「私大難化」問題

岐阜校・

こんにちは!武田塾岐阜校です。
今日は巷で噂の私立大学の難化についてのお話です。

皆さん、「私大難化」についてはご存知でしょうか?

最近の受験相談でも

「早慶目指してます!」

「MARCHや関関同立などの難関私大行きたいです!」

という相談は多いですが、私大難化についてはあまりご存知ない方が多いようです。

私立大学の受験を考えてる方は「私大難化」には要注意ですよ!

「ちょっと問題難しくなったのかな?」

くらいに思ってる方は危険です!まずは以下の動画を見て下さい。

ざっくり説明すると、私大難化とは、
志願者数の増加や合格者数の減少によって、私立大学に合格しづらくなっている、
という状態のことです。

具体的に言えば「合格最低点が上がっている」状態です。

例えば青山学院のある学部は・・・

ここ3年は合格最低点が350点中236点~242点とほぼ変動が無かったのですが、
今年は合格最低点が259点になりました。20点アップです。ヤバい・・・。

これが2019年度入試では更に上がるかも?と言われています。

では、受験生の皆さんはどうすれば良いのか、どうすれば合格出来るのか。
それは動画で言われているように「参考書の完成度を上げる」事です!

問題が難しくなっている訳ではないので、
やっている参考書の完成度が他の人より勝っていれば合格出来ます!

あと、他にも気を付けておいた方が良いポイントがあるので、幾つか挙げておきます。

・模試の判定を信用しすぎない
 合格最低点が上がるという事は、「昨年なら合格出来る生徒が今年は落ちる」という事になります。
模試の判定というのは「昨年までのデータから、この成績ならこれくらいの確率で受かるよ」
というもの
なので、信用しすぎるのは危険です。

・合格最低点を狙ってはいけない
 参考書の完成度を上げれば大丈夫!なのですが、「昨年の合格最低点が取れる完成度」では足りません。
少なくとも合格最低点の+10%は安定して取れるくらいの完成度まで持っていきましょう。

・併願や滑り止めはよく考えること
 併願する場合は必ず過去問を解き、自分が何点取れるかを確認しましょう。
偏差値が下の大学でも、実際解いてみると「志望校と傾向違っていて、6割くらいしか取れない・・・」
なんて事もよくあります。
ただそこから、志望校と問題傾向が似ている大学を選ぶか、併願校用に過去問対策するか、は難しい所です。

武田塾では、個別にカリキュラムを組み、指導も個別指導なのでこういった難しい選択もしっかりと指導し、
最善な選択が出来るように導きます。

まずは受験相談で受験への不安や悩みをお話しください!

*************************************************

合格速報2018

 

岐阜、大垣、各務原、関、可児、一宮の大学受験予備校なら武田塾岐阜校へ!
随時無料で受験相談を行っております。

【逆転合格専門】日本初!“授業をしない” 塾
大学受験予備校なら武田塾岐阜校へ!
随時受験相談を行っております。
ご相談はこちらから!

武田塾岐阜校
〒500-8175
岐阜県岐阜市長住町2丁目7番地
アーバンフロントビル3階
名鉄岐阜駅より徒歩3分
JR岐阜駅より徒歩6分
TEL 058-215-0572
📨 gifu@takeda.tv