強しているのに成績が上がらない
・高1だけど今何をすればいいのか分からない
・勉強しているけどやり方が合っているか不安

とお悩みなら一度受験相談にお越しください。

・英単語を1日100個覚える方法
・合格までに今日やるべきこと

など武田塾の勉強法をお教えします。詳細はこちらからも。