ブログ

【必見!】1・2年生から始めて欲しい!逆転合格のための勉強法3選

はじめに!

みなさんこんにちは!
函館市電中央病院前電停から徒歩1分、武田塾函館校 です!

最近、急に寒くなってきて秋を感じますね!
受験生の皆さんは、基礎を固められてきましたか?

さて、今回は高校1,2年生に向けての内容です。
みなさんの中には、
・「今から対策始めたいけど、から始めたらいいのか分からない…
・「高校1,2年生は何をしておくと受験に有利になるの??」
…などなど様々な声があると思います。

そこで今回は
高校1,2年生に知ってほしい重要な勉強法 を3つご紹介します!

ぜひ参考にしてみてください。

また今回の内容は武田塾の公式YouTubeチャンネルでも解説しているのでそちらも併せてご覧ください!

無料受験相談

 

 

高校1,2年生に知ってほしい重要な勉強法!

武田塾には勉強法が沢山あります。
例えば、英語の音読・英作文・リスニング・社会の勉強法…など色々あります。
この中でも特に“この3つが重要だ!”という勉強法を今回はご紹介します。
高校3年生の方でもこの勉強法を知らないとヤバいのでぜひ最後まで読んでほしいと思います。

 

①今日やったことを全問正解できるまでやる!

これは具体的に言うと、“間違えた問題の解きなおし”です。

みなさんは一日の中で解いた問題を全問正解できるまでやっていますか?

特に高校1,2年生の頃は間違えた問題があっても
・「まあこれくらいは後でやればいいや…
・「これが分からなくても必要になってから覚えればいいでしょ…

…などいろんな理由をつけてほったらかしにしてしまいがちです。

そうではなくて、もしその日間違えたところが出たのであればその日に潰しましょう
ここでいう“潰す”とは赤ペンで答えを写したり、解答を読んで「なるほど!」となる程度ではなくて、“ちゃんと自力でできるまで仕上げる”という意味です。

問題を解く生徒のイラスト
解答を隠してもう一度自分で再現できて初めて1問クリアです。

例えば数学でも、その日に間違えた問題を解説で理解するところまではみんなやっています。

しかし、そこですぐにもう一回解き直すかというとその日にはやらない人が大半です。
実際にやってみると、その直後に自分で解こうとしてもできない人も多く、そのレベルで次の日や時間が経ったらより解けなくなっていく…という負の循環に嵌ってしまいます。
理解した直後に自分でできないなら、それはその先もずっとできないままです。

分からない生徒のイラスト
武田塾では、その日間違えた問題を完璧にできているかどうか確認するために「ノートチェック」というものを行っています。

ノートチェックで一週間ごとに講師が生徒の1週間分のノートをチェックして、間違えた問題がその日のうちに完璧になっているかどうかを確かめます。
これがこなせていないと参考書を前に進むだけ進んで、結局何も身に付かずに終わってしまいます。
日々の勉強を「その日に完璧にできたのか?」という積み重ねの先に1冊の完璧があるというのを知ってほしいと思います。

 

②「4日進んで2日復習」を守ろう!

武田塾では以下のような勉強の進め方をします。

1日目 1~10 → 全問正解まで行う
2日目 11~20 → 全問正解まで行う
3日目 21~30 → 全問正解まで行う
4日目 31~40 → 全問正解まで行う
5日目 1~40復習 → 間違えた問題をできるまで行う
6日目 1~40復習 → 間違えた問題をできるまで行う

上記の通り、最初の4日間は参考書を進めていき、後半の2日間で復習をします。

まずは最初の4日間がとても重要です。

参考書を進めるといっても、その完成度が低ければ次の日の勉強が分からなくなったり、復習の日に勉強が追い付かなくなります
そのため、大前提として初見で間違えた問題もその日のうちに完璧にすることが大事です。
また、後半の復習の2日間を「前に進んだ方がいいでしょ!」と言って強引に進める人がいますがそれではただ進むだけでどんどん忘れていってしまいます。
知識の定着を高めるためには重要な2日間ですので、絶対に復習は舐めることなく丁寧にやってほしいと思います。

閃いた生徒のイラスト

 

③説明できるようにしよう!

表面的に答えを覚えたりするのは超簡単です。
特に英文法の4択問題だと、
・「なんとなくこれっぽいな…
・「この範囲ならこれしかないな…
…といった感じで雰囲気で選べてしまいます。

しかし、本当に“答えが当たること”自体が参考書をやる目的なのでしょうか?
参考書には、表面的に答えが当たるよりも問題を通して伝えたいことがあるはずです。

・「この分野では時制について〇〇が分かってほしい…!」
・「この問題では仮定法の〇〇の使い方について分かってほしい…!」

答えの番号よりも、これら参考書が伝えたいポイントの方が大事です。

そこで、みなさんには1問1問説明できるようになってほしいと思います。


本番では同じ問題はほとんど出題されません。

そのため、参考書の答えの番号だけ覚えていても応用が利かず解けません

しかし、参考書の1問1問を自分の言葉で説明できるレベルまで仕上げておけば知識の応用ができ、ちゃんと正解できるようになります。

こういった応用力を身につけるために、一度問題を理解できたと思ったら参考書を閉じて両親や友達に説明する訓練をしてみましょう
そこで相手にも理解できるように説明ができたら、身に付いているという証拠です。

英語を話す生徒のイラスト

 

まとめ!

今回は高校1,2年生に知ってほしい重要な勉強法 を3つご紹介しました!
3つの勉強法をおさらいしましょう!

 

 

①今日やったことを全問正解できるまでやろう!
②「4日進んで2日復習」を守ろう!
③説明できるようにしよう!

 

まさに今回お伝えした勉強法を徹底して行った人が志望校合格・難関大合格をつかんでいます。
高校1,2年生にはまだ時間があるので、こういった勉強習慣をしっかり身につけてほしいと思います!

勉強を頑張る生徒のイラスト

 

最後に!

武田塾函館校では随時 無料受験相談 を行っています!
受験に関する悩みや疑問など、ぜひお気軽にご相談ください!

↓お申込みはこちらから!↓
無料受験相談

武田塾 函館校

武田塾函館校では無料受験相談を行っています。

PXL_20231218_115558240.MP

「勉強のやり方がわからない、、」
「どの参考書を使えばいいのかわからない、、」
「授業を受けても意味ない気がする、、」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます。

無料受験相談

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本初!授業をしない武田塾 函館校


map_hakodate

■〒040-0011
 函館市本町3-12 カーニープレイス函館 5階

■TEL.0138-85-8325

■受付時間
 <月曜日~土曜日>
 13:00~22:00 自習室も開放しています

 <日曜日>
 お休みを頂いております

■アクセス
 市電 函館バス 中央病院前 徒歩1分
 中央病院真向かい
 1階に「家庭教師のトライさん」が入っているビルの5階

最新情報はツイッターでもチェック!

武田塾函館校HPはこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる