古典文法の重要なポイント!|塾・予備校なら武田塾 淵野辺校| 

淵野辺校・

こんにちは、武田塾淵野辺校です。

受験科目の中でも苦戦率の高いの古典。

古典の文章を読むには、

何と言っても文法の理解が欠かせません。

今日のテーマは「古典文法の目標について」です。

どんなことを意識して古典文法の勉強をすればいいのか。

目標を持って古典文法を学ぶための勉強法を伝授します!

 

古典文法の重要なポイント!

4063893_s

古典文法で覚える4つのポイント

古文を読むには文法が欠かせない

と言いましたが、どんなことを意識して

古典文法の勉強をすればいいのか。

ポイントは4つあります。

①意味

②接続

③活用

④意味の使い分け

 

そして、これらがおさえられる

古典文法のオススメ参考書が以下の3つです。

・『ステップアップノート 30』

・『やさしくわかりやすい古典文法』

・『古典文法 スピード・インプット』

 

スクリーンショット 2021-05-12 21.13.29

ここで1点注意が必要なのは、

古典文法に関して大事なのは問題を解くことではないということです。

問題はおまけ程度に考えておきましょう。

大事なのは上記4つのポイントを「覚え切る」ことです。

と言うと大変そうですが、①意味②接続③活用までは

学校でもよく小テストなどをしていると思います。

その場しのぎにならないように復習をして

頭に入れるようにしましょう。

盲点になっているのは④意味の使い分けです。

 

判別できてやっと一人前

例えば、助動詞の「る」「らる」には4つの意味があります。

受け身・尊敬・自発・尊敬。

これを言える人はけっこう多いです。

でも、ゴールは古文の文章を読むことですよね。

文章の中で「る」「らる」が出てきたときに

受け身・尊敬・自発・尊敬のどの意味なのか見分けないと

訳を間違えてしまいます。

 

次に大事なのが識別できるようになることです。

例えば「なむ」という言葉は同じ「なむ」でも

・係助詞の「なむ」

・願望の終助詞「なむ」

・完了の助動詞「な」+推量の助動詞「む」

・ナ変活用動詞の未然形+推量の助動詞「む」

というようにいくつかのパターンがあります。

これもまた識別できるようにしなければ、

古文を正しく読むことはできません。

 

こういったことがポイントの4番目使い分けです。

ここをしっかり読まずに文法を終わらせている人はけっこう多いです。

見分け方は参考書に書いてあるのでここまでしっかりつめましょう。

大事なのは問題を解くことではありません。

意味・接続・活用は最低限覚えて、

意味の使い分けと識別ができてはじめて1人前になれます。

古典文法は以上を意識してやってみてください!

 

いかがでしたでしょうか。

武田塾チャンネルでは他にもたくさん受験テクニックを紹介していますので

ぜひご覧ください! ↓↓↓

 

武田塾淵野辺校 開校準備中!

武田塾とは?

①授業をしない

武田塾の最大の特徴は授業をしないことです。

みなさんは学校で同じ時間同じ先生から授業を受けているはずですが、

それぞれの成績は異なりますよね。

実は授業を受けるだけでは成績は上がりません!

テストで点が取れるようになるには、

「わかる」→「やってみる」→「できる」のステップが必要ですが、

授業ではやってくれるのは「わかる」だけです。

これに対し、「できる」まで面倒を見るのが武田塾です!

 

②本当にできるようになったか口頭でもチェック

学習した内容がわかっているかテストで確認をしても、

答えを丸暗記しては意味がありませんよね。

そこで武田塾では、

講師が生徒に対して1対1で解答の根拠が言えるかどうか確認します。

解答の根拠も含めて頭に入れることで、

本番の試験の問題が解ける力を付けます。

 

武田塾はこの度、

淵野辺駅より徒歩3分、武田塾淵野辺校を開校いたします。

塾選びで迷っている方、ぜひ武田塾もチェックしてみてください!

淵野辺校の情報もこのサイトで公開していきますので

よろしくお願いいたします!

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 淵野辺校へ