名古屋大学の攻略法!

岐阜校・

こんにちは、武田塾岐阜校です。

東海地区での国立人気校としてはやはり名古屋大学ですね。
岐阜県内の生徒さんにも名古屋大学を目指す方が沢山いますよね。
受験相談でも名古屋大学の2次試験対策の相談が多くあります。
今日は名古屋大学の対策を伝授してしまします。

では、名古屋大学に合格するには?

センター試験の目標
 医学部の場合は90%は必要。
 その他学部は80%以上、できれば85%以上は確保したいですね。

2次試験の全体の傾向
 難易度は高いのですが比較的良問が多いのが特徴です。
 オーソドックスな問題が多いので参考書で力を付けていけば十分勝負できます。
 法学部を除き2次試験の配転比率が高くなっています。

2次試験の特徴(英語)
 大問4題 105分(2015年)
 内訳は、長文2問、会話長文1問、和文英訳1問の構成です。
 第1問は日常的な長文で、一方第2問は大学のテキストで使用するような文章でした。
 形式はオーソドックスではありますが難易度は高めなので、早慶レベルの長文対策が必要です。

 参考書対策としては、
 ポレポレ英文解釈はしっかりやりたいですね。
 また、リンガメタリカで学術的なテーマもしっかり押さえておきましょう。
 特に、文系受験者は理系のテーマを、理系は文系のテーマを押さえておくことが重要でしょう。
 参考書は難しいものをこなしていくことも重要ですが、使用した参考書を確実に自分のものに
 しておくことが重要です。必ずMARCHレベルの参考書は完璧にしておきましょう。

 早い段階で過去問に取り組んでおくことも必要です。
 参考書が終わっていなくても傾向をしっかりつかむため過去問に着手し、参考書と並行して
 やっていけばいいでしょう。

 標準レベルの長文読解、英作文、そして早慶レベルの長文をしっかりこなしましょう。

武田塾では中森先生が名古屋大学への対策として
「参考書だけで合格点を取る方法」を伝授しております。
是非参考にして合格を勝ち取って下さい!

 

 【逆転合格専門】日本初!“授業をしない” 塾
  大学受験予備校なら武田塾岐阜校へ!
  随時受験相談を行っております。
  ご相談はこちらから!

    武田塾岐阜校
    〒500-8175
    岐阜県岐阜市長住町2丁目7番地
                          アーバンフロントビル3階
   名鉄岐阜駅より徒歩3分
   JR岐阜駅より徒歩6分
    TEL 058-215-0572
     📨 gifu@takeda.tv