受験生の保護者様・親御様必見!!子供に言ってはいけないNGワード

羽生校・

こんにちは!!武田塾羽生校です。

9月もはやくも中旬になりました。いよいよ秋本番になってきましたね。

高校3年生・浪人生は、あと半年ほどで受験本番。

高校1年生、2年生は「そろそろ受験の準備しないとな」と考えている時期ではないでしょうか?

そんな状況の中で、親御様は受験生の子供に対して、

「うちの子供は成績大丈夫なのかな?」

「進学校ではないけど、難関大学に受かるの?」

「子供は、ちゃんと勉強しているのかな?」

 

こんな不安や悩みをお持ちではないでしょうか?

そこで今回は、受験生のお子様を持つ保護者様・親御様が【子供に言ってはいけないNGワード】をご紹介致します。

ぜひ、参考にしてみてください(#^.^#)

受験生の子供に言ってはいけないNGワード

親が言ってはいけないNGワードその1:勉強しなさい!!

保護者様・親御様は「うわぁ、毎日言ってる・・・」と思った方は多いのではないでしょうか?

「勉強しなさい!!」これは一番言ってはいけないNGワードです。

何故か?

勉強しないといけないことは、子供自身がすでにわかっているからです。

勉強していない受験生・子供は、「勉強しないとな・・・だけど」と思っています。

そのような状況で、親から「勉強しなさい!!」と怒っても意味があるでしょうか?

子供も怒られても勉強していないので、

「やっぱり怒られたわ・・」

「でしょうね・・・」

と感じます。

もちろん、受験生の子供が、このままだと受験に落ちると気づいていない時に気づかせることを目的に叱ることはすごく価値があります。

ただ、受験生の子供が、「やばい。勉強していない・・」と気づいているのに怒る行為は、基本的に子供の育成という側面では意味がありません。

ストレス発散

もやもや解消

のために怒っても意味はありますか?

とはいえ、勉強していないと受験に落ちることはわかっているけど、勉強しなくても怒られないから大丈夫!!と子供に思われてもいけません。つまり、再発防止が何より重要なのです!!

そのため、保護者様・親御様が必要なサポートは、再発防止のためにどうするのか?を子供と一緒に考えることが大切です。

今の勉強時間やどういう勉強をしているのかを詳しくヒアリングしましょう!!

「何を子供に聞けばいいかわからない」

「勉強をどのようにすれば良いのかわからない」

という保護者様・親御様は、武田塾羽生校では無料で受験の相談をしていますので、ぜひお気軽にお問合せください。

無料受験相談

親が言ってはいけないNGワードその2:兄弟や他人との比較

これは、私もよく目にしますが、子供はかなり傷つきます・・・

「お兄ちゃん・お姉ちゃんは成績優秀だったのに・・」

「弟・妹のほうが良く出来るな」

「○○くん成績良いよね」

といった話は絶対に言ってはいけません。

相手の立場にたってみたらどうでしょうか?

「うるさいなぁ・・」と思いませんか?

言われたとしても、子供のやる気は全くおきないはずです。

親が言ってはいけないNGワードその3:ネガティブな発言をする

「どうせ勉強しても無駄」

「うちの子なんだから絶対無理」

こういうネガティブな発言は控えましょう!!

子供のやる気や勉強に対しての意欲は、間違いなく下がります。

基本的にこのようなネガティブな発言は根拠がありません。

もちろん、

「基礎が出来ていないので中学の範囲からやり直す」

「時間をかけて勉強しないといけない科目」

はあります。

とはいえ、スポーツなどと比べると沢山勉強すればある程度の成績が上がるのが大学受験です。

受験勉強に関しては、全員が志望校合格するとは言いませんが、必死に勉強すればMARCH以上の大学に合格することは可能です。それに対して、

「どうせ勉強しても無駄」

「お前はうちの子供だから無理」

と言われてしまうと、君はダメな人というレッテルを貼っていることになります。

特に、16~18歳といった受験生に言ってしまうと、受験生自身が「私は絶対無理だ」と自分の能力やポテンシャルに蓋をしてしまいます。

さらにもっと良くない発言が、「うちの子なんだから絶対無理」と言ってしまうことです。

確かに、保護者様・親御様の気持ちも理解出来ます。

ただ受験においては、親の遺伝とかは関係なく、

努力した量

が圧倒的に重要です。

両親が高学歴だとしても、子供が勉強していなければ、難関大学に合格するはずもありません。

努力量が圧倒的に大切なのです。

大学受験は親子の二人三脚が大切

受験成功のカギは【家族の信頼関係】です。

受験生の「子供」と「親」が一緒になって受験のことを知り、しっかりと話し合って納得のいく決定をしていくことが重要です。

早慶やMARCH以上の合格実績がこれまで全くなかった高校から早稲田大学合格がでたり、不登校の少年が一橋大学合格したりと10代の受験生には非常に才能に恵まれたポテンシャルがあります。

保護者様・親御様も子供を信じてあげることが何より大切です。

最後に

いかがでしたか?

今回は、受験生の保護者様・親御様が子供に言ってはいけないNGワードについて紹介しました!(^^)!

武田塾羽生校では、無料受験相談(カウンセリング)を実施しています。

「勉強のやり方がわからない・・」

「何から勉強していけば良いかわからない・・」

「今から間に合うの?」

お気軽にお問い合わせください。

無料受験相談

受験勉強のことをもっと知りたい方は下記の記事をクリック

【受験生必見】偏差値30から70に上がる!?英語のレベル別勉強法

知らないとヤバい!今、勉強するべき参考書がわかる【逆参.com】

【ライバルに差をつけよう!】スキマ時間の効果的な使い方

【いよいよ受験本番!!】高3の秋から対策するべきこととは!?

高2の秋から受験勉強スタートで早慶・国公立は楽勝!?

武田塾羽生校がついに開校!武田塾ってどんな塾なの?

=====================================

日本初!授業をしない武田塾 羽生校

〒348-0058

埼玉県羽生市中央2丁目2−23 小川ビル 2階

TEL:048-578-8015

[月曜日~土曜日]
受付時間 13:00~22:00

=====================================