早稲田逆転合格の武田塾生の勉強法 その1

福島校・

こんにちは、武田塾福島校です。

 

合格体験記でご紹介した早稲田大学逆転合格の塾生から、

自分でやって効果があると思った勉強法について話を聞きました。

合格体験記にサラッと書いてありますが、

早稲田大学の入試問題自己採点で現代文95%日本史90%の正答率です・・・!

 

武田塾のセオリーにしたがって、

ルートの参考書の1冊1冊を完璧にしていったのはもちろんなのですが、

勉強で行っていた考え方、工夫やコツについて話してもらいました。

インタビューは白熱して気づけば数時間にも及んでいました(笑)

その内容を要約して、お伝えしていこうと思います。

 

武田塾のやり方で勉強を進めようと思っている方、

武田塾に入塾しようか迷っている方、

現役武田塾生には特に得るものが多い情報だと思います。

 

合格体験記に凝縮して書いてくれているのですが、その補足説明になります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

今回お伝えしたいポイントは、

・わかりやすく自分の言葉で言い換えたらどうなるかを考えながら解く

というものです。

例えば、

英語長文や国語の問題で傍線部が引いてあって、

傍線部の内容について正しいものを選ぶ問題などでは、

まずは、

傍線部自体に書いてあることを、自分の言葉でわかりやすくまとめるとどうなるのか

を考えます。

内容について正しいもの、間違っているものを選ぶということは、

すなわち内容の「言い換え」ということです。

自分の言葉でひとつ上の抽象度で考えるくせをつけることが重要です。

表面だけ似ているものを選択肢から選ぶと、必ず間違えるように問題が作られています。

 

その自分の言葉でまとめる力をつけるのに最適だったのが、

柳田先生の小論文の指導だったとのことです。

自分でイチから文章の構成を考える必要がある小論文が一番トレーニングになり、

柳田先生の適格な指導がとても功を奏したそうです。

 

ぜひ参考にして、自分の勉強に取り入れてみてください!

 

=============================================

武田塾福島校では無料受験相談・カウンセリングを受付中。
1時間で勉強の不安を解消します!
まずはこちらをクリック

=============================================

  • 武田塾の無料受験相談