【大学受験予備校 武田塾福岡校まとめ】九州大学文系数学の対策と傾向

福岡校・

こんにちは、福岡市天神・博多の大学受験専門予備校 武田塾福岡校です。

昨日に引き続き、今日は九州大学の文系数学の傾向と対策についてまとめてみました。

試験時間:120分
大問数:4題
配点:200点(1題50点)※文学部のみ100点満点

出題傾向
●確率・微分積分は毎年出題されています。その他の分野は偏りなく出題されています。
●例年、レベルは標準ですが、典型問題を元に構成された非常に良問です。
●確率は樹形図を書けば解が導き出せるような問題も多いです。

対策
●解法はわかったとしても、計算が煩雑な問題もあるので、そのために確実な計算力を身に付ける必要があります。『合格る計算(文英堂)』などを使用してみましょう。
●証明問題・論証問題も多いので、減点されない記述ができるようまずは解答を再現できるようになることをこころがけましょう。
●融合問題の出題もありそれらがやや難しく感じますが、各分野の典型問題を確実に解く力をつけることができていれば解けない問題ではありません。

英語の対策についいては→こちら
九州大学の平成27年度の入試倍率については→こちら

photo3 (1)

武田塾では九州大学などの超難関大学などに限らずあらゆる志望校に合わせた学習のサポートをしています。
入塾の意思に関わらず、受験のお悩みや、勉強法のご相談なども無料で行っておりますので
ぜひお気軽にお問合せください。
【お問合せ先】
・電話 0120‐788‐711
・お問合せフォーム→こちら

  • 武田塾の無料受験相談