慶應と海外大学に逆転ダブル合格!偏差値40台から予備校なしで!

東久留米校・

尾身くん

みなさんこんにちは!

武田塾東久留米校 統括の井関です!

 

今回は、僕がまだ現場で講師として指導していたときの生徒さん「尾身くん」のお話をさせていただきます!

 

高校2年生の8月時点の偏差値は、、驚愕の40台!

しかも勉強はまったくやっておらず習慣もついていないという状態でした。

 

そこから約1年半の武田塾通塾でなんと、、

慶應義塾大学 法学部イーストアングリア大学 国際開発学部(イギリス)

大逆転合格を果たしました!!

 

果たして尾身くんはどのように、

国内最難関の慶應義塾大学と、海外のイギリスの大学に合格したのでしょうか!

尾身くんのインタビューをご紹介します。

 

【生徒基本情報】

尾身 柊(おみ しゅう)くん

出身校:本郷高校

入学時偏差値:40台・E判定

合格大学:慶應義塾大学 法学部 / イースト・アングリア大学

 

 

 

入塾前の成績は?

入塾する前の偏差値は45ぐらいだったと思います。

具体的には、英語の模試で200点満点中100点前後しか取れないレベルで、英検三級ですら苦戦していました。。

 

武田塾に入る前は、毎日友達と遊んだりして、

親から「勉強しろ!」と言われても嫌で全然していませんでした。

 

とにかく勉強をしていなかったので、学校の成績も酷くて、

高校の成績はビリから3番目ぐらいでした。

正直、周りからも見下されていたと思います。

 

 

武田塾を知ったきっかけ

まず、母親から「勉強しろ!」の流れて「塾に行け!」と言われていました。

そして、自分の中も「そろそろヤバいかも」と危機感は抱きつつあったので、受験のための予備校を探していました。

 

その中でいろいろな予備校や塾を調べたのですが、

武田塾以外の予備校や塾は、授業をするだけで、結局学校のスタイルと一緒だなと感じました。

学校とは違う、今までとはまったく新しい勉強法をしてくれる塾や予備校を探していたので、

なかなかピンときませんでした。

 

そんなときに武田塾のチラシをたまたま見つけて読んだのですが、

武田塾だけは、他の塾とシステムが全然違っていて

「これなら自分でも伸びるかもしれない」と思って相談に行きました。

 

 

入塾の経緯

1ヵ月間だけの夏だけタケダという講習で実際に武田塾の仕組みを体験して

自分自身にあっているなと感じたので入塾を決めました

 

「夏だけタケダ」の期間中だけで英単語を1200個以上も暗記できたので、

「これは本当にいけるぞ!」となったのがとても印象的でした。

 

また、その期間だけでも担当じゃない方も僕の名前を知ってくれて、

本当に僕のことを考えてくれているなと感じました。

 

特に、集団授業がメインの塾や予備校は、

たくさん生徒がいるからあまり個人のことを考えてくれないのではないかと思います。

実際、高校の集団授業を受けていた時はそう感じていました。

 

 

武田塾に入ってからの勉強法の変化!
どんなところがよかった?

①勉強の習慣が身に着いた

武田塾では、

毎週宿題を出され、宿題をしっかりとこなしているかを担当の先生に徹底的に管理されるので、

一気に勉強をするようになりました。 

 

なので、一番の変化は勉強の習慣が身についたことですね。

 

またそれに伴い、生活習慣も劇的に変わりました。

毎日、何をやるべきかを明確に提示してもらえていたので、それをもとにデイリーベースで計画を立てるようになりました。

その結果、一日の時間の使い方(タイムマネジメント)が相当うまくなったと思います。

 

自分に合わせた勉強法やペースを取ってくれる

自分の担当だった井関先生は自分の性格上の強みや弱みを分析してくれて、

僕の特性を理解した上でアドバイスをしてくれました。

 

宿題の出し方なども、

合格に間に合うように、でも僕の性格や得意・苦手に合わせて上手く調整してくれました。

そのおかげで、自分のレベルに適した参考書を使って着実に成績を伸ばせたと思います。

 

また、井関先生自身も武田塾で逆転合格した経験を持っていたので、

その時の経験を直接聞けたのもかなり参考になりました。

 

復習日を設けて完璧な一冊をつくる

小さい単位に分けて勉強を進め、必ず復習日を設けるという武田塾の暗記法も良かったです。

武田塾の勉強法のおかげで、手をつけたものをやりっぱなしにせず

完璧な一冊がどんどん自分の中で増えていきました

 

大学に合格してからも武田塾で培った勉強法を応用して、様々なことを効率的に学べています。

今ではさらに高度な学問をしたいと思っていて、イギリスの大学院に進学し、「国際開発学」を専攻しています。

高2の夏までの自分からしたら、

本当に嘘のようなお話だと感じています。

尾身くんの成績が爆上がりした武田塾の勉強法についてはコチラ

 

 自信がついた!

8月に入塾した際ときは、英語のセンター試験で半分の100点を取ることすら難しかったのですが、

その年のセンター試験(同日模試)の英語を解いてみたら、

いきなり200点満点中192点を取ることができてあまりの成長の速さに自分でもビックリしました!

 

また、偏差値が上がっただけではなく、高校の定期テストでも成績が良くなりました!

英検三級ですら苦戦していたのに、高校2年次の終わりに英検準1級にも合格することができたので、

高校では表彰も受けました。

 

結果がついてくるとさらにやる気が出てきて、どんどん勉強に夢中になっていきました。

武田塾に通う前は学校では見下されていましたが、

勉強ができるようになって周囲からの目も変わったので、すごく自分に自信がつきました

 

高3の夏休み前には、早稲田大学や慶應義塾大学の英語の過去問では、合格点を取れるようになっていたので、

「ほかの科目も英語と同じように絶対に伸ばせる!」

と、英語の伸びがほかの科目のモチベーションアップにつながっていました。

 

 

"慶応義塾大学"に合格するために工夫したことは?

慶應合格のためには色々と工夫していました!

中でも以下の3つが、特に、というポイントです。

①英語と世界史に特化した!

英語世界史に関しては、個別指導まで付いている個別管理特訓を取ってかなり手厚くみてもらいました。

とにかく英語と世界史に特化して勉強したことが、慶應義塾大学 法学部に合格できた一つのポイントだと思います。

なので、慶応だけにどうしても受かりたいという場合は、英語と世界史に特化して受験するのもありかと。

 

実際、英語に関しては早稲田と慶應の過去問でも簡単に感じられるレベルにまで達していました。

特に英語では、9割以上を取ることも普通にありました。

この頃は正直、受かって当たり前という感覚でした。

 

②古文と漢文を捨てた!

実は慶應に絞っていたこともあり、古文と漢文は捨てていました(笑)
(慶応は国語の入試が小論文なので、古文・漢文はありません!)

その結果、 MARCHで使う古文・漢文をやらなかったので、MARCHは全落ちでした(笑)

本当に、「慶應義塾に受かりたい人"だけ"」にオススメです…!

 

③現代文も削った!

実は、現代文の勉強もあまりしていませんでした

もともとそこまで現代文に対して苦手意識もなかったので、

MARCHに切り替えるなら後からでも間に合うと先生と一緒に判断し、あえて削りました。

ただ、念のため武田塾からもらったカリキュラムを自分でやり進めていました。

結局、慶應では必要なかったのであまり力は入れていませんでしたね。

 

慶應義塾を受験するにあたり、小論文の対策はどうやっていたの?

小論文対策は基本は武田塾のルートに従って自学自習をしました。

小論文の対策は高3の夏から本格的にスタートして、武田塾の先生に添削してもらっていました。

夏からはほぼ毎日、武田塾オススメの参考書を読み込んだり問題演習をしたりと、

ほぼ毎日小論文に触れるようにしていました。

小論文では、添削してもらった問題も解きっぱなしにせず、しっかり書き直しをしたことが良かったと思います。

毎日やっていたと言っても、一週間あたり7~10時間ぐらいの勉強で間に合いました。

しっかりと武田塾のやり方で進めていけば、

夏休みに入った直後ぐらいから対策することで、余裕を持って合格点が取れるようになると思います。

 

 

合格校と合格時の偏差値は?

合格したのは、慶應義塾大学 法学部と、University of East Anglia(イーストアングリア大学)です。

最終的に、偏差値は70前後まで上がりました。

第一志望であったイースト・アングリア大学に合格できたので、 

慶應は受験しなくても良いかなと思っていましたが、武田塾で学んできた結果を証明しようと思って受験したら合格しちゃいました!

合格したとき、やっぱり武田塾の勉強法は間違いなかったなと思いました。

 

 

最後に、受験生にメッセージをどうぞ!

正直、僕のように今まで勉強してこなかった人たちは、入塾した直後はしんどいと思います。

なぜなら、自分で自学自習しないといけなくなるのですから。

 

武田塾は他の予備校や学校のように、ただボーっと授業を受けていれば良い塾ではありません。

でも、先生から課される宿題をこなしていけば段々と慣れていきますし、確実に実力がつきます。

最初は辛いかもしれませんが、我慢して武田塾を信じて、実力がつくまで続けてみてください。

正しい方法で結果が出てきた頃には、きっと勉強自体が楽しくなってきていると思います。

こうなったらもう逆転合格は楽勝です。

だから、とにかくめげずに武田塾のやり方と先生を信じて頑張ってください。

 

また、武田塾の勉強法を使えば、海外大学に進学することだって可能です。

これからは英語力が必須の社会になっていくと思います。

最初から海外大学を視野に入れて受験勉強をしても良いのではないかと思います。

海外の大学で4年間勉強することによるメリットは、普通の日本の大学に行くより絶対に大きいです!

勉強がまったくできなかった僕にも出来たんだから、きっと貴方も逆転合格できますよ!

がんばってくださいね!!

 

 

 

◆◇◆◇武田塾の季節講習のお知らせ◇◆◇◆

【高3生・浪人生】

今からでも間に合わせる!最後の追い込みを武田塾で!

かけこみタケダ

 

【高2生・高1生・中学生】

受験のためのスタートダッシュを武田塾で!

冬だけタケダ

 

👇季節講習の申し込みはコチラから!👇
無料受験相談

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

武田塾東久留米校HPはコチラ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

偏差値31から明治大学+イギリスの国公立大学へ合格した元武田塾生の井関統括、
独学のみで北海道大学に現役合格を果たした細沼校舎長
が無料で相談に乗ります!

IMG_3825

井関 真大

東久留米校・田無校・ひばりヶ丘校統括。武田塾4期生。

偏差値31から武田塾に高3の4月に入塾し、明治大学商学部に現役合格した。

明治大学入学後、独学でイギリスの国公立大学であるイースト・アングリア大学にも進学。

まさに武田塾のレジェンド

TOEIC990点満点、英検一級、ケンブリッジ英検CPEに合格している実力派講師。

緻密に計算された受験計画に抜け漏れなどない。

現在は「武田塾Englishチャンネル」でも活躍中。

 

これ2

細沼 海斗

武田塾 東久留米校 校舎長。

井関統括指導のもと、武田塾 田無校での教務を経て校舎長へ就任

学校の勉強と参考書を使った独学で、北海道大学の現役合格を勝ち取った経験をもとに、

受験生の勉強法をサポートし、第一志望合格へと導く。

時に厳しく、時に優しく、皆を陰から支える若き校舎長である。

 

ご希望の方はこちらからお申込み下さい!
無料受験相談

 

 

バナー_署名欄冒頭

統括校舎一覧

line_oa_chat_210118_192830

《武田塾 東久留米校》

〒203-0053
東京都東久留米市本町1丁目5−2 グランディール石坂 2階

武田塾東久留米校HPはコチラ!無料受験相談ボタン

 

写真 2020-01-14 22 58 11

《武田塾 田無校》

〒188-0011
東京都西東京市田無町3丁目3ー4 チェリーハイツ 1階

田無校のホームページはコチラ無料受験相談

 

DSC_1403

《武田塾 ひばりヶ丘校》

〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3丁目27−11 JCビル 4階

ひばりが丘校のホームページはコチラ無料受験相談ボタン

 

 

関連記事

武田塾

  みなさんこんにちは!武田塾東久留米校の細沼です! 今回は「武田塾について」ご紹介していきます!   改めてここで、武田塾のサービスはもちろん、 「授業をしない」ってどういうこと…

根津くん

こんにちは、 武田塾東久留米校の細沼です!   東久留米校では、 西東京・東久留米エリアの武田塾の合格体験記をお届けしています!   この記事では、偏差値43という危機的…

細沼_ブログ用2

  みなさんこんにちは!武田塾東久留米校校舎長の細沼です。 今回のブログでは、僭越ながら僕の自己紹介をさせていただきます!   前半は文字通り、僕の自己紹介を、 後半は僕の大学受験…

ここがスゴイ

  近くに武田塾がやってきたけど、どんな塾なのかわかりません!!! どうすれば?!?!?   そんな質問にこのブログではばっちり答えていきます!     目次 …